介護事業者向けリハビリ特化SaaS「リハプラン」の開発元が1億円調達!

平成30年8月10日、株式会社Rehab for JAPANは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、IF Lifetime Venturesおよびヘルスケア・ニューフロンティア投資事業有限責任組合等です。

介護事業所向けのリハビリ特化型SaaS「リハプラン」を開発・提供しています。

身体状況や生活状況など要介護者の基本情報を入力して目標を設定することで、個々に合った訓練メニューをデータベースから自動で提案するサービスです。

今回の資金は、組織体制の強化に充当されます。

カテゴリ 有望企業
関連タグ 健康事業関連のニュース

有望企業のピックアップニュース

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら