ホーム > 教えて先生!Q&A > レイターステージとは?
用語

レイターステージとは?

レイターステージは、ベンチャー企業が事業を開始してから成長する段階の中で、事業が成長を経て安定し、株式上場やM&Aなども視野に入る段階を指します。

ベンチャー企業における成長ステージの定義とレイターステージの位置づけ、具体的な内容について詳しく説明します。
はじめに、ベンチャー企業の「成長ステージ」とは、ベンチャー企業が創業し、事業を開始してから成長、拡大して軌道にのるまでの段階を意味します。
ベンチャー企業では、創業から事業計画に基づいた成長と発展が進められます。その中で、企業としては事業計画の進捗確認や資金調達が必要となります。一方、投資家としても企業に対する投資価値の評価を行わなければなりません。
そのため、資金調達や投資のための指標として、ベンチャー企業の成長段階が分けられます。一般的に、大きく4つのステージに分けて呼ばれており、「シード」、「アーリー」、「ミドル」、「レーター」があります。ベンチャー企業はこれらの成長段階のステージに応じて、資金調達や投資評価が行われます。

これらの中で、第4番目のレイターステージは、事業が成長を経て安定し、株式上場やM&Aなども視野に入る段階を指します。ベンチャー企業における成長ステージの最終到達であり、それまでの成長ステージに比べると、経営が安定化して黒字が続き、売上やサービスもより拡大傾向となります。
一般的には、売上高は30億円超え、従業員数は50名~100名程度の規模が該当します。
この段階では、さらなる新規事業や拠点増加といった事業拡大や、市場動向の変化に備えるためなどでの大きな資金調達が必要となります。また、ベンチャーキャピタルと契約している場合には株式上場による事業売却や、上場コストを考慮する場合にはM&Aといった選択肢もあります。
資金調達先は、株式上場をはじめ民間の金融機関やソーシャルファンディングなどの幅広い分野から得ることとなります。
株式上場の場合は、市場から広く資金を調達することが可能です。逆に、株式上場を目指さない場合は、金融機関などから資金調達をすることとなりますが、レイターステージでは金融機関の融資条件を容易にクリアすることができます。

また、成長ステージと似た概念として成長指標を示す「シリーズ」について補足します。
シリーズは成長ステージと同じく企業の成長段階を意味しますが、主に投資側から見た資金の段階分けとして使われます。
成長シリーズのそれぞれの段階に対応したシリーズがあり、シードステージでの資金が「シードマネー」、アーリーステージについては「シリーズA」、ミドルステージについては「シリーズB」、レイターステージでは「シリーズC」となります。それぞれのシリーズは、ベンチャー企業が成長、拡大するにつれて、株式の時価総額や資金調達の金額も段階的に増えることを意味しています。

レイターステージに該当するシリーズCでは、レイターステージについての説明の通り、事業が成長を経て安定する中で、さらなる事業拡大などのために数億円を資金調達することとなります。
ここで、資金を投資する側から判断したシリーズCの特徴は、資金調達に用いられた株価が以前の成長ステージでの資金調達時と比較して上昇しているかどうかが判断基準のひとつとなります。
また、株価が上昇していてもその上昇の幅が小さい場合や、資金調達の規模が以前の成長ステージよりも小さい、調達実施がほぼ同時期などの場合は、シリーズCと見なされないこともあります。
さらに、株価の評価だけでは株式の分割や併合の影響を受けることもありますので、過去数年間の企業評価額の変化を比べる場合もあります。直前の成長ステージでの資金調達後の企業評価額と、現在の成長ステージでの資金調達前の企業評価額とを比較して判断されることもあります。

ここまでで、ベンチャー企業の成長ステージにおけるレイターステージについて説明しましたが、まとめると次の通りとなります。
・成長ステージとは、ベンチャー企業が創業し、事業を開始してから成長、拡大して軌道にのるまでの段階を意味し、シード、アーリー、ミドル、レーターの4段階がある。
・第4番目のレイターステージは事業が成長を経て安定し、株式上場やM&Aなども視野に入る段階で、一般的にはさらなる新規事業や拠点増加といった事業拡大や、市場動向の変化に備えるために大きな資金調達をする。
・資金調達先は、株式上場をはじめ民間の金融機関やソーシャルファンディングなどの幅広い分野から得る。

関連記事はこちら

国内ベンチャーキャピタル(VC)一覧|実際に聞いた投資を受けるポイント

カテゴリ 用語
関連タグ IPO ステージ ベンチャー 上場 事業 人件費 人材 利益 創業 収益化 安定 成長 採用 株式 段階
上記をはじめ経営に役立つ情報の詳細は、累計150万部突破の「創業手帳」に記載があります。今月号を無料で差し上げています。

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

起業スタイルに合わせて無料で最適な税理士をご紹介します。

起業すれば必ず必要になるビジネスパートナーが税理士ですが、玉石混交ともいえる税理士の中から自分の身近なネットワークだけで最適な税理士を見つけるのは困難です。創業手帳ではコスト重視、業種・業界専門特化、マルチタイプ専門など、事業のフェーズに合わせて無料で税理士をご紹介させていただきます。

マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ