注目のスタートアップ

オールインワン型BtoBマーケティングツール「ferret One」など提供の「ベーシック」が11億円調達

company

2021年12月2日、株式会社ベーシックは、総額11億円の資金調達を実施したことを発表しました。

オールインワン型BtoBマーケティングツール「ferret One」や、フォーム作成管理ツール「formrun」、Webマーケティングメディア「ferret」を運営しています。

「ferret One」は、ノーコードで簡単にWebページの作成・更新ができるCMS機能や、コンテンツマーケティング・メールマーケティング・セミナーなど複数のマーケティング施策を実行するための機能をオールインワンで提供しています。

ベーシックの保有するBtoBマーケティングの知見をもとに、戦略設計を含めて伴走支援することも特徴としています。

今回の資金は、SaaSプロダクトの開発・アップデートの加速や、エンジニアを中心とした人材採用に充当されます。

これまでのBtoBの営業活動は、情報収集から顧客企業への提案も対面で行うことが基本でした。

営業は足で稼ぐものという言葉があるほど、営業ではアナログな手法が重視される価値観が浸透していました。

しかし、新型コロナウイルス感染症の流行により、対面での営業が難しくなり、営業の領域でもデジタル化が大きく進みました。

また、企業のオウンドメディアによる情報発信が増えたことで顧客側がプロダクトやサービスの情報を得られるようになったことや、顧客の行動データをWeb上で取得できるようになったことも、デジタル化が進展した要因といわれています。

デジタルセールスにおいてリードを獲得するためにはオウンドメディアの運営が有効な方法だと考えられています。

オウンドメディア(Owned Media)とは、自社が所有するメディアのことです。自社HPや、ブログ、ツイッターやインスタグラムなどのSNSが活用されています。

オウンドメディアは自社で運営するため、自由な表現ができることや内容をコントロールできることがメリットとなっています。

リードを育成する段階にあたっては、メールマガジンの配信や、ウェビナーの開催などが有効な方法だと考えられています。

ウェビナーはオンラインで開催するセミナーのことを指します。オンラインであるため参加のハードル低いため、多くの見込み客が参加してくれることがメリットとなっています。

これら施策の展開では少なからず専門的な知識やデジタルスキルが必要となってきます。これまで足で稼いでいた営業担当がデジタルセールスに取り組む場合は、クラウドサービスなどにお世話になることでしょう。

営業は企業の売上を向上させるために必要な業務です。しかし、リソースの足りない創業期は、満足できる営業を行えないかもしれません。「冊子版創業手帳」では、少しでも営業の成功率を上げるため、営業ツールの導入や、販路開拓の方法などのノウハウを提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB ferret ferret One formrun デジタル・セールス デジタル・マーケティング ノーコード ベーシック マーケティング 営業 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

企業・教育機関の「Google Workspace」を活用したDXを支援する「ストリートスマート」が資金調達
2021年4月6日、株式会社ストリートスマートは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、サテライト・オフィス・サービス「ZXY(ジザイ)」を展開する株式会社ザイマックスです。 ストリートス…
海事産業に特化したSaaS「MARITIME 7」を運営する「ザブーン」が1.6億円調達
2023年2月22日、株式会社ザブーンは、総額1億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ザブーンは、海事産業に特化したSaaS「MARITIME 7」を開発・運営しています。 海事D…
ミスマッチを軽減する外国人採用サービス「Go and Up」がローンチ
2020年1月15日、株式会社ゴエンアップは、「Go and Up(ゴエンアップ)」をローンチしたことを発表しました。 「Go and Up」は、外国人採用のミスマッチを軽減する求職・採用オファー・プ…
オンラインヨガ・フィットネス提供の「SOELU」が6.5億円調達
2021年8月25日、SOELU株式会社は、総額6億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 オンラインフィットネスサービス「SOELU(ソエル)」を提供しています。 スマートフォンやP…
メタバースクリエイティブスタジオ事業を展開する「ambr」が10.2億円調達
2022年7月5日、株式会社ambrは、総額10億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ambrは、メタバースクリエイティブスタジオ事業を展開しています。 メタバースに必須となる機能…

大久保の視点

Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】