注目のスタートアップ

小型衛星コンステレーションの構築を目指す「アークエッジ・スペース」が6.35億円調達

company

2022年3月29日、株式会社アークエッジ・スペースは、総額6億3,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

アークエッジ・スペースは、2リットルペットボトルサイズや引き出しサイズの超小型衛星の開発・提供や、衛星コンステレーション構築のための研究開発を行っています。

2021年に経済産業省「超小型衛星コンステレーション技術開発実証事業」(令和3年度 産業技術実用化開発事業費補助金)に採択され、「IoT通信」、「地球観測」、「海洋DX(VDES)」、「高精度姿勢制御ミッション」の4つのテーマに対応した6U衛星7機の設計開発から軌道上運用までを2025年までに実現することを目指しています。

今回の資金は、月測位・通信システムを担う超小型宇宙機の開発・打ち上げ実証などに充当されます。

アークエッジ・スペースの開発する超小型衛星は、LoRa通信と呼ばれるIoT向けの通信設備/技術を搭載しています。IoT通信は低電力・低コストで長距離の通信を行えることが特徴的であるため、宇宙・地上間の通信としては魅力的な方法です。

IoT通信衛星は、地上の通信網の整備されていない場所に設置したセンサーから得られるデータを衛星によって取得し、それを地上局に集めることでデータ収集を行うといった用途が期待されています。具体的には、長距離航海を行う船舶、はるか上空を飛ぶ航空機、牧草地に散らばる牛など、データを得ることが難しかった対象からIoTデバイスを通じたデータ収集が可能になるのです。

しかし小型衛星は一機だけでは地球の広大なスペースをカバーすることは難しいため、複数基を軌道に投入し、衛星同士をつないでネットワーク化することで広範囲をカバーする、衛星コンステレーションを構築する必要があります。

また、月における様々な活動においても衛星コンステレーションは重要なものとなっています。現状の通信技術では、無人機が月に着陸するには最大で5,000メートルの誤差が発生します。精度をよくするためには、測位衛星を月の周回軌道に投入することが現実的であると考えられています。衛星コンステレーションによって数機の衛星を月の周回軌道に投入できれば、低コストかつシンプルな実装で測位システムを実現できるのです。アークエッジ・スペースは、この月面活動のための衛星コンステレーションの構築にも取り組んでいます。

スケールの大きなビジネスには、多くの資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、ベンチャーキャピタルから出資を受けるためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ アークエッジ・スペース 宇宙ビジネス 小型 株式会社 研究開発 衛星 衛星コンステレーション 資金調達 超小型衛星
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

猫の活動データを記録する首輪型デバイス「Catlog」展開の「RABO」が13.2億円調達
2022年4月6日、株式会社RABOは、総額約13億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、衛生用品大手のユニ・チャーム株式会社と、トイレ製品開発、フード開発、海外展開事業などを…
スマート・フットウェア「ORPHE」開発の「no new folk studio」が資金調達
2020年1月8日、株式会社no new folk studioは、資金調達を実施したことを発表しました。 スマート・フットウェア「ORPHEシリーズ」を開発しています。 現在、アシックスと共に、走行…
インフルエンサーからInstagramの基礎から応用などを学べる動画配信サービス「バズミー!!」がリリース
2022年1月27日、株式会社オモローは、「バズミー!!(Instagramコース)」を2022年1月15日から提供開始したことを発表しました。 「バズミー!!(Instagramコース)」は、経験の…
IoTオーケストレーション・サービス「enebular」運営の「ウフル」が資金調達
2020年1月28日、株式会社ウフルは、資金調達を実施したことを発表しました。 IoTオーケストレーション・サービス「enebular(エネブラー)」を運営しています。 IoT製品・サービスづくりを包…
「国内スタートアップ資金調達額ランキング(2020年1月〜2月)」が発表
2020年3月11日、フォースタートアップス株式会社は「国内スタートアップ資金調達額ランキング(2020年1月〜2月)」を発表しました。 フォースタートアップスは、成⻑産業領域に特化した情報プラットフ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ