クラウド型車両管理システム「AI-Contact」展開の「ジェネクスト」にエンジェル投資家の島田亨氏が資本参加

tips

2022年7月1日、ジェネクスト株式会社は、エンジェル投資家の島田亨氏が株主として資本参加したことを発表しました。

ジェネクストは、安全運転を促進する運行管理アプリ「AI-Contact(アイ・コンタクト)」を展開しています。

スマートフォン位置情報と全国の標識情報データベースを照合させることで、社用車(商用車)の交通違反を可視化する運行管理アプリです。

一時不停止や指定方向外進入禁止など、交通事故に直結する可能性のある道路交通法違反を検知することで従業員の安全運転を促進し、結果的に自動車保険料や車両の修理・買い替え費用の削減を実現します。

また、リアルタイムでドライバーに違反をアナウンスする「AI-Contact NOW」、完全無料の運行管理アプリ「AI-Contactフリート」も提供しています。

「AI-Contactフリート」では、運行管理・動態管理・車両管理だけでなく、アルコール検知器を利用することでアルコールチェック記録管理も行えます。

車両管理は運送など社用車を運用する必要がある事業において重要な業務のひとつです。

車両管理業務では、車両情報・整備・使用状況・保険の管理などさまざまな業務を行います。

社用車がメンテナンス不足などで事故を起こしてしまうと、従業員にも多大な損害を与えてしまうことになるため、しっかりと管理する必要があります。

一方で、社用車は業務中は拠点から離れているため、管理が行き届かない時間が存在していました。しかし、現在はテクノロジーによってこの課題が解決されています。

たとえば、車両にIoT端末を備えつけることで、位置情報によるルートの記録・分析、センサーによる急ブレーキや急発進などの情報の記録、労働時間の記録などが実現できます。

このIoT端末には、シガーソケットに装着するものや、OBD-Ⅱポートと呼ばれる多くの車両についている端子に接続するもの、ドライブレコーダー型のもの、スマートフォンアプリなどさまざまなタイプがあります。

「AI-Contact」は、アプリ型の車両管理システムです。標識情報データベースを活用することで、競合のシステムでは検知することが難しい一時不停止といった道交法違反を検知できることを特徴としています。

デジタル時代において利益を最大化させるためには、IoTなどのテクノロジーを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ AI AI-Contact アイ・コンタクト クラウド ジュネクエスト スマートフォン データベース リアルタイム 交通 交通違反 位置情報 可視化 商用車 安全運転 株式会社 検知 社用車 管理 自動車 車両管理
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

AIでファッションのトレンド予測や需要予測の「ニューラルポケット」が6億円調達
2019年3月5日、ニューラルポケット株式会社は、総額6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、社名をファッションポケット株式会社から、ニューラルポケット株式会社に変更したことも併せて発表…
EC購買データプラットフォームなど展開の「マインディア」が5億円調達
2022年5月31日、株式会社マインディアは、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 マインディアは、定性インサイトデータ蓄積プラットフォーム「Mineds for Insight Da…
サッカー選手やJリーグクラブ向け英語教育を展開する「Rodansnap」が資金調達
2022年9月12日、株式会社Rodansnapは、資金調達を実施したことを発表しました。 全国のサッカークラブ(小学生~高校生)や、Jリーグに所属するサッカー選手・Jリーグクラブを対象としたオンライ…
フード・シェアリング・サービス「TABETE」展開の「コークッキング」が資金調達
2020年11月20日、株式会社コークッキングは、資金調達を実施したことを発表しました。 フード・シェアリング・サービス「TABETE(タベテ)」を展開しています。 飲食店や小売店で廃棄されてしまう食…
動画を活用した顧客対応や従業員教育を実現するサービス提供の「VideoTouch」が7億円調達
2022年8月2日、VideoTouch株式会社は、総額7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、株式会社Viibarから、VideoTouch株式会社へと社名を変更したことも併せて発表し…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ