注目のスタートアップ

脳波の取得・分析サービス提供の「CyberneX」が資金調達

company

2021年9月29日、株式会社CyberneXは、資金調達を実施したことを発表しました。

脳波計測機能付きイヤホン型デバイス(Ear Brain Interface)の開発や、このデバイスを活用した実証実験、データの提供、効果測定サービスの提供、共同開発などを展開しています。

開発するデバイスは、脱着が簡単で軽量・小型であるため、従来医療機関などでしか測定できなかった脳波が手軽に測定できるようになります。

今回の資金は、脳情報活用技術プラットフォームの構築や、脳波計測機能付きイヤホン型デバイスを活用したソリューションの研究開発、次世代超小型BCIの研究開発などに充当されます。

BCI(ブレインコンピューターインターフェース)技術は、人の脳とコンピューターを接続する技術です。

これにより脳波によって直接文字を入力したり、機械を動かしたりすることを目指しています。

当初、BCI技術は身体に障害のある人を支援することを目的に開発されていましたが、現在ではビジネスパーソンの脳波を解析して集中力などの状態を可視化したりするなど、様々なユースケースが考えられています。

BCI技術には、脳に直接電極を刺す侵襲型のものと、ヘッドセット型の非侵襲型のデバイスがあります。

侵襲型のものは高精度ではあるものの手術を必要とするため、身体に負担がかかるというデメリットがあります。

非侵襲型のデバイスは身体に負担はないものの、現状では侵襲型のものよりも精度が低いという課題があります。そのため開発の進展により、侵襲型並に精度がよくなることが期待されています。

研究開発を主体とした事業では豊富な資金を必要とします。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に役立つ情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BCI CyberneX サイバネックス ブレインコンピューターインターフェース 分析 技術 株式会社 脳波 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ものづくり系マッチング・プラットフォーム「Linkers」運営の「リンカーズ」が7.5億円調達
2020年4月6日、リンカーズ株式会社は、総額7億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ものづくり系マッチング・プラットフォーム「Linkers」を運営しています。 契約しているコー…
「Securitize」のデジタル証券発行・管理プラットフォームと「SBI」のデジタル・ウォレット・ソリューションが統合
2020年12月18日、Securitize Japan株式会社と、SBIデジタルアセットホールディングス株式会社は、Securitizeのデジタル証券発行・管理プラットフォーム、SBIの投資家向けウ…
同世代と趣味でつながる音声コミュニティ「Yay!」など運営の「ナナメウエ」が16億円調達
2022年4月6日、株式会社ナナメウエは、総額約16億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ナナメウエは、同世代と趣味でつながる音声コミュニティ「Yay!」、コンテンツモデレーションAPIプラッ…
「クラウドエース」と「JQ」が共同でDX全社構想立案コンサルティングサービス「DXランチャー」を提供開始
2020年10月15日、クラウドエース株式会社は、株式会社JQと共同で、「DXランチャー」の提供を開始したことを発表しました。 クラウドエースは、 Google Cloudを専門としており、クラウドの…
CO2モニタリング/換気アラートシステム「hazaview」展開の「cynaps」が2,800万円調達
2021年5月12日、cynaps株式会社は、総額2,800万円の資金調達を実施したことを発表しました。 IoT対応のCO2モニタリング/換気アラートシステム「hazaview(ハザビュー)」を展開し…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ