起業したら法人カードが絶対におすすめな4つの理由

資金調達手帳

起業したらすぐに作りたい法人カード。創業期におすすめなのはどのカード?

クレディセゾンバナーデータ_20151218_2

(2018/10/4更新)

起業して銀行口座を開設したら、次は法人カードを作るのがおすすめです。

とはいえ、そもそも法人カード特有のメリットについて知らない方が多いのではないでしょうか。加えて、会社を設立したばかりの時期に取得するのはハードルが高いと考え二の足を踏んでいる人も少なくないでしょう。
buisinesscard

本文を読む

実際のところ30名以下の中小企業を対象とした調査によると、法人カードの利用率はわずか23%に留まるといいます。

しかし法人カードは、経費管理の効率化をはじめ、創業期の重要課題であるキャッシュフローやコスト削減など、多方面に大きなメリットをもたらす、おすすめのツールです。最近では起業したばかりの会社にも配慮し対応してくれる法人カードも増えつつあるので、導入を検討してみましょう。

では実際に法人カードを持つと創業期の経営にどんなメリットをもたらすのか、その内容を下記にまとめました。

法人カードがおすすめな4つの理由

merit2-1MERIT1

①経費の処理・管理を一本化できる
法人カードをおすすめする一つ目の理由は、支払先を一本化することで経費管理が楽になることです。

法人カードは個人のカードに比べ利用可能枠が大きく設定されることが多いです。特に起業初期には設備資金や仕入れなど、まとまったお金を動かす機会も多いでしょう。

そんな時に個人カードだと利用可能枠が足りず、複数のカードを使用せざるを得なくなってしまいます。そうなると支払先が分散してしまい元も子もありません。個人とは別の法人カードで「1枚運用」がおすすめです。

merit2-1MERIT2

②支払い猶予が生まれ、キャッシュフローが改善

起業間もない企業に特におすすめな理由が、キャッシュアウトまでに支払い猶予を生みだすことができる点です。

カード会社によって支払サイトは変わりますので、法人カードを選ぶ際には締め日/支払日をチェックしましょう。また、経費の支払先を一本化することによって資金計画を立てやすくなり、キャッシュフローの改善にも役立ちます。

経費を法人カードでコントロールし、安定したキャッシュフロー経営を確立しましょう。

merit2-1MERIT3

③経費精算業務にかかる時間と労力を大幅削減できる

月々の公共料金、携帯電話料金の支払いから、交通費、旅費、ちょっとした備品の購入までカードでまとめて決済することで、仮払い・精算・立替などの手続きが一気に不要になります。また、利用明細書で支払記録が正確に残り、精算書をまとめるのが楽になるという点も、法人カードをおすすめする理由の一つです。

起業初期は他の担当者が経理を兼務したり、経営者自ら経理業務を行なっているケースも多いでしょう。法人カードでムダな作業を効率化して、本来の仕事に時間を充てましょう。

merit2-1MERIT4

経費削減に役立つさまざまな特典・付帯サービス

法人カードは経費処理を楽にするだけでなく、さまざまな優遇サービスを受けられるという点でもおすすめです。

例えば、海外・国内旅行時の傷害保険が付いていたり、空港のラウンジを無料で使える特典などがあります。

なかにはポイントやマイルなどの優遇が受けられるものもあり、大きな支払いを行なうことが多い法人カードの場合、それだけ大きな還元を得ることができます。

特典を有効活用することで経費削減にもつながりますので、法人カードを選ぶ際には特典内容にもこだわることをおすすめします。

起業初期の経営者におすすめの法人カード

せっかく法人カードを作るなら、経営を強力にバックアップしてくれる1枚を選びたいものです。

そこでおすすめなのが『セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード』です。
saison-card
株式会社クレディセゾンカード事業部AMEX推進部の稲垣さんに話を聞きました。

稲垣さん:経費や労力の削減など経営者の皆さまの課題解決を目的に設計したカードですので、どんなビジネスシーンにも対応できる実用性の高さが特徴です。

法人カードを作るためには一般的に2年以上の社歴が必要と言われていますが、このカードは会社ではなく代表者様個人に対して与信審査を行なうため、社歴の少ない起業家の皆さまにこそお申し込みいただきたいカードです。

利用可能枠の設定も柔軟に対応させていただきますので、ぜひご相談ください!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードの4つのメリット

merit2-1MERIT1

①ビジネスユースのための利用可能枠

ビジネスユースに対応できるよう、一般的な法人カードに比べて利用可能枠が余裕を持って設定されています。

仕入れなどの高額決済も対応できるので、支払いの一本化が実現します。

会員用WEBサイトで3ヶ月分のカード利用状況一覧やcsvファイルのダウンロードもできるので、会計システムとの連動も容易です。

※利用可能枠の設定には審査があります。

merit2-1MERIT2

最長64日の支払猶予でキャッシュフローにゆとり

法人カードの支払いサイトは最長で55日程度のケースが多いですが、『セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード』では、最長64日の支払い猶予が生まれます。

創業期のキャシュフローコントロールにとって重要事項なだけに、大きな利点といえます。

merit2-1MERIT3

③多忙な業務を支援するコンシェルジュ・サービス

法人カードの中では最高グレードのプラチナカードなだけに、24時間365日対応の「コンシェルジュサービス」を利用することができます。

接待用のレストランの予約や出張時の交通手段などの煩雑な手配を、電話一本で専任スタッフへ任せることができるのです。

時間に追われ忙しいベンチャー企業の経営者にこそ活用して欲しいサービスです。

merit2-1MERIT4

④有効期限のない永久不滅ポイントが貯まる

ポイントのつかない法人カードもある中、『セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード』なら、1000円(税込)につき1ポイントの永久不滅ポイントが貯まります。

貯まったポイントはマイルや多彩なアイテムに交換できるほか、カード利用代金の支払いにも充当できるので、経費節減に役立てることができます。

法人カードのお申し込み・お問い合わせはこちら

法人カードのお申し込みは、下記ボタンからどうぞ!

また、カードに関するご質問・お問い合わせはこちらのメールアドレスまでご連絡ください。
クレディセゾン AMEX推進部の稲垣さんが全面的にサポートします!

株式会社クレディセゾン AMEX推進部 稲垣
メールアドレス:cl-amex050@cs.saisoncard.co.jp
※メールの件名に「創業手帳」を入力してください。

詳しい資料を無料でお届けします!

クレディセゾンの資料を無料で差し上げています。詳細を知りたい方は下記ボタンより資料請求してください!

※このカードは株式会社クレディセゾンが発行・運営しています。「アメリカン・エキスプレス」はアメリカン・エキスプレスの登録商標です。 株式会社クレディセゾンはアメリカン・エキスプレスのライセンスに基づき使用しています。

※記載の内容は2017年9月1日時点のものです。 変更になる場合もございますのでご了承ください。

(取材協力:株式会社クレディセゾン
(創業手帳編集部)

関連記事:法人カードのメリットや特典を理解して会社の経費を削減しよう
法人カード比較!おすすめの法人クレジットカード4選!

この記事に関連するタグ

創業時に役立つサービス特集

リアルタイムPVランキングトップ3

カテゴリーから記事を探す