注目のスタートアップ

南京錠のスマートロックサービスを提供する「KEYes」が1億円調達 大日本印刷と業務提携

company

2021年10月13日、KEYes株式会社は、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

スマートフォンで解錠操作できるスマート南京錠システムを開発・提供しています。

いつ・誰が・どこで解錠したかどうかのデータを管理することもできます。

また大日本印刷株式会社と、スマート南京錠を活用したキーシェアリングシステムについてのパートナーシップ契約(業務提携契約)を締結しています。

これにより、スマート南京錠システムをSaaS型サービスとして提供し、マーケティングから販売においての業務において提携します。

今回の資金は、事業拡大や、組織強化、営業強化に充当されます。

スマートロックとは、スマートフォンなどのアプリから鍵の解錠/施錠や鍵の管理が行える電子錠のことです。

単に解錠/施錠がスマートフォンから行えることになるのが便利なだけでなく、スマートロックの一番のイノベーションは鍵の管理にあります。

たとえばオフィスにスマートロックを導入すれば、入退室を把握することができ、労務管理ソフトと連携すれば、勤怠管理を自動化することもできます。ほかにもレンタルスペースでは、鍵の受け渡しが不要になるほか、鍵を使える時間を設定できるため、受付の省人化を実現できます。

また、屋内の鍵だけでなく、屋外でよく使われる南京錠についてもスマートロック化することで、大きなイノベーションが生まれます。

そもそも屋外で南京錠が多用される理由としては、南京錠が持ち運べること、取り付けのコストが低いこと、南京錠自体が安価であることなどが挙げられます。

この南京錠がスマートロック化された場合、点検整備の際の鍵の受け渡しが非対面になりますし、鍵の紛失・盗難がなくなり、セキュリティ面も向上します。

また鍵の解錠状況を管理できるため、防犯管理として非常に大きな力となるでしょう。

創業期はなにも導入されていないまっさらな状態なため、最新のシステムを導入するのにうってつけです。「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ IoT KEYes スマート・ロック スマート南京錠 南京錠 大日本印刷 株式会社 業務提携 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ドライバー専門求人サイト運営の「ドラEVER」が2億円調達
2021年12月27日、株式会社ドラEVERは、約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社SXキャピタルです。 ドラEVERは、ドライバー専門求人サイト「ドラEVER」を運営…
指輪型ヘルスケアデバイスを開発する「Amos」が1億円調達
2021年11月5日、Amos株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 血中酸素飽和度・心拍などの生体情報や、加速度センサー・ジャイロセンサーによる運動情報を連続的に取得可能な指…
静岡県浜松市で地産地消を主とした食品卸・商品開発・販路開拓などを手がける「Yui support」が2,500万円調達
2021年10月8日は、Yui support株式会社は、総額2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 静岡県浜松市で、農業を通じた地方創生事業を展開しています。 具体的には、地産地消を…
人材エージェント向けAIアシスタント「hachico」開発の「Crossborders」が資金調達
2019年12月10日、Crossborders Innovation株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 人材エージェント向けAIアシスタント「hachico」を開発しています。 無数…
「Heyday」がスクール選びの無料相談窓口「スクマド」をリリース
2022年1月12日、Heyday株式会社は、「スクマド」を正式リリースしたことを発表しました。 「スクマド」は、スクール選びの無料相談窓口です。 専任のカウンセラーとの面談を通じて、個々人の悩みや、…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ