ホーム > 教えて先生!Q&A > 動画広告とは?
販路拡大

動画広告とは?

動画広告とは、インターネット上のWebサイトや動画サイト、アプリケーションなどにおいて、商品やサービスに関する広告動画を表示させるマーケティング手法です。近年のPCやスマートフォンの普及、ネットワークの高速化や大容量化によって、他の広告手法と比べて効果があり市場が拡大しているものと言えます。
インターネットの広告手法としては、キーワード検索などに対するリスティング広告、個人を含むコミュニケーションによって情報発信や拡散を行うソーシャルメディア広告などがありますが、詳細はQ&Aの別ページをご覧ください。

それでは、動画広告についての概要、メリットやデメリット、具体的な広告の種類について詳しく説明します。
インターネットの広告手法の中でも、数十秒から数分の動画で商品やサービスを紹介するのが動画広告です。代表的なものとして、動画共有サイトのYouTubeをはじめ、FacebookやInstagramなどSNSのWebサイトやアプリケーション上に動画が表示されます。広告主はユーザーが動画を視聴することで対象の商品やサービスへの注目を集め、該当のWebサイトへのアクセスや実際に購買してもらうことなどを目的とします。

これらのメリットはまず、ユーザーに触れられやすく分かりやすい点が挙げられます。Webサイトやアプリケーションのユーザーにとって文章や画像だけの広告よりも、動きのある動画コンテンツの方が見られやすく、伝わりやすい傾向にあります。
次に、多くの情報を伝えられる点もメリットとなります。動画に音声や文字を組み合わせることで、短時間でも印象に残りやすく、商品やサービスへの理解を深めてもらうことが可能です。
また、低予算からでも運用をすることができます。動画広告の様々なサービスによって、予算枠や表示時間、課金の条件などを細かく設定することが可能となります。

逆にデメリットとしては、ユーザーが動画をスキップしたり表示を止めたりすることで、視聴されない場合もあります。テレビのCMと違って、動画を最後まで視聴してもらうことは難しいと言えます。
さらに、クオリティの高い動画の製作には費用と時間がかかる点も挙げられます。多数の広告が存在する中で、クオリティの低い動画ではユーザーの注目や効果をあげることは難しくなります。そのため、専門業者に動画製作を依頼する場合には、数十万円から数百万円の費用と期間が必要になることもあります。

このような動画広告ですが、具体的な広告の種類としては大きく3つがあります。
第一のインストリーム広告は、最も利用されている広告手法で、YouTubeなどの動画コンテンツ内で動画広告を表示させるものです。
例えば、YouTubeである動画を視聴する際に、対象の動画の再生前や途中に広告の動画が入ります。動画コンテンツ内の広告ですので、多くのユーザーに視聴してもらえることができ、伝えられる情報量も多くなります。

その中で、動画広告をスキップできるものとできないものの2通りがあります。
スキッパブル広告は、動画広告の途中で視聴をスキップことが可能です。例えば、設定時間の5秒ほどで視聴を止められた場合には課金されない点がメリットですが、クオリティの低い動画や興味のない内容ではスキップをされて広告の効果が小さくなります。
一方のノンスキッパブル広告では、動画広告の途中で視聴をスキップすることができません。例えば、数十秒から数分程度の動画広告で、内容を十分に伝えられる点はメリットですが、興味のないユーザーの不満を招く場合や、費用がかかることはデメリットとなります。

第二にインバナー広告は、Webサイトなどの広告枠に動画を表示させるものです。
例えば、Yahoo!などのポータルサイトやブログなどで、ユーザーの性別や嗜好の特性に応じた広告の動画が流れます。インストリーム広告に比べると、視聴されるユーザーは少なくなりますが、途中でスキップされるものではありませんので、動画を最初から最後まで視聴され、自社サイトへアクセスするなどのコンバージョンも高くなる点がメリットとなります。

第三のインリード広告は、コンテンツ内で自動的に動画が再生されるものです。
主にスマートフォンのアプリケーションを対象としており、ニュースや記事を閲覧している最中に、関連する動画広告が表示されます。こちらも多くのユーザーに視聴してもらえるものではありませんが、元々閲覧していたコンテンツに関連する動画であれば、最後まで視聴してもらえることや、コンバージョンの高さもメリットと言えます。

このように、動画広告の概要とメリットやデメリット、具体的な種類について説明をしましたが、まとめると次の通りとなります。
・動画広告はインターネット上のWebサイトや動画サイト、アプリケーションなどにおいて、商品やサービスの広告動画を表示させるマーケティング手法である。
・メリットは他の広告手法に比べて、ユーザーに触れられやすく分かりやすいが、動画の再生がスキップされることや、クオリティの高い動画の製作には費用と時間を要することがデメリットである。
・動画広告の種類は、動画コンテンツの最初や途中に広告を再生するインストリーム広告、Webサイトの広告枠に動画を再生するインバナー広告、スマートフォンのアプリケーションなどで記事の閲覧途中に動画が自動再生をするインリード広告がある。

詳細はこちら

ソーシャルメディア広告とは?

カテゴリ 販路拡大
関連タグ PC Web アプリケーション インターネット サービス サイト スマートフォン ネットワーク マーケティング 動画 商品 広告 手法 表示
上記をはじめ経営に役立つ情報の詳細は、累計150万部突破の「創業手帳」に記載があります。今月号を無料で差し上げています。

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

起業スタイルに合わせて無料で最適な税理士をご紹介します。

起業すれば必ず必要になるビジネスパートナーが税理士ですが、玉石混交ともいえる税理士の中から自分の身近なネットワークだけで最適な税理士を見つけるのは困難です。創業手帳ではコスト重視、業種・業界専門特化、マルチタイプ専門など、事業のフェーズに合わせて無料で税理士をご紹介させていただきます。

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ