注目のスタートアップ

オンラインファクタリングサービス「ペイトナー ファクタリング」を提供する「ペイトナー」が資金調達

company

2022年8月15日、ペイトナー株式会社は、SDFキャピタル株式会社が設立した日本初のスタートアップ向け独立系デットファンド「スタートアップ・デットファンド1号投資事業有限責任組合」の投資先第1号として資金調達を実施したことを発表しました。

ペイトナー(旧:yup)は、フリーランス・個人事業主向けのオンラインファクタリングサービス「ペイトナー ファクタリング」(旧:yup 先払い)を提供しています。

請求書(売掛債権)をアップロードすることで、取引先に知られることなく、最短10分で現金として受け取ることができるオンライン完結型のファクタリングサービスです。

今回の資金調達の目的は、ファクタリング事業の規模拡大に向けた財務基盤の確保です。

BtoB(企業間)取引では請求書払いが主流となっています。

請求書払いには、請求業務を月に1度にまとめられるというメリットがあります。

一方で、入金されるのが翌月や翌々月になり、納品してから現金が手元に来るまでにズレが生じるというのがデメリットです。

納品から入金までの期間のことを支払いサイトといいます。この支払いサイトが長いせいで、個人事業主や中小企業では急な資金需要に対応できないことがあります。

この問題を解決するサービスがファクタリングサービスです。

ファクタリングサービスは主に、3者間ファクタリングと2者間ファクタリングの2種類があります。

3者間ファクタリングとは、通常の企業間取引の間にファクタリング会社が挟まるような形の取引です。ファクタリングの利用については取引先企業からの承諾を必要とし、承諾が得られると請求書を売却して早期に現金化できます。そして取引先は当初の取引相手だった企業ではなく、ファクタリング会社に売掛金を支払うことになります。

2者間ファクタリングとは、ファクタリング会社に請求書を売却することで早期に現金化し、取引先企業から対象の入金が行われた際にファクタリング会社に代金を振り込むというものです。

取引先企業が一切ファクタリングに関わらないため、取引先企業にはファクタリングの利用が知られないという特徴があります。

一方で、売掛金を回収できないリスクが高いため、3者間ファクタリングよりも手数料が高く設定されています。

ファクタリングサービスは、請求書があれば利用でき、現金化までがスピーディであることが大きなメリットです。

そのため、個人事業主など信用の面で融資を受けることが難しい場合や、融資では間に合わない急な資金需要に対応するために利用されています。

とくにフリーランスは事業資金を得る方法が限られているため、ファクタリングサービスは資金調達方法のひとつとして定着してきています。

資金繰りがうまくいかないと、売上が黒字であっても倒産してしまう黒字倒産に陥ることがあります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期に重要視したいキャッシュフローについてのノウハウや、黒字倒産しない会社を作る資金繰り表の作成術などを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ SDFキャピタル yup yup 先払い オンライン クラウドファクタリング スタートアップ・デットファンド1号投資事業有限責任組合 ファクタリング フリーランス ペイトナー ペイトナー ファクタリング 個人事業主 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

調剤薬局向け電子薬歴システム「Musubi」を提供する「カケハシ」が76億円調達
2023年1月11日、株式会社カケハシは、総額約76億円の資金調達を実施したことを発表しました。 カケハシは、調剤薬局向け電子薬歴システム「Musubi(ムスビ)」、薬局向けデータプラットフォーム「M…
バックオフィス向けクラウドサービス「ジンジャー」提供の「jinjer」が資金調達
2022年6月23日、jinjer株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、2022年3月23日には、総額約51億円の資金調達を発表しています。 jinjerは、バックオフィス向けクラ…
アートメディア「ARTnews JAPAN」を運営する「MAGUS」が「大丸松坂屋百貨店」から資金調達
2023年9月20日、株式会社MAGUSは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社大丸松坂屋百貨店です。 MAGUSは、アメリカ発のアートメディア『ARTnews』の日本版である『…
オンラインスペース「corom」提供の「workeasy」が5,000万円調達
2021年12月15日、workeasy株式会社は、5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 コミュニティアプリ「corom(旧workle)」を開発・提供しています。 気軽に音声でのコ…
自然保全活動に対する資金循環を生み出す森林評価プラットフォームを構築する「sustainacraft」が9,000万円調達
2022年3月8日、株式会社sustainacraftは、9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、インクルージョン・ジャパン株式会社の「ICJ2号ファンド」です。 東南アジア…

大久保の視点

2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
事業創造カンファレンス「01Booster Conference 2023」が経団連ホールで12/26に開催
株式会社ゼロワンブースター主催のカンファレンス「01Booster Conference 2023」が、2023年12月26日(火)に開催されました。 事業…
(2023/12/26)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】