注目のスタートアップ

データ統合自動化サービス「trocco」など提供の「primeNumber」が13億円調達

company

2021年12月15日、株式会社primeNumberは、総額約13億円の資金調達を実施したことを発表しました。

データ統合自動化サービス「trocco」や汎用型データエンジニアリングPaaS 「systemN」の開発・運営や、データテクノロジー領域の課題解決を実現するコンサルティング・エンジニアリングサービスの提供を行っています。

「trocco」は、様々な種類のデータを自動で統合し、データ活用を効率化するクラウドサービスです。

データ統合にかかる工数を大幅に削減することで、データエンジニアがよりコア業務に集中できる環境を構築します。

今回の資金は、体制の強化や、マーケティング活動に充当されます。

経済産業省は、日本企業がDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現できなければ、2025年以降、最大で12兆円/年の経済損失が生じる可能性があると指摘しています。

DXは単なるデジタル化と理解されることがありますが、その本質はデジタル化によって企業経営を根本的に変革することを指します。

デジタル化によって効率化を図るだけでなく、得られたデータを活用し収益を向上させたり、新たなプロダクトや事業開発に役立てることが肝心なのです。

しかし多くの企業ではデータを分析・活用するための基盤がないこと、データを扱う人材がいないことが課題となっており、本質的なDXが進んでいないという状況にあります。

そのため、データエンジニアやデータサイエンティストといった数少ない人材を最大限に活用できるよう、データを取り扱うための環境を整備することが、DXにおいて重要なことのひとつとなっています。

株式会社primeNumberのコメント

このニュースにつきまして、株式会社primeNumberよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

体制強化、マーケティング活動促進

・今後の展望を教えください。

新規事業の展開、IPOによる資金調達、海外展開

・読者へのメッセージをお願いします。

設立当初から一貫して強く想っていることがあります。それは、エンジニアドリブンな組織をつくりたいということです。

今でこそ、国内スタートアップ文化の盛り上がりもあって、ソフトウェアエンジニアの地位は社会的にも非常に評価されるものとなっています。
しかし、かつてのシステム関連部門は 、組織において傍流とされているように見えました。

花形部門とは真逆で、シンプルに「コストセンター」という位置付けであったかとも思います。
また、私が社会人になった2001年から現代においてもなお、企業によってはほぼ対象業務の大半を外注されている場合もあるようです。

しかしながら、急速に社会の情報化が進むなかで、実際の企業現場においては「情報システム部門」の重要性も高まっています。

彼らが居なければ会社の業務は回らない、回すことはできない、というのが実態ではないでしょうか。

こうした実態と「組織において中心・中枢ではない情報システム部・エンジニアリングチーム」という評価に強い矛盾を感じてきた中で「だったら、エンジニアが中心の組織をつくっていけばいいのでは?」という考えに至り、その延長線上に今の primeNumber があります。

デジタル時代において企業を成長させるためには、最新のツールを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ DX primeNumber systemN trocco データ データ・エンジニア 株式会社 統合 自動化 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ECプラットフォーム「STORES」運営の「ストアーズ・ドット・ジェーピー」と「京都信用金庫」が業務提携
2020年10月14日、ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社は、京都信用金庫と業務提携を開始したことを発表しました。 ストアーズ・ドット・ジェーピーは、ネットショップ作成サービス「STORES」を運…
エリア・施設特化型デリバリー・プラットフォーム「NEW PORT」運営の「スカイファーム」が資金調達
2020年4月10日、スカイファーム株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 デリバリー・プラットフォーム「NEW PORT」を運営しています。 横浜ハーバー・エリアに特化し、レストランやシ…
ファッション業界特化SNS型採用プラットフォームの「READY TO FASHION」に「ディノス・セシール」が出資
株式会社ディノス・セシールは、株式会社READY TO FASHIONに出資することを発表しました。 READY TO FASHIONは、ファッション業界向けのSNS型の採用プラットフォーム「READ…
「中小企業基盤整備機構」が中小企業再生ファンド「ルネッサンスエイト投資事業有限責任組合」の組成について合意
2020年12月23日、独立行政法人中小企業基盤整備機構は、「ルネッサンスエイト投資事業有限責任組合」の組成について合意し、組合契約を締結したことを発表しました。 「ルネッサンスエイト投資事業有限責任…
LINEを活用したマーケティングツール「MicoCloud」提供の「Micoworks」が資金調達
2021年9月30日、Micoworks株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 LINEを活用したマーケティングツール「MicoCloud(ミコクラウド)」を提供しています。 LINEを軸…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ