【速報】6ヶ月で築き上げた成果を披露!BusiNestアクセラレーターコース 第4期ファイナル・デモ

創業手帳

創業手帳もスポンサーとして参加しました

(2018/02/23更新)

中小機構の研究施設である、中小企業大学校東京校内に開設された、創業・新事業支援拠点「Businest(ビジネスト)」。
創業のアドバイスやデザイン支援に加えて、起業家のためのメンター制度や各種セミナー、活動スペースの提供などを展開している支援拠点です。
今回は、そのBusiNestが行なっている支援の一つで、2月22日(木)に開催された「BusiNestアクセラレーターコース」のファイナル・デモの様子をお届けします。

本文を読む

BusiNestアクセラレーターコースとは

「BusiNestアクセラレーターコース」とは、高成長ビジネスでの起業や新規事業立ち上げを目指す個人やグループ・中小企業を対象にした、BusiNestが行なっている支援コースの一つです。

参加企業は、総勢29名のメンターの指導のもと、6ヶ月という短期期間でビジネスプラン・事業を加速させ、プログラム終了までに新サービスの開始・資金調達・顧客獲得を目指しています。

今回で第4期となる「BusiNestアクセラレーターコース」では4社が参加し、創業手帳もスポンサーとして最終ピッチを見守りました。

参加企業

今回のテーマは※「IoT」。4社とも自身が感じた課題とIoTを結びつけた事業を発表してくれました。

※IoT:「Internet of Things」の略で、ありとあらゆるモノがインターネットに接続すること。

株式会社Connpayto 代表取締役 窪田 仁

事業内容:Payee(ペイ・イー)サービス

生命保険の請求者が行う「請求書類の請求金額」・「診断書の申請手続き」・「公的証明書の申請手続き」などを簡単に、気軽に、安全に行うサービス。面倒な「請求手続き」の自動化を目指しています。

Sake Tamu Project 〜お酒を楽しく嗜む〜 代表者 仲村 健太

事業内容:お酒の飲み過ぎを防ぐウェアラブルデバイスサービス

「身に着けて飲んでいるだけで、酔いの度合いを検知して伝える」ウェアラブルデバイスサービス。一般消費者とアルコール検知ニーズのある企業や病院を想定しており、お酒の良さを味わえる世の中にすることを目指しています。

pamz.株式会社 代表者 北條カズ美・宮嶋 宏

事業内容:トラベルアプリプラットフォーム「pamlo」

旅行時の便利機能を、AR(拡張現実)を軸に一つにまとめたサービス。
すでに大田区のイベントで試験運用されており、今後は静岡県での試験運用も予定されている事業です。

ハチたま株式会社 代表取締役 堀 宏治

事業内容:スマートねこトイレ「TOLETTA(トレッタ)」

ねこがもっともかかりやすい泌尿器系の病気を早期発見できるトイレを開発している企業です。
画像認識や尿量・体重の変化を検知して、ねこの体調を把握することができます。

創業手帳賞はこの企業でした!

スポンサー賞として、創業手帳から表彰させていただきました。

ハチたま株式会社 代表取締役 堀 宏治氏(写真向かって右側)に賞を贈る、創業手帳編集部 M

「創業手帳賞」を贈らせていただいたのは、ハチたま株式会社です!
4社とも社会課題にしっかり向き合った事業内容で、先行するのにとても悩みましたが、ねこの病気にフォーカスしたアイディアと、事業の完成度が賞を贈る決め手となりました。
今後もさらなる事業の拡大ができることを期待しています!

BusiNestアクセラレーターコース 第4期ファイナル・デモ 概要

【日 時】 2018年2月22日(木)16:00〜 (15:30開場)
【場 所】 中小企業大学校 東京校 講堂

(編集:創業手帳編集部)

この記事に関連するタグ

創業時に役立つツール特集

リアルタイムPVランキングトップ3

カテゴリーから記事を探す