ホーム > 教えて先生!Q&A > 潜在ニーズと顕在ニーズの違いは?
用語

潜在ニーズと顕在ニーズの違いは?

この2語ともにニーズという意味では同じですが、意味がそれぞれに異なります。ニーズとは顧客の欲求(例えば購買意欲)ですが、このニーズに可視化出来る、目に見えるものと、目に見えないものに分けられます。

潜在ニーズとは、可視化できない目に見えない顧客のニーズを意味します。また、顕在ニーズとは、可視化でき、目に見える顧客のニーズを言います。

この2つは表裏一体である場合があり、ある顧客の顕在ニーズに対して、実は、心の中ではまた違った欲求、つまりは、潜在ニーズを持っています。

この2つの言葉は、マーケティングでよく用いられますが、顕在ニーズよりもいかに潜在ニーズを読み取るかが重要とされています。

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

起業スタイルに合わせて無料で最適な税理士をご紹介します。

起業すれば必ず必要になるビジネスパートナーが税理士ですが、玉石混交ともいえる税理士の中から自分の身近なネットワークだけで最適な税理士を見つけるのは困難です。創業手帳ではコスト重視、業種・業界専門特化、マルチタイプ専門など、事業のフェーズに合わせて無料で税理士をご紹介させていただきます。

創業手帳冊子版(無料)