注目のスタートアップ

カメラのサブスクリプションサービス「GooPass」展開の「カメラブ」が10億円調達

company

2022年1月31日、カメラブ株式会社は、総額10億円超の資金調達を実施したことを発表しました。

カメラ機材のサブスクリプションサービス「GooPas(グーパス)」や、カメラのWebメディア「#GooPass MAGAZINE」、ブランディング映像制作「SCENECROP」を展開しています。

また、2021年7月に、様々な体験型サービスに出会えるサブスクリプションサービス「GooPass PRIME」をリリースしています。

今回の資金調達により、撮影体験(コト)を創出する取り組みを展開していきます。今後、撮影旅行の企画・運営や、全国の自治体と連携した地方創生の取り組みを行っていく予定です。

スマートフォンの普及により、デジタルカメラ市場は2010年(出荷台数12,146台)をピークに減少傾向にあります。

とはいえ、全世界的にはミラーレスカメラが回復傾向にあり、一眼レフカメラについては日本・中国・両アメリカ大陸では好調であるという特徴もあります。

これはスマートフォンでは撮影できない高画質・高品質な写真・動画撮影のニーズが高まっていると考えられます。

こういったカメラ需要は旅行時が主であるため、旅行を主軸とした新たな体験型サービスの創出が鍵となってくるでしょう。

カメラブはすでに体験型サービスと出会えるサブスク「GooPass PRIME」を開始しており、コロナ収束後の事業拡大を見据えています。

また観光は地方自治体にとって、地方創生の手段として重要なもののひとつであるため、スタートアップと連携した取り組みも進んでいくと考えられます。

レンタルサービスなどは資金に制限のある創業期において便利な存在です。「冊子版創業手帳」では、創業期にとって大きな投資となるオフィスについて、レンタルやコワーキングスペースのメリット・デメリットを比較し、おすすめの形態を解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ GooPass カメラ カメラブ サービス サブスクリプション 株式会社 資金調達
関連記事はこちら

サブスクリプションでビジネスを効率化!設備導入も情報収集も定額サービスでコストダウン

資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

スマホ向けバッテリー・スタンド運営の「INFORICH」が30億円調達
2019年12月26日、株式会社INFORICHは、総額30億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマホ充電器のシェアリング・サービス「ChargeSPOT」を運営しています。 駅・関連施設や…
農業特化のWebマーケティング支援「ファームコネクト」 農作物のネット販売をフル代行するサービスを開始
2022年5月4日、株式会社リタテラスは、展開する「ファームコネクト」において新サービス「ネット販売代行プラン」をリリースしたことを発表しました。 「ファームコネクト」は、農業に特化したWeb制作・マ…
戦略リサーチャーの育成・戦略リサーチの自社運用サービス「&Insight」が提供開始
2021年2月2日、株式会社Bloom&Co.は、「&Insight」の提供を開始したことを発表しました。 「&Insight」は、戦略リサーチャーの育成と、戦略リサーチの自社運用を可能にする新サービ…
次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」開発・販売の「APB」が資金調達
2020年6月30日、APB株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、豊田通商株式会社です。 以前の資金調達は2020年3月4日で、総額約80億円を調達しています。 APBは、次世…
「アプリコット・ベンチャーズ」と「デライト・ベンチャーズ」による社会人向け起業支援プログラム「Springboard 2021」 募集開始
2020年12月24日、株式会社アプリコット・ベンチャーズは、株式会社デライト・ベンチャーズと共に、「Springboard(スプリングボード)2021」を開催し、2020年12月24日(木)から開始…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ