注目のスタートアップ

多言語モバイル金融サービスを開発する「GIG-A」が193万ユーロ(約2.8億円)の資金調達を実施

company

2022年11月2日、株式会社GIG-Aは、193万ユーロ(約2.8億円)の資金調達を実施したことを発表しました。

また、東京きらぼしフィナンシャルグループ傘下の株式会社UI銀行との間で、年内にサービス提供開始を予定している「GIG-A(ギガー)」について「サービス提供に関するAPI利用許諾契約」を締結したことも発表しました。

「GIG-A」は、多言語モバイル金融サービスです。

日本の銀行口座の開設から、その後の日々の送金などのバンキングを多言語化・モバイル完結で提供するプラットフォームです。

日本で生活するものの、言語や海外送金の高額な金融費用などの問題から十分に金融サービスにアクセスできない外国人に対し、金融サービスにアクセスできる環境を構築することを目的としています。

2000年代前半から、必要な金融サービスをすべての人びとが利用できるようにする金融包摂(ファイナンシャルインクルージョン)という考え方が注目を集めるようになっています。

国内では銀行口座の保有率の高さからあまり意識されることはありませんが、世界規模で見ると、銀行口座を保有したり、金融機関が提供する金融サービスを受けたりできる層は限られています。

この金融サービスにアクセスできない成人の数は、おおよそ25億人存在すると言われています。これは生産年齢に当たる成人の約半数が正規の金融サービスから排除されていることになるそうです。

金融包括の取り組みは、銀行口座を持たない人びと(Unbanked)、銀行・金融サービスを十分に利用できていない人びと(Underbanked)を対象としています。

国内では、銀行口座保有率は高いのですが、たとえば外国人や視覚障害者など日本語の読み書きが難しい人びとは十分に金融サービスを利用できる環境ではないことが課題となっています。

GIG-Aは、主に外国人を対象に、多言語モバイル金融サービス「GIG-A」の提供を通じ金融サービスへのアクセスの機会を提供することで、国内における金融包摂の進展に貢献することを目指しています。

企業経営では金融機関・金融サービスにはお世話になる機会が多いことでしょう。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、融資を申し込む際のノウハウや、金融機関が提供する支援の活用法などを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ GIG-A UI銀行 ギガー サービス ファイナンシャル・インクルージョン モバイル 多言語 東京きらぼしフィナンシャルグループ 株式会社 資金調達 金融 金融包摂
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

摂食嚥下モニタリング解析サービス「GOKURI」提供の「PLIMES」が資金調達 「明治ホールディングス」と資本業務提携
2022年3月31日、PLIMES株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。また、明治ホールディングス株式会社との資本業務提携も実施しています。 PLIMESは、ウェアラブル嚥下計/摂食嚥下モ…
専門家によるサブスクリプション型出張料理サービス運営の「シェアダイン」が2.2億円調達
2020年7月5日、株式会社シェアダインは、総額約2億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 栄養士など食の専門家によるサブスクリプション型出張料理サービス「シェアダイン」と、法人向け…
製造機器のメーターなどの情報をAIカメラでデータ化する「IntegrAI camera」を提供する「IntegrAI」が資金調達
2022年8月31日、株式会社IntegrAIは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社Deep30です。 カメラとディープラーニングにより、製造機器のアナログメーター・デジタルメ…
「BeeX」が「Google Cloud」のライセンス販売と自動監視サービスを新たに開始
2022年6月23日、株式会社BeeXは、「Google Cloud」のライセンス販売と自動監視サービスを新たに開始することを発表しています。 ライセンス販売サービス「BeeXPlus for Goo…
心臓リハビリ治療用アプリなどを開発する「CaTe」が1億円調達
2022年3月10日、株式会社CaTeは、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、Coral Capitalです。 CaTeは、外来心臓リハビリを自宅で行うことができる心臓リハビリ治…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ