注目のスタートアップ

運送企業向け業務支援SaaSや車両売買プラットフォームを提供する「Azoop」が13.8億円調達

company

2022年6月9日、株式会社Azoopは、総額13億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Azoopは、「トラッカーズ」というサービスブランドで、運送企業向け業務支援SaaS「トラッカーズマネージャー」と車両売買プラットフォーム「トラッカーズ」を提供しています。

「トラッカーズマネージャー」は、AI-OCRと専任オペレーターによる管理業務の自動化や、車両1台あたりの収支の可視化、車両資産価値の予測などAIを活用したデータ分析、情報の一元管理により、運送会社の利益最大化と業務効率化を支援するクラウドサービスです。

今回の資金は、人材採用やプロダクト開発に充当する予定です。

物流事業者には、トラック運送・倉庫業・鉄道運送・航空運送などさまざまなものがありますが、そのうちトラック運送事業者は全体の約8割を占めています。

そしてそのトラック運送事業者のうち99.9%が中小企業となっています。

トラック運送は深刻な人手不足を課題として抱えているのですが、新型コロナウイルスの影響により小口運送が増え、輸送効率の悪化や業務負担の向上などの課題も重なってしまいました。

以前から電話・FAX・エクセルといったアナログな業務の改善が求められていましたが、こういった環境の悪化からさらにデジタル化が急務となっています。

トラック運送では、ペーパーレス化といった単純なデジタル化から、AIを利用したルート計画やピッキングの最適化といった高度なデジタル化が進みはじめています。とくにAIの力は大きく、大幅な業務効率化や生産性の向上が見込めます。

トラック運送業では、荷主への運賃交渉も収益に直結してくる業務のひとつです。従来まで運賃交渉は燃料代が上がった・人件費が上がったなどすこし曖昧な理由で交渉を行っていました。

しかし産業界全体でデジタル化が推進されている中、こういった交渉においてもデータを求める荷主が増加することが予測されます。そのため運送事業者側もデジタル化を実現し、適切なデータにもとづいた運賃交渉をできるよう体制を整える必要性も出てきています。

デジタル時代において企業を成長させるためには、最新のツールを活用し業務効率化を図ることが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Azoop OCR SaaS データ分析 トラッカーズ トラッカーズマネージャー トラック プラットフォーム 一元管理 企業 売買 株式会社 業務効率化 業務支援 物流 自動化 資金調達 運送
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

スマートフォンから注文できるスクールランチサービス提供の「PECOFREE」が資金調達
2021年9月6日、株式会社PECOFREEは、資金調達を実施したことを発表しました。 学校で食べる食事をスマートフォンから予約注文できるサービス「PECOFREE」を開発・運営しています。 毎日、栄…
リチウムイオン電池のレアメタルリサイクル技術開発の「エマルションフローテクノロジーズ」が資金調達
2021年10月18日、株式会社エマルションフローテクノロジーズは、資金調達を実施したことを発表しました。 この資金調達は、「リチウムイオン電池のレアメタルリサイクル技術の開発」を事業テーマとして、国…
オフィスのデッドスペースとそこでサービスを提供したい事業者をマッチングする「Officefaction」が2,600万円調達
2022年2月22日、株式会社Officefactionは、総額2,600万円の資金調達を実施したことを発表しました。 オフィスのデッドスペースとそこでサービスを提供したい事業者をつなぐマッチングプラ…
​ITフリーランスの独立支援サービス「テックビズ」とバーチャル・オフィス「Karigo」がサービス提携
2020年10月20日、株式会社NKC ASIAは、提供する「テックビズPointClub」・「テックビズカード」において、株式会社Karigoが提供する「Karigo」とのサービスの提携を開始するこ…
地方自治体のSDGs推進支援などの「ケイスリー」が1.9億円調達
2020年3月26日、ケイスリー株式会社は、総額1億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 先端技術を取り入れた社会的インパクト・マネジメントや、成果連動型官民連携など(ソーシャル・イ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ