注目のスタートアップ

在宅ワーカーを活用した建築積算代行サービスを提供する「CORDER」が1億円調達

company

2022年9月7日、株式会社CORDERは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

CORDERは、在宅ワーカーを活用した建築積算代行サービス「CORDER」を提供しています。

副業・フリーランス・個人事務所などを活用し、建築積算に関わる業務を幅広く代行しています。

今回の資金は、人材採用や開発に充当します。

建築積算とは、建築物が完成するまでにかかるすべての費用を算出する業務のことです。

工事では、材料費、人件費以外にも、仮設施設費用、電気代、水道代、警備費、産業廃棄物の処理費用などさまざまなコストがかかってきます。

建築積算では、これらのコストを工事計画・設計図・仕様書を理解して算出していく必要があります。

専門性が高い仕事であるため、多くは施行管理や設計監理などの経験を積んだ人材が建築積算の仕事を行っています。

近年はさまざまな業界で人手不足が深刻になっていますが、建築積算については専門性が高いことから、とくに即戦力人材の確保が課題となっています。

積算を効率化してくれる積算ソフトもありますが、知識のない者がソフトを使って業務にあたることはできないため、やはり人材の確保が課題となります。

CORDERはこの課題を解決するため、熟練の技術を持った専門スタッフによって建築積算を幅広く代行するサービス「CORDER」を運営しています。

「CORDER」を活用することで、建築会社は積算の最終確認を行うだけで済み、90%の業務を削減できます。

創業期の企業はさまざまなリソースが不足しています。必要な業務があっても人材を確保できないこともあるため、アウトソーシングを戦略的に活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、アウトソーシングの導入方法や、外注の活用法について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CORDER アウトソーシング フリーランス 代行 代行サービス 副業 在宅 建築 建築業 建築積算 株式会社 積算 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ゲノム編集技術などの品種改良技術×スマート養殖技術の「リージョナルフィッシュ」が20.4億円調達
2022年9月5日、リージョナルフィッシュ株式会社は、総額20億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ゲノム編集技術などを活用した超高速の品種改良技術とスマート養殖を組み合わせた次世…
無人コンパクト・ホテル「mizuka」運営の「Hosty」が6億円調達
2020年1月31日、株式会社Hostyは、総額約6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 無人コンパクト・ホテル「mizuka(ミズカ)」を運営しています。 ホテルの予約から、チェックイン、ゲ…
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン・タブレット向けニュース・アプリ「Smart…
「Acompany」がデータ連携の課題を解決するプライバシーテックサービス「AutoPrivacy」をリリース
2022年4月13日、株式会社Acompanyは、「AutoPrivacy」をリリースしたことを発表しました。 Acompanyが提供する「AutoPrivacy」は、データコラボレーションの課題を一…
「Gunosy」創業者の福島氏がブロックチェーン技術の「LayerX」をMBO
2019年7月12日、株式会社Gunosyは、子会社である株式会社LayerXを、創業者の福島良典氏にマネジメント・バイ・アウト(MBO)で事業譲渡することを発表しました。 また、AnyPay株式会社…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ