エンジェル投資家とは?良い投資家に出会うためのポイントをお伝えします。

創業手帳

起業を成功させるために知っておくべきエンジェル投資家のメリット・デメリット、探し方を解説


エンジェル投資家は、起業家や会社に出資してくれる個人投資家です。
実績が不足している場合でも出資してもらうことができ、起業を目指す人にとってエンジェルのようにありがたい存在にも思えるかもしれません。

しかし、エンジェル投資家の出資には、メリットだけでなくデメリットやリスクもあります。
エンジェル投資家に出資してもらいたい場合には、事前に悪い面や注意点も十分に検討することが大切です。

エンジェル投資家のメリットとデメリット、注意すべき点を解説します。また、実際にエンジェル投資家を見つけるための方法も紹介します。

創業手帳では、別冊版「資金調達手帳」にて資金調達のノウハウを詳しく解説。現役エンジェル投資家やベンチャー・キャピタル(VC)出資担当者などのインタビュー記事も多数掲載。無料でお届けしますので、あわせてご活用ください。

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください。

エンジェル投資家とは


エンジェル投資家とは、起業したい人や創業後間もない企業などに対して資金援助をする投資家のこと。
個人投資家や引退後の事業家などが行うことが多いようです。投資・出資は、元金の返済義務はないため、出資した金額が泡と消えることもあります。
そのため、比較的資金に余裕がある人でないとエンジェル投資家にはなれません。

ハイリスク・ハイリターンの投資

エンジェル投資家の行う投資は、他の投資に比べてハイリスク・ハイリターンです。そもそも投資や出資した資金には、返済義務がありません。
投資した事業が成功したり、企業が上場したりした場合には、利益を得られることもありますが、成功するケースばかりではないでしょう。

エンジェル投資家がターゲットにするのは、まだ実績もない(または少ない)相手であり、その将来性や成功の可否は予想が難しいものばかりです。
事業が当たれば見返りは大きいかもしれませんが、失敗する可能性も少なくありません。
それでも、多くのエンジェル投資家は、若き有能な起業家や未知数の可能性を持つ企業に対し、成長を期待して自らの資金を援助します。

日本では数少ない

エンジェル投資家になるためには、ある程度の資産を築いている富裕層であることも必要な条件です。
ハイリスクな条件を省みず投資する気持ちやリスク管理の能力も欠かせません。そのため、エンジェル投資家になるのはハードルの高いことと言えます。
特に、日本ではエンジェル投資が活発に行われているとは言い切れません。

一方、アメリカではエンジェル投資家の活躍によって多くの起業家が生まれ、育ちました。
日本でもエンジェル投資を促すための措置が始まりましたが、あまり活用されてはおらず、エンジェル投資を期待する起業家にとっては喜ばしいとは言いにくい現状です。

エンジェル投資家が出資する目的


エンジェル投資はハイリスクな投資方法ですが、なぜエンジェル投資家は実績のない起業家への出資を行うのでしょう。
エンジェル投資家にはいくつかの目的や使命に従って行っているケースがあるようです。

株式の売買益

あくまでもビジネス目的、利益追求を目的で出資するエンジェル投資家は少なくありません。
ハイリスクではあるものの、成功した時のリターンも大きく、巨額なリターンを得るために多少のリスクには目をつむるといった考え方です。
エンジェル投資家が名もなき起業家に出資するのは、慈善や優しさではなく、そこに隠れている実業家としての才覚や事業成功への期待からです。

起業家支援・社会貢献

起業家支援・社会貢献のためという崇高で純粋な気持ちを持ったエンジェル投資家も多いと言われています。出資する相手は実績がなく、成功の可能性も分からないもの。
一部のエンジェル投資家は、支援や応援したい、社会の役に立ちたいといった利益を度外視した観点に立っています。

元起業家で、事業で苦労をした経験などから、後輩、後進を支えたい、後押ししたいと思う人がこれに当たります。

経営の勉強

企業に出資すると、その企業の経営に携わることができます。
そのため、経営を学びたい、リアルな企業経営の様子を見たいためにエンジェル投資を行うケースもあります。

自分も起業家であれば、同じく起業したばかりの経営状況や経営課題の乗り越え方を学び、自分の事業に生かせるかもしれません。

虚栄心

エンジェル投資をする人の中には虚栄心や注目を浴びたい、業界に名を残したい気持ちでやっている人もいるでしょう。
ある程度成功を収め、富を築くと、それだけでは物足りなく感じ、名声を手にしたいと感じるかもしれません。
エンジェル投資した企業が成功を収めれば、投資家として注目され、虚栄心を満たせます。

ベンチャーキャピタルとエンジェル投資家の違い


起業家や会社への投資を行うものとして、エンジェル投資家の他にベンチャーキャピタルもあります。
エンジェル投資家とベンチャーキャピタルの違いは個人と法人ですが、規模の違いによって様々な面で差が生まれやすくなります。
エンジェル投資家とベンチャーキャピタルの違いに注目し、支援を受ける際の比較をしてみましょう。

出資の審査の厳しさ

エンジェル投資家とベンチャーキャピタルでは、出資審査の厳しさに大きな差が生まれます。
エンジェル投資家も無条件で出資するわけではありませんが、エンジェル投資家は個人のため、ベンチャーキャピタルのような組織立った審査は行いません
ベンチャーキャピタルも将来有望な起業家に将来性を期待して出資しますが、その審査は銀行融資並みの厳しさと言われています。

出資される金額

エンジェル投資家とベンチャーキャピタルでは、出資される金額にも違いがあります。個人であるエンジェル投資家の出資金額は、一般的に100万円~1000万円程度です。
しかし、ベンチャーキャピタルでは、それ以上の規模の投資も行われています。一般的には、ベンチャーキャピタルでは億単位の出資が可能です。

経営への関与

エンジェル投資家とベンチャーキャピタルでは、経営への関与の度合いも異なります。
ベンチャーキャピタルでは資金回収のために、事業内容や経営方法に介入してくることが多くなるかもしれません。
経営者側も、大規模な出資を受けているため、断りにくく、やりたい方向を諦めざる得ないこともあるでしょう。

金融機関とエンジェル投資家の違い


エンジェル投資家からの出資は、金融機関からの資金調達とも異なる方法です。投資と融資の違いや規模の違いなど、金融機関との違いも把握しておいてください。
この2つは根本的に異なる資金調達の方法なので、どちらを選ぶかによって将来的な資金計画も変わってきます。

融資と投資

エンジェル投資家からの資金調達は投資であり、返済義務はありませんが、金融機関からの資金調達は融資であり、返済や利息の支払いが必要です。
エンジェル投資の目的は利益だけに留まらず、支援や社会貢献も含みますが、金融機関は基本的にビジネスとして資金を貸します。
そのため、ベンチャーキャピタル同様に資金回収のための介入もありますし、回収できない時のために担保が必要なこともあります。

出資の審査の厳しさ

金融機関の融資は、エンジェル投資家の出資よりも審査が厳しくなります。これもベンチャーキャピタルと同じですが、組織として機能しているため当然のこと。
実績の少ない(または、まったくない)スタートアップ企業では審査が通らないことも少なくありません。特に、大手都市銀行では審査が厳しい傾向です。

ただし、公的な機関による融資では審査が柔軟でスタートアップ企業にも対応してくれる商品はあります。

出資される金額

エンジェル投資家の出資と金融機関の融資では、調達できる金額も異なります。
金融機関は組織であり、さらにビジネスで融資を行っているため、規模の大きな資金調達も可能です。
ただし、審査によっては借り入れできる金額の上限が希望金額に及ばないケースもあるかもしれません。

エンジェル投資家から出資を受けるメリット


エンジェル投資家から出資を受けるメリットを解説します。
他の資金調達の方法と比較して、エンジェル投資家からの出資には安心感があり、金額以上のメリットが得られるでしょう。

資金返済の義務がない

エンジェル投資家からの出資は、基本的に返済義務がありません。エンジェル投資は出資なので、金融機関の融資とは違い、返済を気にせず資金を使えます。
もちろん、利息も発生しませんし、仮に事業が失敗してしまった場合も借金だけが残るリスクもありません。

経営へのアドバイスが得られる

エンジェル投資家からの出資を受けると、金銭面だけでなく経営のアドバイスなどの支援も受けられることがあります。
支援の気持ちから、エンジェル投資を行っている投資家に多く、後輩を育てたい善意から親身になってもらえます。
こうした投資家は事業家としても経験と実績があるため、経験の浅い起業家にとっては有益な情報も多いはずです。

人脈が広がる

元起業家や実業家であったエンジェル投資家は、人脈も広く、そのネットワークを事業に生かせるかもしれません。
若く実績のない起業家にとって人脈作りは難しく、時間がかかります。
しかし、エンジェル投資家の力を借りれば、すでに作られた人脈をそのまま生かせるでしょう。

エンジェル投資家から出資を受けるデメリット


エンジェル投資家の出資にはデメリットもあります。
メリットと比較してデメリットが気になる場合には、他の資金調達方法も検討すると良いかもしれません。

経営に関与してくる可能性も

エンジェル投資家から出資を受けると、経営にまで関与してくる可能性もあります。
出資の規模が小さく、経営権を奪われることはありませんが、自らの実績や経験からの意見を押し付けるの投資家に出資を求めると、後でやりにくくなるかもしれません。

全く関与しない投資家もいて、人によってタイプは異なります。

出資額が低い場合が多い

エンジェル投資家の出資額は、ベンチャーキャピタルや金融機関よりも少額の場合が多いもの。
そのため、一度に多額の出資を受けたい場合には、エンジェル投資家では不十分なケースもあります。
起業して間もない頃には少額の出資でも十分かもしれませんが、事業を発展していくタイミングでは、エンジェル投資家の出資の範囲では足りないかもしれません。

会社を成長させる責任が伴う

エンジェル投資家の出資には返済義務はありませんが、やはり出資してもらった以上は事業を成功させ、会社を成長させる責任があります。
自己資金だけで行った事業であれば、失敗しても自己責任で終わりますが、投資家が出資した場合には投資家から成功と成長を要求され、その責任が生じます。

投資家を見つけにくい

エンジェル投資家の出資を受けるためには、その当事者に出会う必要があります。
ところが、エンジェル投資家は組織ではなく個人のため、出会うチャンスが少なく、見つけにくいかもしれません。
エンジェル投資家を見つけたい場合には、次の項をチェックして、可能な方法を試してみましょう。

エンジェル投資家を探す方法


エンジェル投資家は見つけるのが困難ですが、以下のような方法であれば投資家を見つけて出資のためのアプローチができるかもしれません。
自ら積極的に動くのは起業家としての才覚を示すことなので、エンジェル投資家から出資を受けて起業を目指しているなら、試してみてください。

直接アプローチをする

エンジェル投資家に出会うためには、個人的にアプローチを直接仕掛けると良いです。
効率的に出会い、ピンポイントに売り込めるため、時間をかけたくない人におすすめです。

SNSで連絡をしたり、コネやツテを使って紹介してもらったりして、チャンスを掴みましょう。
ただし、無名の起業家がSNSで突然話しかけても相手をしてもらえないもしれません。
SNSも運用してフォロワー数を増やしておく、発信内容に注意する、実名で発信するFacebookを使うといった工夫も必要です。
また、知り合いのツテによる紹介は、SNSよりも信用度が高く、強みになるはずです。

交流会やセミナーなどに参加する

ビジネス系の交流会やイベント、セミナーなどへの参加も、人脈を増やし、エンジェル投資家に出会うチャンス。
投資家の出席する会合に参加できれば、直接対面でアピールできる機会にかもしれません。

しかし、実際に都合の良い会合が催されるとは限らず、会えるとも限らないため、日ごろから情報に目を光らせて、チャンスを逃さないようにする必要があります。

ピッチコンテストに参加する

ピッチコンテストとは、自社のビジネスのアイデアをプレゼンテーションするコンテストのこと。
こうしたコンテストでは、エンジェル投資家が審査員を務めているケースも多く、知り合うチャンスになるかもしれません。
エンジェル投資家に知り合うだけでなく、同時にビジネスアイデアのプレゼンも聞いてもらえて一石二鳥

また、優秀なアイデアには賞が与えられ、副賞として賞金や支援金も受け取れます。
起業家としての手腕を試す意味で参加しても、十分に実りのあるコンテストです。

マッチングサイトを利用する

エンジェル投資家に出会うためには、マッチングサイト、マッチングサービスも利用できます。
投資家と起業家を結びつけるサービスであり、エンジェル投資家も投資先を求めているため、話がまとまりやすくなるかもしれません。

エンジェル投資家から出資を受ける際のリスクと注意点


エンジェル投資家からの出資にはデメリットもあり、実際に出資を受けたい場合には以下の点に注意して慎重に行動しましょう。
出会ったエンジェル投資家との相性はもちろんのこと、投資話の信ぴょう性にも目を向けることをおすすめします。

経営権が握られる可能性がある

エンジェル投資家の中には、経営に深く関わりたい人もいます。そういった人に出資してもらうと、後々経営権を握られるリスクも出てきます。
見返りとして株の所有率を高くするよう要求される場合、注意が必要です。投資家が起業家よりも多く出資していると、経営の実権を握られてしまうかもしれません。

対策としては、事前の契約によって投資家の果たすべき義務などを定めておくことが考えられます。

詐欺に遭う可能性もある

エンジェル投資家を装った詐欺にも注意が必要です。エンジェル投資家は個人なので、装うことも簡単です。
投資する前に少額の保証金を請求される、情報商材やセミナーを売り込まれるなど、出資という甘い罠で起業家をだまそうとするかもしれません。

また、投資ではなく融資を進められたりするケースもあります。

起業家として認められる努力を

エンジェル投資家は、成功する前の起業家を見定め、出資の可否を決定します。
実績もない起業家がエンジェル投資家に認めてもらうためには、事業計画を魅力あるものに仕上げる、プレゼン方法を工夫するなど、努力が必要です。
また、エンジェル投資家が応援したくなる起業家の人物像を分析し、人として成長することも大切です。

金融商品取引法における発行開示規制に該当するリスク

証券の売り出しや募集のする際には、金融商品取引法における発行開示規制が適用されます。
マッチングサイトでの投資家募集は規制に該当する行為となり、発行開示規制への対応が必要となることがあります。
マッチングサイトにはそれ以外のリスクも多いため、マッチングサイト以外の方法を使ったほうが安心できるかもしれません。

まとめ

エンジェル投資家の出資には、ベンチャーキャピタルや金融機関など、企業からの融資と比べてメリットがあります。
しかし、個人投資家であるがゆえのデメリットやリスクも大きいものです。
そのため、エンジェル投資家ばかりにこだわらず、別の方法で資金調達を目指すことも考えたほうが良いかもしれません。

エンジェル投資家のメリットを認め、実際に出資を受ける場合にも、投資家を見極め、慎重に行動しましょう。
また、投資家が出資したくなるような起業家となるために、自身の努力も欠かせません。

創業手帳では、別冊版「資金調達手帳」にて資金調達時によくある相談事などについての解決策が掲載されています。無料でお届けしますので、あわせてご活用ください。
関連記事
【基本編】VC、CVC、エンジェル投資家とは?それぞれの特徴と資金調達を受ける時のポイント
ベンチャー企業がVC,CVC,エンジェル投資家から資金調達する方法【実践編】

(編集:創業手帳編集部)

このカテゴリでみんなが読んでいる記事
創業手帳
この記事に関連するタグ
創業時に役立つサービス特集
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ