注目のスタートアップ

AI OCR機能を搭載した会計自動仕分けシステム「KEIRAKU」を提供する「ユニアックス」が資金調達

company

2022年8月17日、ユニアックス株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、株式会社アイリックコーポレーションです。

ユニアックスは、AI OCR機能を搭載した会計自動仕訳システム「KEIRAKU」を提供しています。

アイリックコーポレーションの100%子会社である株式会社インフォディオが開発した「スマートOCR」をベースに追加で独自開発を行いAI OCR機能を搭載しています。

このAI OCR機能により、請求書や領収書などの画像データを読み取り、取り込みデータをオペレーターによってチェック・修正することで、高精度の仕訳を実現しています。

「KEIRAKU」は、科目への仕訳(財務状況把握)、電子帳簿保存法対応、経費精算・支払い申請を担当し、各会計システムの仕様に合わせて仕訳データを生成します。すでに仕様している会計ソフトに取り込むことで自動で会計ソフトへの入力が完了します。

今回の資金は、サービスの企画・開発、人材採用、営業活動などに充当する予定です。

OCRとは、書類を写した写真などの画像データから書かれている文字を読み取り、テキストデータに変換する技術のことです。

スキャナーなどに搭載されていた技術ですが、従来は今ひとつ読み取り精度が悪く、手作業でテキストデータの修正が必要であったことから、ビジネス全般で使われるような技術ではありませんでした。

しかしAIの発展によってOCRの読み取り精度が大幅に向上し、紙の書類などをデータ化する際に広く活用されています。

AIを活用したOCRをAI OCR(AI-OCR)と呼びます。とくに、紙の書類がよく利用される経理・会計にまつわるサービスで活用されています。

AI OCRがない場合は、領収書やレシートを目で見て確認し、それをPCに入力していく必要があります。これは非常に手間がかかる作業となります。

そのため現在は、有名な会計ソフト・経費精算システムのほとんどにAI OCRが搭載されています。

「KEIRAKU」は、インフォディオの「スマートOCR」を活用することで高い読み取り精度を実現していること、導入にあたってのセッティングはユニアックスがすべて行うことなどを特徴としています。

会計ソフトは企業の財務状況を可視化してくれる重要な存在です。「冊子版創業手帳」では、会計ソフトの選び方や、おすすめの会計ソフトについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI KEIRAKU OCR スマートOCR ユニアックス 仕訳 会計 会計ソフト 株式会社 経理 自動 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

飲食店向け店内モバイルオーダーやAI自動受付などにより飲食店のDXを推進する「トレタ」が20.3億円調達
2022年2月16日、株式会社トレタは、総額20億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 飲食店向け予約/顧客台帳サービス「トレタ」、自社サイト向けテイクアウト受付ツール「トレタ テイ…
遠隔心臓リハビリテーション・システム開発の「リモハブ」が2.7億円調達
2020年1月20日、株式会社リモハブは、総額2億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 遠隔心臓リハビリテーション・システムを開発しています。 IoT技術を活用することで実施率が低い…
保育施設向けICT・IoTサービス「ルクミー」展開の「ユニファ」が40億円調達
2021年6月2日、ユニファ株式会社は、総額40億円の資金調達を実施したことを発表しました。 保育施設向けICT・IoTサービス「ルクミー」シリーズを展開しています。 「ルクミー」シリーズは、ICT・…
高度な蓄電池制御技術を保有する「NExT-e Solutions」が「大阪ガス」と資本業務提携
2022年9月14日、NExT-e Solutions株式会社は、大阪ガス株式会社と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 NExT-e Solutionsは、独自の蓄電池の制御技術(BMS…
入退室管理システム「Akerun入退室管理システム」提供の「Photosynth」が17.5億円調達
2021年7月7日、株式会社Photosynthは、総額17億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマートロックを活用した入退室管理システム「入退室管理システム」を提供しています。…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ