注目のスタートアップ

「プロフィッツ」が放牧牧場型ブリーディング事業やペットフード開発・販売などを展開する「フローエンス」に出資

company

2022年9月1日、株式会社プロフィッツは、株式会社フローエンスへの出資を実行したことを発表しました。

フローエンスは、犬のブリーディング事業や、ペットトレーニング事業、ペットフード開発・販売、動物医療事業などを展開しています。

ブリーディング事業では、犬が広い空間でストレスなく生活できる環境をつくる、放牧牧場型のブリーディングを実践しています。

プロフィッツは、アセットマネジメント事業や、不動産投資事業などを展開しています。

2022年8月に組成された第1号ファンドでは、ペットと人の共生体験を提供するペット共生型レジデンス「FLUFFY(フラッフィー)」シリーズを展開し、2022年10月にペット専用設備を備え、居住者とペットへのサポート体制を充実させた「FLUFFY日本橋浜町」(1棟目)をオープンします。

フローエンスへの出資を通じて得られる知見を活かしたアセットマネジメントを実践していきます。

国内では総人口の減少に伴いペット全体の飼育頭数も減少傾向にあるものの、ペット市場自体は微増傾向にあります。

ペットも家族の一員であるという意識が高まっていることから、プレミアムペットフードやペット向け医療・保険など、ペットの健康を意識した市場が拡大しています。

一方で、ペットの領域では保護犬・保護猫が社会問題となっています。

2020年度の国内における保護犬・猫の殺処分数は、約2万3,000頭/匹となりました。

2004年度は約40万頭/匹だったことを考えると、16年で殺処分数はかなり減少しています。

殺処分が減少しているのは、国・地方自治体の取り組みや、ボランティア・動物愛護団体による保護などの取り組みの成果であると考えられます。

しかし保護団体の多くはボランティアでやっているため、運営が苦しいところも多く存在しています。こうした保護団体では多頭飼育崩壊などが問題となることもあります。

こうした問題が認知されたことから、我々が購入することになるペットの飼育・繁殖環境についても目を向けられるようになってきています。

国内では基本的にペットショップでペットを購入しますが、責任を持って育てられないのに衝動買いをしてしまう人がいること、売れ残った犬猫の処遇が不透明であること、ペットショップ向けの繁殖用犬猫は劣悪な環境で飼育されることもあることなどさまざまな問題を抱えています。

そのため国内でも海外と同じように、適切な環境で犬猫を飼育・繁殖させているブリーダーから直接購入・譲受する仕組みへと転換することが求められています。

ビジネスの成長には戦略的な資金調達や提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ブリーディング フローエンス プロフィッツ ペット ペットフード 動物
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

スマート猫トイレ「toletta」提供の「ハチたま」が1億円調達
2020年5月19日、株式会社ハチたまは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマート猫トイレ「toletta(トレッタ)」を開発・提供しています。 泌尿器疾患にかかりやすい猫のために…
猫の活動データを記録する首輪「Catlog」展開の「RABO」が6億円調達
2021年4月6日、株式会社RABOは、総額約6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 飼い猫の活動データを24時間記録する首輪「Catlog」の提供を行っています。 また「Catlog」シリー…
「TYL」が獣医師往診サービス「anihoc」をリリース
2021年5月19日、株式会社TYLは、2021年5月19日から「anihoc(アニホック)」の提供を開始することを発表しました。 「anihoc」は、獣医療を自宅や専用の往診社内で提供する、獣医師往…
ペット×ITの「TYL」が5.6億円調達
2021年8月17日、株式会社TYLは、総額5億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ペット×ITの領域で、往診専門動物病院「アニホック往診専門動物病院」や、動物病院の経営支援・人材…
獣医療域での再生医療等製品を開発する「Vetanic」が5億円調達
2022年8月24日、株式会社Vetanicは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 Vetanicは、独自の基盤技術によって動物iPS細胞を構築し、獣医療域での再生医療等製品を開発して…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ