0円から始められる!?Indeedの求人広告

創業期こそ最低限の投資で必要な人材を確保しよう

(2018/02/19更新)

近年日本企業にとって、人材の確保は大きな課題となっています。ですが、何かと忙しい創業期。いざ求人を始めてみようと思っても、求人情報誌は掲載ごとに高額な費用がかかるので、躊躇してしまう方は多いのではないでしょうか?

そんなお悩みを持っている創業者にオススメしたいのが、「Indeed(インディード)」。「仕事探しはIndeed(インディード)♪」のCMでお馴染みの世界No.1求人サイト※1です。無料で求人広告掲載を開始することができるので、費用を抑えたい創業者にとって、何よりも嬉しいシステムです。

今回はそんな「Indeed(インディード)」について、実際に利用した企業の声を交えてご紹介します。

※1 データソース元:ComScore

本文を読む

Indeedが選ばれる3つの理由

無料※2で簡単に始められる

まずメリットとして挙げられるのが、求人掲載を無料で始められることです。契約も初期費用も不要。完全無料で求人広告を投稿することができます。しかも、ご利用開始日から即掲載できるのも嬉しいシステムです。操作もシンプルで簡単なので、難しいインターネットの知識は必要なく、5分程度で投稿完了することができます。

※2 利用規約、Indeedが定める掲載基準、及び使用制限が適用されます。

あらゆる端末で対応可能

Indeedは、パソコン、タブレット、スマートフォンといった、あらゆる端末に対応しています。多様化するインターネットユーザからの応募をもれなくキャッチすることができます。

マッチング精度が高い+地元採用に強い

Indeedは中小企業100万社※3以上が利用しており、訪問数は2,070万訪問(Visit数)※4と集客力も高い数値を出しています。そのため、Indeedは、企業の「知名度」に関係なく採用サイトに集客することが可能です。

さらに、求職者の検索傾向やクリック履歴をもとに、その求職者に最適な求人情報を表示するため、よりマッチング精度が高くなります。希望している人材からの応募と採用成功が期待できるでしょう。

※3 データソース元:Indeed顧客データ(全世界)2016年12月
※4 データソース元:SimilarWeb 2017年11月

求人広告掲載までの5ステップ

1.無料アカウントを作成

メールアドレスとパスワードを入力するだけで、すぐに無料アカウントを作成することができます。

2.求人情報を入力

職種名、勤務地、仕事内容などの求人情報を画面の指示に従って入力していきます。求人情報はいつでも更新・修正可能です。編集中は非公開ですので、編集が完了してから自分のタイミングで公開することができます。

3.掲載開始

求人情報を公開すると、最大72時間以内にIndeedの求人検索結果に反映されます。
掲載についてはIndeedの利用規約・品質基準・使用制限が適用されるので、あらかじめ確認しておきましょう。

4.運用状況/応募管理

掲載後は「掲載している求人が何回閲覧されたか」といった運用状況をリアルタイムで見ることができます。管理画面で確認する他に、メールでも応募を受け取ることも可能です。

5.見直し/改善

運用状況などのデータに基づいて、運用の見直しを行うことができます。さらに、多くの応募を獲得したい場合は、常に上位検索を維持できる「有料スポンサー求人」のオプションも利用可能です。

さらに多くの応募を狙うなら「有料スポンサー求人」

「有料スポンサー求人」とは、求人にマッチするキーワードで検索された際に、求人広告を検索上位に表示するサービスです。
費用はクリックされた場合にのみ発生するので、無駄な広告費がかかりません。

こんな時には「有料スポンサー求人」
  • 短期で採用したい
  • 多くの人材を採用したい
  • ライバル会社との人材獲得で競争が激しい
  • 不人気業種で採用が難しい

実際に利用した企業にインタビューを行いました

ここで、実際にIndeedの求人広告掲載を利用した、平和自動車交通株式会社 常務取締役の杉田宏明さんの声をご紹介します。

人材不足のタクシー業界

平和自動車交通の歴史は古く、戦前に前身となる「杉田商店」を創業し、昭和24年にタクシー・ハイヤー業界に参入しました。高度経済成長期後半には、事業強化のために10社近くあった系列会社を当社に集中化し、現在は東京・横浜を拠点に業務展開をしています。

近年のインバウンド(外国人の訪日旅行)の増加や2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控えて、ドライバー需要は高まりをみせています。ですが、実際は慢性的に人手不足が続いているのが現状です。また、他業種に比べ新卒者の応募が少なく、従業員の定着率が低いという業界ならではの問題も抱えています。

これからの求人活動の課題と挑戦

当社では長年、情報誌や新聞の折り込みチラシなど、主に紙媒体を利用して求人活動を行ってきました。ときには従業員がハローワークなどでチラシを配ることもありましたが、募集数や費用対効果から見ると、あまり有効とは言えない状態が続いていました。

そこで新たな挑戦として、「Indeed」を利用し、求職する側の視点に立った、見やすくて分かりやすい求人広告の原稿制作を目指しました。

応募される方のほとんどが未経験者であることや、職種に対する誤解や偏見を払拭することを考え、出来るだけ実際の職場環境をイメージ出来るような求人内容を「Indeed」と共に考えました。Indeedの利用をはじめて半年が経った現在では、応募数が前年と比べて大幅に増え、成果として20名ほど採用に至りました。また、紙媒体と比べて費用対効果も確実に良くなりました。

さらに、スマートフォンを見て応募する方が圧倒的に増えたことも今まででなかったので、その点は本当に驚きました。

「Indeed」の無料広告掲載はこちらから!

「Indeed」の無料広告掲載及び詳細は、下記ボタンからアクセスできる公式ホームページからご覧ください。

お問い合わせはこちら

TEL:0120-34-3140 (平日 9:00~17:30)
HP:jp.indeed.com/求人広告

(監修:Indeed
(編集:創業手帳編集部)

この記事に関連するタグ

リアルタイムPVランキングトップ3

カテゴリーから記事を探す