不動産の非稼働在庫を会議室・イベント・スペースなど多目的に活用する「Pit in」が3,000万円調達

2020年2月28日、Pit in株式会社は、総額約3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

不動産の非稼働在庫を、分単位かつ顧客の多目的なニーズに応える“レスポンシブ・スペース”事業を展開しています。

具体的には、築年数が古くテナントが決まりづらいビルにおいてで、分単位・多目的に利用可能な空間を開発し貸し出しています。

また、予約・清掃までを内製し品質を規格化することで、優れた顧客体験を実現しています。

2020年2月現在、渋谷、六本木、新橋で計7拠点を運営しています。

今回の資金は、新規拠点の開発、予約サービスの開発などに充当されます。

レンタル・スペース事業では、スペースを貸したい側と、借りたい側をマッチングするプラットフォーム・ビジネスが主流です。

既存のレンタル・スペース・プラットフォームでは、まず使用目的に叶うスペースを検索することが始まるため、検索コストがかかります。

Pit inは、ビジネス・シーンでの利用に絞り遊休スペースを開発することで、“ワーク・スペース”の新しい形を提案しています。

ワーク・スペースには、賃貸オフィスだけでなく、シェア・オフィスやコワーキング・スペースもあります。「冊子版創業手帳」では、これらのスペースのメリットや、創業期のオフィスの選び方について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Pit in イベント スペース レスポンシブ・スペース 不動産 会議 株式会社 資金調達

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業のピックアップニュース

大久保の視点

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「…
(2019/8/7)
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン…
(2019/8/7)
クラウド出張手配・管理サービス運営の「AIトラベル」が2億円調達
2019年8月5日、株式会社AIトラベルは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代クラウド出張手配・管理サービス「AI Travel」を…
(2019/8/7)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業時に役立つサービス特集