注目のスタートアップ

パーソナライズ予防ケアサービス「Wellness Membership」などを展開する「ウェルネス」が2.8億円調達

company

2024年4月12日、株式会社ウェルネスは、総額2億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ウェルネスは、パーソナライズ予防ケアサービス「Wellness Membership」や、パーソナライズ予防アプリ「Wellness App」、個別予防ケアプラットフォーム「Personalized Preventive Care Platform」を展開しています。

「Wellness Membership」は、ユーザーそれぞれのデータに基づきカスタマイズされた健康管理をパーソナルドクターと共に実践できる予防ケアサービスです。

定期的な健康診断や生活習慣のアドバイスの提供や、個々の健康状態やリスクに応じたオーダーメイド検査により、健康管理を最適化します。

また、専門医ネットワークを活用し、必要に応じた医療機関の迅速な紹介も行っています。

今回の資金は、「Wellness Membership」サービスのさらなる拡大と採用、ドクターチームの強化、新規プロダクト開発に充当します。


現在、国内の約15%の人びとが生活習慣病の患者とされています。

この状況は健康な長寿を妨げる大きな要因であり、医療費の増大にも影響をもたらしていることから、ヘルスケアや予防医学の重要性がますます高まっています。

一方、ヘルスケアや予防医学は画一的な方法があるわけではありません。これは生活者それぞれが異なる課題を有しているからであり、この改善のためにはそれぞれ最適な方法が異なるからです。

したがってヘルスケア・予防医学の領域では、専門家などのアドバイスによって取り組みを最適化するサービスなどのニーズが高まっています。

ウェルネスは、このような背景のもと、パーソナライズ予防ケアサービス「Wellness Membership」などを手がけ、病気の早期発見とリスクの最小化により、健康寿命延伸の実現に貢献しています。

株式会社ウェルネスのコメント

このニュースを受けまして、株式会社ウェルネスよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

スピード感を持って予防医療Wellness Membershipのサービスを普及するために資金調達を実施しました。

・今後の展望を教えてください。

Wellness Membershipは、パーソナルドクターと共に、個々のデータに基づいたカスタマイズされた健康管理を実践できる最先端の予防ケアサービスです。健康データやエビデンスを踏まえ戦略的に病気を予防し、パフォーマンスを高め、医療の不安や手間を解消することができます。

昨今、生活習慣・行動様式・価値観の多様化などにより、世界的にパーソナライズ予防ケアが主流になりつつあります。

Wellness Membershipを通し、人々の健康不安を解消するとともに戦略的予防をインフラ化することを目指します。それにより、ベッドで寝たきりで長時間過ごすのではなく、健康で最後までいきいきと過ごせるような世界を実現します。

・読者へのメッセージをお願いします。

弊社では、予防医療を共に支え、事業拡大を担ってくださる仲間を多方面で積極採用中です。

医師・看護師の新しい働き方に関心のある方、エンジニアの方もお気軽にご連絡ください。

事業のさらなる成長のためには、戦略的な資金調達が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Wellness Wellness Membership アドバイス ウェルネス ウェルビーイング オーダーメイド ケア サービス データ ドクター パーソナライズ パーソナル ヘルスケア 予防 予防医学 予防医療 健康状態 健康管理 健康診断 専門医 最適化 株式会社 検査 生活習慣 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

メタバースと現実空間をつなぐNFTプラットフォームを開発する「Super Massive Global」が1.1億円調達
2022年3月10日、Super Massive Global株式会社は、総額1億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 メタバースと現実空間をつなぐNFTプラットフォームの開発や、N…
日本語学習動画プラットフォーム「BondLingo」運営の「ボンド」が資金調達
2019年11月29日、ボンド株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 日本語学に特化した動画学習プラットフォーム「BondLingo(ボンドリンゴ)」を運営しています。 また、日本で働くた…
定款の認証の手数料が改定 一律5万円が資本金額により3~5万円に
日本公証人連合会は、「会社の定款手数料の改定」について発表しました。 これまで株式会社・特定目的会社の定款の認証の手数料は、一律5万円でした。 今回の改定により、2022年1月1日から以下の手数料にな…
ナノ・テクノロジーと免疫療法の融合技術の実用化を目指す「ユナイテッド・イミュニティ」が7,000万円調達
2020年12月9日、ユナイテッド・イミュニティ株式会社は、7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ナノ・テクノロジーと免疫療法(対がん・対ウイルス)の融合技術の実用化を目指しています…
社会問題を自分ごととして考える社会の実現のため事業を展開するソーシャルセクター「Ridilover」が2.3億円調達
2022年1月19日、株式会社Ridiloverは、総額2億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 社会問題を自分ごととして考える社会の実現のため、以下の事業を展開しています。 ・社会…

大久保の視点

ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】