注目のスタートアップ

素材業界向け研究開発データ管理プラットフォーム開発の「ランデフト」が7,000万円調達

company

2021年10月20日、株式会社ランデフトは、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

材料科学分野の研究開発データ管理プラットフォームを開発しています。

材料科学分野の研究開発で生じるデータと試料を紐付けて保存し、材料科学分野特有の多用なメタ情報も適切に管理することで、データ駆動科学に対応できる体制を提供することを目的としています。

また、代表的な測定手法に対応するデータ解析機能や、グラフ・報告書の作成機能、各種テンプレート機能も備えることで、研究開発から日常業務までワンストップで効率化する環境を提供します。

2022年4月にクローズドテストの開始を予定し、2022年秋~冬の正式提供開始を目指しています。

今回の資金は、人材採用などに充当されます。

これまで材料研究・開発では、経験と勘に頼った実験的な手法が中心的となっていました。

しかし実験的手法では、新材料の発見や材料としての実用化までに、非常に長い時間とコストがかかっていました。

科学においてもグローバルレベルでの競争にさらされる中、競争力のある研究・開発を行っていくためには、これまでの研究・開発で蓄積されてきた多くのデータを活用する、データ駆動科学への転換が必要となります。

データ駆動科学への転換のためには、データを活用することだけでなく、データを正しく蓄積することも重要です。

これまでの科学研究では、データが正しく管理されていたとは限らず、データ管理プラットフォームの構築が進められています。

材料科学におけるビッグデータを活用した研究開発は、マテリアルズインフォマティクスと呼ばれ、従来の実験を主体とした研究開発の長期化や高コストといった課題を解決するものとして期待されています。

データ活用は、企業の成長にとても重要です。そのためにはデータを上手く活用するためのシステムを整備する必要があります。「冊子版創業手帳」では、創業期における社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ データ データドリブン データ駆動科学 テクノロジー ランデフト 材料 材料科学 株式会社 研究開発 科学 素材 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

モバイル・オーダー・プラットフォーム提供の「LBB」が「おおさか社会課題解決ファンド」から資金調達
2021年2月22日、株式会社LBBは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、大阪信用金庫とフューチャーベンチャーキャピタル株式会社が共同設立する「おおさか社会課題解決ファンド」です。 L…
AI導入コンサルテーション事業など展開の「調和技研」が3億円調達
2020年5月19日、株式会社調和技研は、総額約3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 AI導入コンサルテーションを中心に、AI研究開発・実装・運用、AIエンジンの提供、AI技術者の人材育成を…
良質なインフルエンサーを探せる無料マーケティング支援ツール「LISTUP」がリリース
2021年7月29日、株式会社ウルフは、「LISTUP」を2021年7月28日に正式リリースしたことを発表しました。 「LISTUP」は、良質なインフルエンサーを探せる無料マーケティング支援ツールです…
不採用だった求職者を会社間で推薦し合える「HRport」を開発する「tabeco」が資金調達
2019年10月15日、株式会社tabecoは、資金調達を実施したことを発表しました。 不採用だった求職者を、別の会社に推薦できるプラットフォーム「HRport」を開発しています。 導入した企業は、た…
「ネクストミーツ」の代替肉が「焼肉ライク」全49店舗において12/14から販売開始
株式会社ダイニングイノベーションは、株式会社焼肉ライクが運営する「焼肉ライク」(全49店舗)において、12月14日(月)から「NEXTカルビ」・「NEXTハラミ」を販売開始することを発表しました。 「…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ