注目のスタートアップ

次世代型不動産エージェントファーム「TERASS」が10億円調達

company

2022年7月27日、株式会社TERASSは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。

次世代型不動産エージェントファーム「Terass」、エージェント提案型家探しサイト「Terass Offer」(旧:Agently)を展開しています。

「TERASS」は、優秀な経験・実績を持つ個人のエージェントが在籍する不動産エージェントファームです。

不動産エージェントの業務を独自開発の業務管理ツール「Terass Cloud」によって支援し、エージェントが顧客とのコミュニケーションや物件提案に集中できる環境を提供しています。

またテクノロジーによって徹底的に効率化を図ることで、エージェントへの報酬は一律売上の75%という水準を実現しています。

TERASSは、2025年3月末までに、不動産エージェント2,000人が参画する国内最大級の不動産仲介組織となることを目指しています。

今回の資金は、不動産エージェント数の拡大、サポート体制の強化、住宅売買検討者に高い付加価値を提供するプロダクトの開発、売却や住宅ローン周辺領域への取り組みの拡大に充当します。

不動産エージェントは不動産売買などの不動産取引をサポートする個人のことです。

国内では不動産取引においては不動産会社が仲介することが一般的ですが、より顧客ファーストの取引を行う者として不動産エージェントに注目が集まってきています。

国土交通省の「既存住宅流通シェアの推移」によると、2018年の既存住宅流通比率は14.5%となっています。アメリカの中古住宅の比率は約80%、イギリスでは約85%という数字をみると、驚くほど低い流通比率であることがわかります。

国内中古住宅市場が活発でない理由としては、高度経済成長期において産業活性化のため新築住宅の流通が推進されていたこと、中古住宅が適切に評価される基準が存在しないこと、売り手・買い手の間で情報の非対称性が生じていることなどが挙げられます。

少子高齢化が進み全国的に人口が減少していく中、これ以上新築住宅が供給され続けると住宅の供給過多になってしまうことが課題となっており、政府・自治体は中古住宅市場の活性化のために取り組みを進めています。

とくに地方では空き家問題が深刻となっており、空き家の売買・リフォーム・解体を促すような仕組みの構築が求められています。

こうした状況の中、顧客に寄り添った不動産取引を行う者としての不動産エージェントはその重要性が高まっていくと考えられます。

株式会社TERASSのコメント

このニュースを受けまして、株式会社TERASSよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的と今後の展望を教えてください。

効率化から付加価値へ、が今回の資金調達のテーマとなります。

具体的には下記のようなことをおこないますが、不動産エージェントの効率的な働き方をある程度実現できるようになったことから、今後はその先のお客様により高い付加価値が提供できるようなサービスやプロダクトの開発をおこない、不動産売買取引の体験そのものをより自由で、安心できるものにしていくことを目指しております。

・不動産エージェント数拡大とサポート体制の強化
・住宅売買検討者に高い付加価値を提供するプロダクト開発
・売却や住宅ローン周辺領域への取り組み拡大

・読者へのメッセージをお願いします。

TERASSは不動産エージェントという人の力とテクノロジーの両方をもって家を買ったり売ったりされる消費者の方が、もっと安心して自由に取引ができる世界を実現することで、日本の住宅流通の活性化、ひいては住宅ストックの価値向上を目指します。

いい不動産エージェントといい家探しがしたい方、ぜひTERASSにお声掛けください。

不動産取引など専門的な知識を必要とする作業・取引では専門家の力を借りることが重要です。起業や経営においては税理士や弁護士などの力を必要とする場面がいくつもあります。創業手帳では無料で専門家を紹介していますので、ぜひご活用ください。また、起業に必要なノウハウをまとめた「冊子版創業手帳」も無料で送付しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ TERASS Terass Cloud Terass Offer エージェント クラウドブローカレッジ 不動産 不動産エージェント 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

課題解決型インターンシップを秋田県内の中小企業向けに提供する「ローカルクエスト」が創業・資金調達
2022年10月27日、ローカルクエスト株式会社は、2022年10月5日に創業したことと、資金調達を実施したことを発表しました。 ローカルクエストは、秋田県内の中小企業に向け、課題解決型インターンシッ…
大学周辺飲食店向けモバイルオーダーアプリ「Boomee」がリリース
2021年9月27日、株式会社Boomeeは、「Boomee」と「Boomee for Owner」をリリースしたことを発表しました。 「Boomee」は、コロナ禍で売上が落ち込む大学周辺の飲食店の集…
中国で育児メディア「Babily」を運営する「Onedot」が10.5億円調達
2020年5月28日、Onedot株式会社は、総額10億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ユニ・チャーム株式会社と、BCG Digital Venturesが共同プロジェクトを経…
SNSを活用したグロース・ハック事業展開の「Bsmo」が資金調達
2020年4月23日、株式会社Bsmoは、資金調達を実施したことを発表しました。 調達額は、数十億円規模だと発表しています。 企業から依頼を受け、国内外においてSNSマーケティングを実施し、広告運用か…
長距離ワイヤレス給電「AirPlug」の「エイターリンク」が2億円調達
2021年10月5日、エイターリンク株式会社は、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スタンフォード大学発のベンチャー企業で、心臓のペースメーカーをはじめとした医療機器をワイヤレス給電す…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ