ホームページ開設・メールの利用なら独自ドメインを取得しよう

起業時のホームページ・メールは必須

(2018/8/24更新)

昨今、ビジネスにはホームページとメール利用は欠かせません。いざ、ホームページ開設やメールを利用するとなると、まずは「ドメイン」という単語に出くわすと思います。実は、法人として社会的な信頼を得ていくには、この「ドメイン」の取得を避けることはできません。今回は、法人にとって必要となる「独自ドメイン」についてご紹介します。

本文を読む

ドメインとは

ドメインとは、ホームページのURL「http://」以降やメールアドレスの「@マーク」以降の文字列のことです。よく、「ネット上の住所」として例えられます。

ドメインには「無料ドメイン」と「独自ドメイン」があります。
「無料ドメイン」はブログサービスなどを利用することで取得が可能です。名前のとおり無料で利用できますが、好きな文字列に設定することがほとんどできないのが難点です。また、ひとつのドメインを複数人で共有している状態なので、例えるなら「他人が借りているオフィスを間借りしている」状態です。

一方、「独自ドメイン」は有料ですが、好きな文字列を組み合わせることができます。
企業名やサービス名を含むドメインの取得が可能なので、よく「自社オフィス」に例えられます。

独自ドメインを取得するメリット

会社の信頼性・信用性のアップ

.co.jpなどは登記済み法人がひとつのみ取得可能なものなので、確実に信頼性はアップします。信頼性を上げたいなら、少なくとも詐欺メールなどに利用されるフリーのメールアドレスは避けたいところです。

会社名・サービス名をアピールできる

まだ取得されていないものであれば、会社名やサービス名のドメインが利用できます。これらをドメインに利用できれば、覚えやすくブランド認知向上につながります。

ホームページアドレスはそのままで引っ越し可能

例えば、事業拡大に伴うサーバー移転などの際にも、独自ドメインであれば、アドレスを変更することなく移転することが可能です。

法人なら.co.jpやor.jpなどのドメインを取得しよう

ドメインには様々な種類と意味があります。自社に最適なドメインを選択しましょう。

.co.jp
一般的な営利法人/1法人につき1ドメイン
株式会社、有限会社、合名会社、合資会社、相互会社、有限責任事業組合、合同会社など
.or.jp
非営利法人/1法人につき1ドメイン
財団法人、社団法人、医療法人、監査法人、特定非営利活動法人、農業協同組合、生活協同組合など

後ほどご紹介する「ニフクラ ベーシックホスティング」では、上記ドメインの他に、汎用性のある「.jp」「.com」「.net」なども取り扱っています。

導入社数5,000社以上!信頼される「ニフクラ ベーシックホスティング」がオススメ

ドメインを取得するなら、サーバーもセットで利用できる富士通クラウドテクノロジーズが提供する「ニフクラ ベーシックホスティング」がオススメです。
1999年3月からサービスの提供を開始して以来、長年培ったサーバー運用のノウハウを活かすことで安定した稼働を続けています。平均稼働率は、なんと国内トップクラスの99.999%(※)。

また、ドメインの取得や管理、WEBサーバーやメールサーバーの運用・管理がサービスとして提供されるので、初心者にも安心です。

※稼働率とは:総稼働時間から累計障害時間を差し引いた実質稼働時間の割合。ニフクラでは月単位に集計している。

ベーシックホスティングが多くの企業に選ばれる理由

富士通グループの万全な運用体制

免震構造による地震対策や火災対策、自家発電設備などの停電対策を備え、厳重なセキュリティシステムを取り入れた富士通グループの国内最高水準のデータセンターで運用されています。

初心者でも大丈夫!充実したサポート

WordPressなどを簡単に導入できる簡単インストーラーや、サービス利用者向けのホスティング専用電話サポートが無料で提供されており、申込み後も安心して利用できます。

豊富な機能で安心!高セキュリティ機能

Web改ざんチェック機能やウイルスチェック・迷惑メールフィルター・添付ファイル保護など、セキュリティ関連機能を中心に用途に応じた豊富なオプションが用意されています。
ネット対応に必要なものが手軽な料金でそろう
  • ドメイン取得・管理
  • 自社メール(メールサーバー)
  • ホームページ(WEBサーバー)
月額:2,800円~(税抜)

他サービスでは年契約が多いなか、ベーシックホスティングでは最低利用期間のしばりがないため、月額単位での利用が可能です。

盗聴や改ざん防止・SEO対策に!SSLサーバー証明書が最大80%OFFキャンペーン中!

「SSLサーバー証明書」とは、ドメインやWebサイトの管理法人が実在することを第三者機関が証明するもので、送受信する情報を暗号化し盗聴やWebサイトの改ざん、なりすましを防止してくれます。暗号化されると、通信プロトコル(http)に「s」が付き「https://~」となります。
さらに、検索順位の決定要因のひとつとしてGoogleが公式に発表しているので、法人なら必ず利用したい機能です。

そんな「SSLサーバー証明書」ですが、何と2018年11月30日(金)までにお申込みの確認ができた法人を対象に、最大80%OFFキャンペーンを実施中です!

導入を検討している方は、ぜひ下記バナーから詳細をチェックしてみてください!

(監修:富士通クラウドテクノロジーズ株式会社
(編集:創業手帳編集部)

この記事に関連するタグ

創業時に役立つサービス特集

リアルタイムPVランキングトップ3

カテゴリーから記事を探す