動画を利用して”伝える”から”伝わる”へ!企業が動画を活用するメリットとは

動画発信のメリットとは?企業が知っておきたい動画の活用方法と制作のコツ

動画活用

(2020/10/28更新)

動画産業の発展に伴い、マーケティングや社内研修に「動画を活用する事例」が増加しています。なぜなら、動画コンテンツの発信は、多くのユーザーに対して効率的に情報を伝えられるからです。

そこで今回は、「動画発信の媒体の選び方」や「動画コンテンツの活用方法」をご紹介します。最後まで読むことで、社内向け・社外向けの動画発信のコツがわかるでしょう。

企業が動画発信を活用するメリットとは?


まずは、企業が動画発信を活用するメリット3つをみていきましょう。

多くのユーザーに見てもらえる

文字(Webサイトなど)での情報発信と比較して、動画コンテンツは「情報を得るまでの手間が少ないこと」が特徴です。例えば、YouTubeであれば、再生ボタンをクリックするだけで、ユーザーが受動的に動画を視聴できます。

最近では、動画配信を中心とした新たな働き方として、YouTuberが職業として注目されており、動画による情報取得は一般的になりつつあるのです。

実際に、YouTubeの日本国内におけるアクティブユーザー数は、2018年の調査時点で月間6200万人を超えており、17歳~60代後半までの幅広い年齢層で利用されています。

また、一般財団法人デジタルコンテンツ協会の「動画配信市場調査レポート2020」によると、2019年の動画配信の市場規模は、2,770億円(前年比約126%)を記録しました。

従来の「文字による情報取得」よりも手間が少なく、受動的に視聴できるため、より多くのユーザーに見てもらえることが動画発信のメリットです。

短時間で多くの情報を発信できる

動画コンテンツを活用することで、短時間で多くの情報を発信できます。例えば、1分ほどの短い動画であっても、一般的なWebサイトにおける3600ページ分(約180万文字)の情報量があると言われています。

また、1971年にアメリカの学者アルバート・メラビアンが提唱した「メラビアンの法則」によると、人間は情報を取得する際に「視覚から55%」「聴覚から38%」「言語から7%」の割合で、脳内にインプットをしているそうです。

動画コンテンツは、紙媒体やWebサイトのように文字単体ではなく、「映像」「音声」「文字」の3つの要素を含んでいるため、より記憶に残りやすい媒体として活用できます。

SNSとの相性の良さ(SEO対策に最適)

動画コンテンツは、「Twitter」「Instagram」といったSNSとの相性が抜群です。企業専用のSNSアカウントを作成して、定期的に動画を投稿すれば、より多くのユーザーに拡散できます。

例えば、Twitterでは「フォロワー数の多いインフルエンサー」にリツイートされることで、想定以上のユーザーに情報を届けられます。

またYouTubeの場合は、検索エンジン大手の「Google」が展開しているため、SEO対策(検索エンジン最適化)をしたい企業におすすめです。

動画タイトルにキーワードを含むと検索結果の上位に反映されやすくなるため、「SNS経由以外のユーザー」に対する拡散方法として活用できます。

動画コンテンツの活用方法


動画コンテンツの活用方法は、「社内向け」「社外向け」の2種類に分かれます。ここでは、それぞれの活用方法を具体的にご紹介します。

社外向け動画コンテンツの活用方法

  • 自社商品やサービスの販促広告
  • 企業のブランディング
  • 就活生向けの採用動画

社外向け動画コンテンツは、「自社商品・サービスの販促広告」や「企業のブランディング」で活用できます。

企業のプロモーション活動を行う際に、動画コンテンツを活用することで、ユーザーに対して鮮明に記憶に残る広告を発信できるでしょう。

また、就活生に自社情報を伝えるときも、動画コンテンツのほうが効果的です。

多くの企業で採用説明会はありますが、文章や写真だけのパンフレットを使用するのではなく、動画コンテンツを取り入れて差別化することで、就活生からの印象を高められます。

社内向け動画コンテンツの活用方法

  • 新人研修動画
  • 社内マニュアルの動画化

社内向け動画コンテンツは、社員の育成やマニュアルとして活用できます。紙媒体で説明していたものを動画化することで、業務の手順を視覚的にインプットできるため、文字だけの情報よりも理解度が深まるでしょう。

また、動画コンテンツを利用することで、分厚い紙のマニュアルを用意する必要がなくなります。最後までしっかりと内容を視聴しやすくなり、短時間で情報を吸収できるため、従業員の経費削減にもつながります。

どこで動画を発信するべき?


企業が動画コンテンツを発信するときは、「どの媒体を選ぶか」が重要です。社外向け動画コンテンツの場合は、より多くのターゲットに対して拡散するため、動画サイトの会員数や年齢層を意識する必要があります。

また、社内研修やマニュアルとして動画コンテンツを制作する場合は、従業員が視聴しやすいプラットフォームで発信しましょう。

以下の表に、それぞれの特徴や活用方法をまとめました。これから動画コンテンツを活用する方は、ぜひ参考にしてください。

<社外向け動画の発信>

特徴・活用方法
企業HP 企業の概要・製品・サービスの紹介、また新規顧客開拓や営業ツールとしての活用。
OOH(交通・屋外広告) 不特定多数のユーザーに対して、動画の視聴機会を設けられる。場所・時間などの条件を活かした広告発信ができる。
YouTube 消費者のニーズを埋めやすい。「視聴回数の多い動画」に関連した動画コンテンツを作成することで、潜在的なユーザーを獲得できる。
Instagram 動画だけでなく、画像も活用して発信できる。フォロー機能によって、固定視聴者の獲得も狙える。
TikTok 動画発信のハードルが低い。中高生の年齢層(10代)で流行しているため、ターゲットを絞りやすい。
LP(ランディングページ) 文章に付け加える形で情報提供できる。ユーザーの滞在時間が増えることで、購買意識を高められる。
メールマガジン 文章による説明が不要。ターゲットに対して、動画を直接発信できるため、効率的に販促を行える。

<社内向け動画の発信>

特徴・活用方法
社内専用サイト 社内研修やマニュアルで活用できる。セキュリティ面を強化することで、社外秘情報の掲載も可能。
Zoom ライブストリーミングと既存動画の発信が可能。ビデオ会議で使用している企業では、使い方を学ぶ手間を省ける。

動画コンテンツを制作するコツ


社内向け動画コンテンツは、研修やマニュアルとして自社従業員のみで共有することから、広告色を意識する必要がありません。

一方で、社外コンテンツを制作する際には、ターゲットに対して自社ブランディングや商品・サービスを分かりやすく伝える必要があるため、プロの編集者への依頼も視野に入れましょう。

社内向け動画は新人に依頼する

  • コストを下げられる
  • 完成までに時間がかからない
  • 業務内容の習熟に最適である

社内向け動画コンテンツは、研修課題として新入社員に任せることで、制作コストを下げられます。外部発注によって動画を制作すると、動画の長さにもよりますが、専門の企業に依頼した場合は数十万円、個人に依頼した場合でも数万円の費用が必要です。

また、動画が1本完成するまでに数ヶ月かかることもあるため、社内研修・マニュアル動画は、外部発注での制作には適していません。

一方で、社内研修・マニュアル動画の制作は、新入社員にとっては「自社のルール」や「業務内容」を学ぶ機会として最適です。

自身が学んだ知識を、他人が見ても分かりやすいように動画に反映することで、業務への理解度が深まるでしょう。

また、相手の立場に立って考えられる力が身につけば、動画編集スキルだけでなく、将来的な営業スキルなどの習得も期待できます。

社外向け動画は専任やプロに依頼する

  • 質の高い動画コンテンツを発信できる
  • 商品やサービスの広告に最適である

昨今の動画産業の発展により、YouTuberのような個人による動画配信だけでなく、企業や団体による動画マーケティングが増加しています。

しかし、誰でも手軽に動画コンテンツを制作できるものの、動画のクオリティが低かったり、ターゲットを絞らずに発信してしまったりすると、期待している成果は得られません。

商品・サービス向けの動画広告は、ターゲットに響くような「映像」「音質」「構成」「編集」といった要素が重視されます。

プロの動画編集サービスに依頼して、ブランディングや広告に適した構成作り、自社にないようなアイデアの活用、さらには高品質の機材により、クオリティの高い動画コンテンツを発信しましょう。

動画コンテンツは初心者でも簡単に作れる

動画コンテンツを制作した経験がなくても、手軽に作れる時代になりました。専用の動画編集ソフトウェアが販売されているため、手順に沿って利用することで、誰でも動画制作にチャレンジできます。

これから動画コンテンツの発信を検討する場合は、手始めに「自社の企業紹介」や「役員プロフィール」など、社内向けの情報をHPにアップロードしてみましょう。

現代のWebマーケティングにおいて、動画コンテンツは必要不可欠な手法になりつつあります。企業全体で動画発信への理解度を深め、用途に合わせて活用してください。

創業手帳の冊子版では、経営者や企業にとって必要なマーケティング手法を解説しています。無料で配布しているので、Web版とあわせてご活用ください。

関連記事
月3万円から始める動画広告入門!スタートアップ企業に動画広告が最適である理由
SNS発信を始めてみよう!まず大切なのは続けるための心構え【頼藤氏連載その1】
こちらのカテゴリをご覧になっている方へおすすめしたい創業手帳冊子

(編集:創業手帳編集部)

広報は最新号の創業手帳(冊子版・無料)も併せて読んで見て下さい。

この記事に関連するタグ

創業時に役立つサービス特集

リアルタイムPVランキングトップ3

カテゴリーから記事を探す

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ