AI特化ファンド「DEEPCORE TOKYO1号」にみずほ銀行などが出資

2018年12月17日、株式会社ディープコアは「DEEPCORE TOKYO1号 投資事業有限責任組合」が、多数の法人・個人投資家から出資を受けたことを発表しました。

出資したのは、株式会社みずほ銀行、株式会社電通、 Mistletoe Venture Partners株式会社、みずほ証券株式会社、株式会社日本政策投資銀行、日本ビジネスシステムズ株式会社、本田 圭佑氏が手掛ける個人ファンドであるKSK Angel Fund LLCなどです。

「DEEPCORE TOKYO1号」は、シードおよびアーリーステージの有望なAIスタートアップに投資を行い、成長を支援することを目的とするファンドです。

ディープコアは、インキュベーションスペース「KERNEL HONGO」も運営しています。

カテゴリ トレンド
関連タグ AI関連のニュース 出資関連のニュース 投資関連のニュース

トレンドのピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら

創業時に役立つサービス特集