ハッカソンのその先へ「発火ワークス」が始動!

平成27年11月24日、株式会社HackCampギルドワークス株式会社は、企業の新規事業開発を支援する新サービス「発火ワークス(HackaWorks)」を発表しました。

ハッカソンイベントは多く開催されていますが、そのイベントで創出されたプロトタイプが実際に製品化された例が少ないという問題を解決するための新サービスです。

ハッカソンは短期間でチームが解散してしまうためプロトタイプの製品化には結びつきづらいものでした。

「発火ワークス」はそれを解決するため、持続的に従業員による開発を行える仕組み作り・支援を行います。

読んで頂きありがとうございます。最新号の創業手帳(冊子版)も併せて読んで見て下さい。
カテゴリ トレンド

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドのピックアップニュース

大久保の視点

リファラル×エンジニアで切り込めるか エンジニア同士で仕事紹介できるサービス運営の「Re:Build」が3,000万円調達
株式会社Re:Buildは、総額約3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 エンジニア同士で仕事紹介できるサービス「Tadoru」を運営してい…
(2019/7/10)
AIで最安の宿泊施設を横断検索できる「atta」がローンチ
株式会社attaは、「atta(あった)」の本リリースとなるiOSアプリを2019年7月4日にローンチしたことを発表しました。 Android版のローンチは…
(2019/7/10)
PropTech特化のVC「デジタルベースキャピタル」が設立
株式会社デジタルベースキャピタルは、自社の設立と、PropTechに特化した最大10億円規模のファンドを組成したことを発表しました。 デジタルベースキャピタ…
(2019/7/10)
福岡のVC「GxPartners」が初の投資を3社に実行
GxPartners有限責任事業組合は、株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズと共同で運営するファンド「九州オープンイノベーション1号ファンド」より投…
(2019/7/10)
病気を治療するアプリ開発の「キュア・アップ」が22億円調達
株式会社キュア・アップは、総額22億円の資金調達を実施したことを発表しました。 高度なソフトウェア技術と医学的エビデンスに基づいた、疾患治療用プログラム医療…
(2019/7/9)

注目のニュース

最新のピックアップニュース

創業手帳Webへの記事掲載をご希望の方はこちらからお問い合わせください

記事を掲載したい方はこちら

創業時に役立つサービス特集

創業手帳冊子版(無料)