注目のスタートアップ

プロフィールサイト「lit.link」・コミュニティSNS「WeClip」開発・運営の「TieUps」が1億円調達

company

2022年3月7日、TieUps株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

プロフィールサイト「lit.link(リットリンク)」、コミュニティSNS「WeClip(ウィークリップ)」を開発・運営しています。

「lit.link」は、SNS・ブログ・商品販売ページを、写真・動画を使ってリッチにまとめることができる無料のプロフィールサイトです。LINE上から編集・公開を行えることを特徴としています。

今後、Englishモードや「lit.link」検索機能の追加を予定しています。

「WeClip」は、コミュニティ単位でフォローするSNSです。各コミュニティのユーザーを3段階の権限に分け、モデレーターのコミュニティ内のトラブルへの素早い対処や、良質な情報の循環を実現する仕組みを構築しています。

2022年春にiOSアプリ、2022年前半にビジネス機能のリリースを予定しています。

今回の資金は、「lit.link」・「WeClip」の機能拡充、採用・社内体制の強化に充当される予定です。

マルチチャネル化は、企業と消費者との接点を増やし販売機会の損失を防いだり、顧客ごとに最適なコミュニケーションを行うことで顧客体験を向上させる取り組みとして重要性が認識されています。

このような背景から、多数のSNSアカウントを運用する企業・個人が増加していますが、それぞれのSNSアカウントへの導線を構築できないことが課題となっていました。たとえば、Instagramではプロフィールにひとつのリンクしか貼ることができないため、企業HPやECサイトなど複数リンクを貼りたい企業は取捨選択を迫られていたのです。

そこで注目を集めているのがプロフィールサイトと呼ばれる、複数リンクを1ページにまとめることができるWebサービスです。プロフィールサイトは、シンプルなページを作成できるものから、写真・動画を使ったリッチなページを作成できるものなど多種多様なものがあります。

TieUpsの提供する「lit.link」は、LINE上から簡単に写真・動画を使ったリッチなページを作成することができるプロフィールサイトサービスです。

複数のSNSアカウントを持つ時代では、プロフィールサイトがその企業・個人の顔ともいえる役割を担うかもしれません。企業向けの分析機能などを充実させていくサービスも登場すると考えられ、企業がどのように活用していくのか注目が必要です。

TieUps株式会社のコメント

このニュースを受けまして、TieUps株式会社よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

既存サービスであるプロフィールサイト「lit.link」、コミュニティSNS「WeClip」の機能拡充への投資、採用と社内体制の強化を目的としています。

・今後の展望を教えてください。

プロフィールサイト「lit.link」は連携サービスの強化や追加機能、コミュニティSNS「WeClip」は年内にiOSアプリとビジネス機能の追加を予定しています。

ビジネス機能では、見込み顧客をロイヤルカスタマーに成長させるFRM(Fan Relationship Management)ツールを提供する予定です。

・読者へのメッセージをお願いします。

正しく情報を伝えファン化を目指すプロフィールサイト「lit.link」と、ユーザーがファンになるコミュニティSNS「WeClip」を通じて、「1PVから始まる熱狂的ファン体験」をお届けして参ります。

プロダクトの販売のためにはPRやマーケティングが重要です。特にSNSマーケティングはリアルな顧客の声を聞けることが大きなメリットです。「冊子版創業手帳」では、創業期でも行えるネットを活用したPRノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ LINE lit.link SNS WeClip ウィークリップ コミュニティ コミュニティSNS プロフィールサイト リットリンク 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

O2Oマーケティングなどの「GENEROSITY」がMBO実施 9億円調達
2019年9月18日、株式会社GENEROSITYは、経営陣が保有する特別目的会社(SPC)を通じて、親会社であるニューホライズンキャピタル株式会社から当社株式の100%を取得し、マネジメント・バイア…
生活の困りごとをオンラインで解決「オコマリ」運営の「modecas」が資金調達
2019年12月17日、株式会社modecasは、資金調達を実施したことを発表しました。 遺品整理・退去清掃・片付け・害虫駆除など、生活の困りごとを、オンラインで一括解決できるサービス「オコマリ」を運…
バーチャル・インフルエンサーの企画・開発・マネジメントの「1sec」が1億円調達
2019年9月4日、株式会社1secは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 バーチャル・インフルエンサーの企画・自社開発・マネジメントを展開しています。 バーチャル・インフルエンサーx…
空間デジタル演出の「プリズム」と空間づくりの「丹青社」が業務提携
2020年10月5日、株式会社プリズムは、株式会社丹青社と、業務提携に関する協定書を取り交わしたことを発表しました。 プリズムは、イベント・コンサート・舞台などにおいて、映像やデジタル技術を駆使した空…
ヘリ手配オンデマンド・システム運営の「AirX」が1.3億円調達
株式会社AirXは、総額約1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 遊休ヘリと着陸地の独自データベースに基づくヘリ手配オンデマンド・システム「AIROS(エアロス)」の運営や、エアモ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ