会社設立か個人事業主どちらが向いてる?それぞれのメリットデメリットを比較しました

事業承継手帳

会社設立と個人事業主どちらが向いているか違いを理解しておこう


個人事業主は、事業を自分で営む個人を指す言葉で、自営業者とも呼ばれます。一方で、会社を設立すれば、自身とは別に会社という法人格を作って事業を行います。

同じ事業を行っていたとしても、個人事業主と会社設立ではその扱いや税制上、法律上適用されるルールが全く違う点をおさえておきましょう。
両方の特徴やメリットデメリットを理解して、事業の性質や規模に合わせ、どちらにするか選ぶようにしてください。

会社を設立するメリットは?


これから事業をスタートする人や個人事業主で仕事を始めた人は、会社を設立するかどうかが悩みどころでしょう。
会社を設立するとなると、手続きや費用も掛かるため二の足を踏む人も多くいるかもしれません。会社を設立することに、どのようなメリットがあるのか紹介します。

信用力が上がる

会社を設立するメリットは、信用力の向上です。会社を設立すれば、商号や住所、資本金といった情報が登記されます。
法務局に登記した内容は誰でも閲覧できるため、対外的な信用力向上に貢献します。
個人事業主よりも会社のほうが信用できると考える取引先は珍しくありません。特に、大手の会社ほどその傾向が強いと考えられます。

もちろん、株式会社であっても資本金1円から設立可能なので、必ずしも会社だから信用できるとは言えません。
しかし、業務内容や人の信用が最も重要ですが、その裏付けとして会社があると有利に働くことがあります。

大手企業の中には、会社の形態でなければ取引しない場合もあり、肩書や名刺で会社とあるだけで印象が違います。

求職者も安定的な雇用を求めて、個人事業主よりも会社での雇用を求める傾向があるため、優秀な人材を集めるためにも会社のほうが有利です。
今後、事業拡大のために優秀な人材を集めたいと考えるのであれば、会社設立を検討してみましょう。

資金調達しやすくなる

社会的信用のアップは資金調達のしやすさにもつながります。資金調達の方法として、多くの人が始めに考えるのが、銀行などの金融機関からの融資です。
個人事業主と法人では金融機関からの融資交渉も変わります。金融機関によっても扱いは違いますが、個人事業主は第三者保証人を求められる可能性もあります。

法人は、損益計算書と貸借対照表を必ず作成しなければいけません。財産管理が厳格な分、金融機関も融資判断しやすくなります。
さらに、株式の増資による資金調達も、会社だからできる資金調達です。増資は返済不要な資金が調達できる方法のため、財政基盤を強化するためにも戦略的に活用できます。

節税できる場合がある

会社と個人事業主では対象になる税金が違うため、どちらが得なのかを考えなければいけません。
法人のほうが節税できると感じた場合は、会社を設立するタイミングといえるでしょう。なぜ法人のほうが節税できるのかを、下記に紹介します。

所得税と法人税は課税のされ方が違う

個人事業主と会社では、支払う税金が違います。個人事業主が支払う所得税は、超過累進課税で、所得が増えれば増えるほど税率が上がる仕組みです。

一方で、法人税は事業年度に得た課税所得に一定の税率を乗じて計算します。そのため、所得が大きくなればなるほど法人税の支払いのほうが節税効果が高まります。

給与所得控除を使える

会社を設立することによって、報酬の扱いも変わります。個人事業主の場合には、事業主には給与が存在せず、経費にも計上できません。

しかし、会社を設立すれば、役員報酬として給与を受け取る立場になります。経費として役員報酬を計上でき、さらに給与所得控除も使えます。

経費の幅が広がる

個人事業主と会社では、認められる経費も違います。個人事業主は、家計用の支払いと事業での支払いの線引きが難しく、経費と認められる範囲も少なめです。

一方で、会社では会社の支払いを個人がすることはないので、経費として認められやすい点がメリットです。
自宅兼事務所のほか、自動車や生命保険料、退職金のように法人で経費にしたほうが節税面でのメリットは大きくなるケースもあります。

欠損金の繰り越しができる

会社にすることで、赤字である欠損金を10年間繰り越すことが可能です。欠損金を繰り越すと、その額を翌期以降の課税所得から控除できます。
特に、スタートしたての会社の場合、初年度は赤字でそれから利益が安定化していく可能性もあるでしょう。

欠損金を繰り越して節税でき、さらに欠損金の繰り戻し還付制度で前期に支払った税金が繰り戻し還付されます。

消費税の免税を活用できる

会社でも個人事業主でも、原則として創業して2年間は消費税の免税が受けられます。
免税とならない一部の例外はありますが、消費税の免税は利益が安定しない段階ではありがたい制度です。

個人事業主として創業し、2年後に個人事業主を廃止して会社を設立すれば、最長で4年間の免税を受けられます。

家族に給与を支払うことができる

会社にすると、家族を役員や従業員にすることも可能です。当然従業員である家族に支払った給与も経費にできるため、経費を増やし節税効果があります。

個人事業主の場合は、青色事業専従者給与として税務署へ届出をした場合にしか認められません。
家族に給与を支払って、所得を分散できれば節税方法の幅も広がります。

決算日を自由に決められる

個人事業主は決算月が法律によって決められています。個人事業主はみな、1月1日から12月31日までを1期として、12月が決算月です。
個人事業主は、自分の事業所得を申告します。会社に雇われている人は、源泉徴収され会社が申告作業をしてくれますが、個人事業主では自分で行わなければいけません。

事業の状況を税務署に必ず報告しなければならない決算は、個人事業主の悩みどころでしょう。決算月は全事業主全員に一律で適用され、勝手に変更できません。

法人の場合は、決算日を自由に決められるため、繁忙期と決算時期が重ならないように調整できます。

事業承継しやすくなる

事業を承継しやすくできる点も、会社を設立するメリットです。個人事業主の場合は、その事業主が死亡すれば預金口座が凍結するといった形で事業にも影響を及ぼします。

法人であれば、代表者が亡くなった場合でも会社の預金口座には影響しません。
会社の預金口座が凍結されたり、相続の対象になったりしないので、事業をストップしないで済む点がメリットです。

会社を設立するデメリットは?


会社設立はメリットだけではありません。会社を設立するデメリットについて紹介します。

設立と維持にコストがかかる

会社は設立するためにコストがかかります。個人事業主が開業届の提出だけで済むのに対して、会社を設立するとなれば、定款の作成や登記申請が必要です。
株式会社であれば、会社を設立するだけで定款認証費用と登録免許税で20万円はかかります。

毎年の税務申告では、赤字であっても法人住民税の均等割りは必ずかかり、さらに社会保険の負担もあります。
会社を設立する、存続しているだけでもコストがかかることを知っておきましょう。

社会保険加入が義務付けられる

法人化すると、会社が社長ひとりだとしても健康保険と厚生年金保険の社会保険への加入は義務です。
国民健康保険と国民年金に加入する場合に比べて高額になり、会社と本人が折半する形です。

特に、従業員がいる場合には、社会保険料にかかる負担は事前にシミュレーションしてください。

会計処理が複雑

会社組織では厳密に会計ルールにのっとった会計処理費が必要です。個人事業主であれば、自分で確定申告などの税務処理をしているかもしれません。

事業規模にもよりますが、会社の会計処理は専門家に相談したほうが確実です。社会保険や労働保険の手続きも経常的に発生する点も考えておかなければいけません。

個人事業主のメリットは?


個人事業主は、会社組織に属せずに事業を行います。個人事業主を選ぶメリットについて紹介します。

個人ですぐに始められる

個人事業主のメリットは、コスト面、手続き面で手軽にスタートできる点です。
会社設立と違って登記申請も不要で、開業届を提出すれば、すぐに個人事業主になります。

開業届の提出には手数料なども必要ないため、費用面で心配を抱えている人は個人事業主としてのスタートが適しているかもしれません。

会計処理が容易

個人事業主は、一般的に法人ほど厳密な会計処理は求められません。また、近年は優秀な会計ソフトも多数登場しています。
会社であれば会計処理は専門家に依頼するのが良いですが、個人事業主であれば会計ソフトでの処理も可能です。

会計処理に不安がある人は、会計ソフトを使用した処理を検討してみましょう。詳しい内容は以下の関連記事もご確認ください。

<関連記事>
会計業務の煩雑さと重要性を再確認!何を使えばどれだけ負担が減るのか?!効率化に必要なサービスや機能とは

利益が少ない時には税金の負担も小さい

個人事業主が支払うのは所得税なので、利益が小さいうちは税負担も少なく済みます。

事業規模が小さければ、経費といった処理が必要な書類も少なく、手続きも多くはなりません。赤字でも一定の費用負担がある法人と比較して大きなメリットです。

個人事業主のデメリットは?


個人事業主には、手軽にスタートできる、費用面での負担が少ないといったメリットがある一方で、事業を進めるにあたってデメリットもあります。
個人事業主にはどのようなデメリットがあるのかを紹介します。

社会的な信用が低い

個人事業主のデメリットとして、社会的信用が会社と比較して低い点が挙げられます。
会社によっては法人としか取引しないケースもあるため、事業運営にも影響するかもしれません。

個人事業主は、生活費と事業資金が明確に区分されていない場合もあり、また登記や会計資料の公開義務もありません。

加えて個人事業主の死亡や重病は、事業自体に影響してしまいます。そのような事情から、大企業ほど個人事業主との取引を慎重に行う傾向にあるようです。

社会的な信用は、人材を採用したい場合にも大きく影響します。求職者の多くは、安定していて社会保険がある雇用先が良いと考えているからです。
そのため、個人事業主の従業員、社会保険がない職場では、人材採用面では不利になる場合もあるでしょう。

優秀な人材ほど、良い条件で多くの企業から引き合いを受けます。個人事業主だと人材を集める時に、ほかの企業と比較して不利な面も否めません。

資金調達しにくい

社会的な信用が低いと、金融機関からの融資が受けにくかったり、クレジットの審査が通りにくかったりする場合もあります。

利益が増えると税負担も大きくなる

個人事業主として、所得が増えればそれだけ所得税も多くなります。所得税は超過累進課税のため、所得が増えれば増えるほど税率が上がっていきます

個人事業主としてスタートし、利益が安定した段階で、税制面で有利にするため会社を設立するケースが多いのもそのためです。

無限責任で個人負担が大きい

個人事業主は会社と違って無限責任です。つまり、借りたお金や与えた損害について全ての責任を負います

会社であれば、あくまで代表者であるだけなので有限責任です。
自分が出資した金額の範囲でしか責任はなく、法人で事業に失敗したとしても経営者に返済義務があるわけではありません。

しかし、無限責任である個人事業主は、負債を返済しなければいけません。
資産を費やしても返済できなければ、自己破産になる可能性もあります。そうなると、個人の資産も弁済に充てるため、大きな失敗をした時の責任は法人以上と言えるでしょう。

会社設立か個人事業主かを判断するポイント


会社を設立するか、個人事業主にするかと悩む人は少なくありません。どのようなポイントで考えれば良いのかを紹介します。

①事業拡大を望むかどうか?

会社を設立するかどうか考える時に大切なのが、事業のビジョンです。今後、さらなる利益の拡大や事業規模の拡大を目指すのであれば、会社の設立が合っているでしょう。

利益が大きくなればなるほど税制面でお得です。資金調達もしやすくなるため、事業拡大時にも会社のほうが有利です。

②所得がいくら見込めるか?

会社を設立すると納める税金が変わります。個人事業主としてスタートした場合は、所得がどのくらいになったかが判断基準のひとつです。
個人の所得税よりも法人税のほうが有利になる基準は利益がおおよそ800万円です。

しかし、経費に算入できる範囲が増えるといったメリットもあるため、利益がおおよそ500万円を超えたら会社設立を考えても良いでしょう。
事業の内容や規模によって不利になる人もいるため、まずは専門家に相談してください。

③個人事業主でも問題がない事業か?

事業の内容によっては、個人事業主では許認可がおりない、そもそも事業ができないものもあります。
また、テナントやオフィス、業務用リースでも法人にしか貸さないといった条件が課せられる場合もあります。

事業の継続性や成長により、法人化したほうが節税面でも大きいため、個人事業主としてスタートした後に、ゆくゆくは法人化を検討すると良いでしょう。
法人化した場合のメリットは、以下の記事を合わせてご参照ください。

<関連記事>
法人成りとは?個人事業主が「法人成り」をする5つのメリットと手続きについて解説!

まとめ

個人事業主は手軽にスタートできますが、事業を続ける上での制限も多くあります。
利益や事業規模の成長に合わせて、会社設立か個人事業主か適した形態を選んでください。

中には、事業を成功させる、拡大する覚悟をするために会社を成立するケースもあります。会社を設立した場合の費用や変化を考えて選ぶようにしましょう。

創業手帳の冊子版(無料)は、会社設立や事業拡大のように、起業後に必要な情報を掲載しています。起業間もない時期のサポートにお役立てください。
関連記事
普通の人が起業するには。起業の成功に大切な5ステップを創業手帳の大久保が解説!
会社設立に最低限必要な費用はいくら?主な法人形態別に解説

(編集:創業手帳編集部)

このカテゴリでみんなが読んでいる記事
創業手帳
事業承継手帳
この記事に関連するタグ
創業時に役立つサービス特集
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ