注目のスタートアップ

シニア人材を中心としたキャリア支援事業を展開する「エイジレス」が1.1億円調達

company

2022年5月18日、株式会社エイジレスは、総額約1億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

エイジレスは、シニア人材を中心としたキャリア支援事業を展開しています。

具体的には、ミドルシニア向けキャリアコーチング事業「エイジレスセカンドキャリア」、人材紹介/SES事業「エイジレスエージェント」、再就職支援事業、採用媒体運営事業、メディア事業を展開しています。

今回の資金は、既存事業の成長加速、シニア層に向けたリスキリング・セカンドキャリアコーチング事業、大企業に向けた50・60代向け社員のキャリア・能力開発サービス事業の展開に充当します。

高齢化の進展に伴い、日本社会・企業の人員構成は変化しています。

以前の人事が構造的に限界を迎えつつある中、働き方の多様化や、副業・兼業の解禁といった制度の変化もあり、新しい構造が構築されようとしています。

新たな人材活用では、大きな層となるシニア層の活用も考えられています。2012年の高年齢者雇用安定法の改正により、企業では60歳以降の人材の雇用について具体的な取り組みが求められるようになっています。

定年制を撤廃するという企業も出てきていますが、継続雇用制度を導入する企業がほとんどです。継続雇用制度とは、定年後もシニア人材の希望に応じて雇用を延長・雇用機会を確保するというものです。

ほかにも早期退職優遇制度の導入などにより、40・50代といったミドル層のセカンドキャリアを促している企業もあります。

そのため対象のミドル・シニア人材は大きなキャリアの転換点を迎えることになるのですが、実際の採用市場では40・50代といったミドル層を別け隔てなく採用する求人は多くありません。

エイジレスはこの状況を改善し、40から70代のミドルシニア・シニア層の活躍機会を増やすために事業を展開しています。

企業の成長には人材の採用が欠かせません。しかし創業期はどのように採用活動を行えばよいのかわからない場合があるでしょう。「冊子版創業手帳」では、創業期の人材採用ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ エイジレス キャリア コーチング シニア 人材 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ベトナムで飲食・小売向けのBtoBオンラインマーケットプレイス運営の「KAMEREO」が5億円調達
2021年7月19日、KAMEREO INTERNATIONAL PTE. LTD.(代表取締役:田中卓、本社:シンガポール)は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ベトナム・ホーチミ…
Instagramのハッシュタグからデータを収集しマーケティング・データベースを作成可能にする「HASHlatte」がリリース
2020年6月17日、株式会社hashoutは、「HASHlatte」を2020年6月17日(水)にリリースしたことを発表しました。 「HASHlatte」は、Instagramのハッシュタグ(#)か…
新規事業に出会えるプラットフォーム運営の「Spready」が1.1億円調達
2022年1月20日、Spready株式会社は、総額1億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 新規事業に出会えるプラットフォーム「Spready(スプレディ)」、相互理解サポートツー…
次世代の提携クレジットカード「Nudge」を提供する「ナッジ」が資金調達
2022年6月14日、ナッジ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 ナッジは、次世代の提携クレジットカード「Nudge(ナッジ)」を提供しています。 スマホアプリで完結するシンプルな申込み…
自律搬送ロボット開発・提供の「匠」が4億円調達
2021年8月3日、株式会社匠は、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 自律搬送ロボットの設計・開発・提供を行っています。 ハードウェア・ソフトウェアの両方を一貫して手がけ、“GRID式…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ