注目のスタートアップ

オールインワン型BtoBマーケティングツール「ferret One」など提供の「ベーシック」が11億円調達

company

2021年12月2日、株式会社ベーシックは、総額11億円の資金調達を実施したことを発表しました。

オールインワン型BtoBマーケティングツール「ferret One」や、フォーム作成管理ツール「formrun」、Webマーケティングメディア「ferret」を運営しています。

「ferret One」は、ノーコードで簡単にWebページの作成・更新ができるCMS機能や、コンテンツマーケティング・メールマーケティング・セミナーなど複数のマーケティング施策を実行するための機能をオールインワンで提供しています。

ベーシックの保有するBtoBマーケティングの知見をもとに、戦略設計を含めて伴走支援することも特徴としています。

今回の資金は、SaaSプロダクトの開発・アップデートの加速や、エンジニアを中心とした人材採用に充当されます。

これまでのBtoBの営業活動は、情報収集から顧客企業への提案も対面で行うことが基本でした。

営業は足で稼ぐものという言葉があるほど、営業ではアナログな手法が重視される価値観が浸透していました。

しかし、新型コロナウイルス感染症の流行により、対面での営業が難しくなり、営業の領域でもデジタル化が大きく進みました。

また、企業のオウンドメディアによる情報発信が増えたことで顧客側がプロダクトやサービスの情報を得られるようになったことや、顧客の行動データをWeb上で取得できるようになったことも、デジタル化が進展した要因といわれています。

デジタルセールスにおいてリードを獲得するためにはオウンドメディアの運営が有効な方法だと考えられています。

オウンドメディア(Owned Media)とは、自社が所有するメディアのことです。自社HPや、ブログ、ツイッターやインスタグラムなどのSNSが活用されています。

オウンドメディアは自社で運営するため、自由な表現ができることや内容をコントロールできることがメリットとなっています。

リードを育成する段階にあたっては、メールマガジンの配信や、ウェビナーの開催などが有効な方法だと考えられています。

ウェビナーはオンラインで開催するセミナーのことを指します。オンラインであるため参加のハードル低いため、多くの見込み客が参加してくれることがメリットとなっています。

これら施策の展開では少なからず専門的な知識やデジタルスキルが必要となってきます。これまで足で稼いでいた営業担当がデジタルセールスに取り組む場合は、クラウドサービスなどにお世話になることでしょう。

営業は企業の売上を向上させるために必要な業務です。しかし、リソースの足りない創業期は、満足できる営業を行えないかもしれません。「冊子版創業手帳」では、少しでも営業の成功率を上げるため、営業ツールの導入や、販路開拓の方法などのノウハウを提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB ferret ferret One formrun デジタル・セールス デジタル・マーケティング ノーコード ベーシック マーケティング 営業 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

共働き世帯向けフード・デリバリー・サービス「つくりおき.jp」運営の「Antway」が5,000万円調達
2019年10月2日、株式会社Antwayは、5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、ニッセイ・キャピタル株式会社です。 この資金調達は、ニッセイ・キャピタルが運営する「50…
メタマテリアルを活用した製品設計を革新する設計アルゴリズム「DFM」開発の「Nature Architects」が3.25億円調達
2020年5月29日、Nature Architects株式会社は、総額3億2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 メタマテリアルを活用し、従来のものづくりとは根本的に異なる製品設計を…
移住支援サービスを展開する「スカラパートナーズ」と総合人材サービス企業の「アデコ」が業務提携
2020年9月30日、株式会社スカラパートナーズは、アデコ株式会社と、業務提携を行うことで合意したことを発表しました。 スカラパートナーズは、専門の移住コンシェルジュが移住相談を行う支援サイト「Kom…
東南アジア産直EC運営の「SECAI MARCHE」が1.5億円調達
2021年5月18日、株式会社SECAI MARCHEは、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 生産者と消費者をダイレクトにつなぐ東南アジア産直ECプラットフォーム「SECA…
エッジAIのアルゴリズムを提供する「エイシング」が4億円調達
2020年3月24日、株式会社エイシングは、総額約4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 エッジAIにおいて、導入機器側でのリアルタイムな自律学習・予測を可能にするAIアルゴリズム技術「Aii…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ