注目のスタートアップ

心臓シミュレーターを活用したコンピューターシミュレーションサービスを開発する「ジャパンメディカルデバイス」が5.52億円調達

company

2022年9月5日、ジャパンメディカルデバイス株式会社は、総額5億5,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ジャパンメディカルデバイスは、心臓シミュレーター「UT-Heart」を活用した、新たな医療機器コンピューターシミュレーションサービスを研究開発しています。

具体的には、心臓再同期療法の効果予測を実現するサービスや、先天性心疾患の術式決定と予後予測を実現するサービスなど、様々なサービスを提供するための研究開発を行っています。

今回の資金は、「心臓再同期療法の効果予測」の実用化・事業化に充当します。

「UT-Heart」は、東京大学と富士通が共同で開発した、スーパーコンピューター「京」を活用した心臓シミュレーターです。

CT・超音波画像などの臨床データを入力し、スーパーコンピューターで分子レベルの電気的・力学的挙動を計算することで、個人の心臓の動きを忠実に再現することが可能です。

ジャパンメディカルデバイスは、この「UT-Heart」を活用し、様々なサービスを実現するための研究開発を行っています。

開発中のサービスである「心臓再同期療法の効果予測」は、両心室ペーシングによる心臓再同期療法(CRT)の効果予測を行うものです。

CRTとは、右心室と左心室のそれぞれにリード線を挿入して同時に電流を流すことで、心臓の動きを再び同期させる治療法です。

心筋梗塞や拡張型心筋症などの心疾患で心臓のポンプ機能が低下した人に対して実施されますが、CRTの効果がない人が3割程度いることがわかっています。

「心臓再同期療法の効果予測」は、このCRTの効果がない人を発見し、さらに効果がある場合は治療効果が高い電極の配置をシミュレーションするサービスです。

心臓手術は身体への負荷が高いため、事前に効果があるかどうかわかることは、患者にとって手術への安心感につながります。

また無駄な手術をせずに済むため、医療費の削減や効率的な医療の提供にもつながるでしょう。

研究開発型のビジネスでは資金調達が非常に重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CT UT-Heart コンピューター シミュレーション シミュレーター 予測 医療機器 心疾患 心臓 心臓シミュレーター 心臓再同期療法 株式会社 活用 画像 研究開発 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

店舗のデジタル化/無人化支援サービス提供の「fixU」が8,000万円調達
2022年4月15日、株式会社fixUは、総額約8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 fixUは、店舗のデジタル化/無人化支援サービス「fixU(フィックスユー)」を提供しています。…
注文住宅間取りをスマホから依頼できる「madree」など展開の「スタジオアンビルト」が1.3億円調達
2021年10月13日、スタジオアンビルド株式会社は、総額1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 注文住宅の間取りをスマホで依頼ができる「madree(マドリー)」と、建築設計のク…
インテントデータ(興味関心データ)を活用したBtoBセールスインテリジェンス「Sales Marker」がリリース
2022年7月11日、CrossBorder株式会社は、新サービス「Sales Marker(セールスマーカー)」を提供開始したことを発表しました。 「Sales Marker」は、顧客の興味関心のデ…
庭リノベ・外構エクステリア事業展開の「ストロボライト」が4.9億円調達
2019年10月30日、株式会社ストロボライトは、総額約4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 個人宅の植栽や外構などをプロデュースする「MIDOLAS(ミドラス)」や、園芸業界最…
スタートアップ企業向けグロース支援プログラム「RAPID GROWTH PROGRAM」が提供開始
2021年11月11日、株式会社Bloom&Co.は、「RAPID GROWTH PROGRAM」を本格的に提供開始することを発表しました。 「RAPID GROWTH PROGRAM」は、ジャフコグ…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ