若新 雄純|実は上場企業共同創業者、NEET(株)発起人の感性を大事にする生き方

創業手帳

起業とは人生のオーナーになること。得意なことに専念して、他者をリスペクトし、感性を磨き続ける


全国から集まってきたニートが全員取締役を務めるNEET株式会社や、地元の女子高生を集めてまちづくりに取り組む福井県鯖江市役所JK課など、数々の実験的プロジェクトを手掛けられてきたのが、株式会社NEWYOUTH代表でプロデューサーの若新雄純氏です。最近ではテレビのコメンテーターも務めるなど、その縦横無尽な活躍ぶりは止まるところを知りません。

そんな若新氏の知られていない一面が、起業家としての顔です。20歳で初めて会社を設立し、後に東証プライム上場企業になった株式会社LITALICOの共同創業者兼副社長として創業期に参画するなど、ビジネスパーソンとしても数々の実績を残されてきています。

若新氏がそのようにしてさまざまな業界で活躍し続けられる秘訣は、どこにあるのでしょう。創業手帳の大久保が聞きました。

若新 雄純(わかしん ゆうじゅん)株式会社NEWYOUTH 代表取締役
福井県若狭町出身。 慶應義塾大学学院修了、修士(政策・メディア)。 現在、慶應義塾大学特任准教授、株式会社NEWYOUTH代表取締役などを兼任。 「今も思春期」を自称する仕掛け人。

インタビュアー 大久保幸世
創業手帳 株式会社 代表取締役
大手ITベンチャー役員で、多くの起業家を見た中で「創業後に困ることが共通している」ことに気づき会社のガイドブック「創業手帳」を考案。現:創業手帳を創業。ユニークなビジネスモデルを成功させた。印刷版は累計200万部、月間のWEB訪問数は起業分野では日本一の100万人を超え、“起業コンシェルジェ“創業手帳アプリの開発や起業無料相談や、内閣府会社設立ワンストップ検討会の常任委員や大学での授業も行っている。毎日創業Tシャツの人としても話題に。 創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

※この記事を書いている「創業手帳」ではさらに充実した情報を分厚い「創業手帳・印刷版」でも解説しています。無料でもらえるので取り寄せしてみてください

NEET株式会社という実験

大久保:若新さんといえば、NEET株式会社のイメージが強いですよね。どういう狙いで設立されたのでしょうか。

若新:もう10年くらい前の話ですけどね。一言で言うと、実験したかったんですよね。

検証したい仮説がたくさんあって、そのイメージを実装したいという思いとか、自分では想像できない範囲のことも実験して確かめてみたかったんです。

大久保:なるほど。実験だったんですね。

若新:それまで僕は、今でいうところのいわゆる「フリーランス」的な働き方を続けてきていました。パソコンと携帯1台だけでいろいろな仕事をして、それだけでそこそこ食べれるようになっていた時期でした。時間も自由だし、大学でも研究をしていて、タワマンにも住んでいました。

20歳くらいの頃からの、「独立してこういう仕事の仕方をしたい」という夢が叶った時期だったんです。

そこで、「これからの仕事は、今までの仕事の延長線上よりも、何か世間に問う仕事がしたいな」と思ったんです。そういう思いの中で企画した仕事の1つが、NEET株式会社でした。

大久保:実験とおっしゃいましたが、どういう視点で実験をしたかったのでしょうか。

若新:大学院では人間のモチベーションの研究をしていたのですが、その頃から人の動機付けに興味がありました。その延長で、社会からはみ出たニートのような人が、どのような要因で動機付けられるのかに興味がありました。

あとは、新しい「居場所」「村」的な場所に関心があったりとか、はみ出した人たちが寄り添うことができるのかとか、異質な人が集まるとどうなるかとか、そうしたさまざまな直感や仮説をまとめて実験したくて、NEET株式会社を作りました。

大久保:実験してみた結果、どうでしたか。

若新やっぱり、人間同士がつながることって、想像以上に難しいんだなと思いました。ニートの皆さんって、いい意味でも悪い意味でも人間らしくって、上下関係とか制度とかそういうものが通用しない人たちなので、本当に難しかった。その後もいろいろな場所作りをしてきましたが、いまだにNEET株式会社のコミュニティ以上に難しいものはありません。自分にとっては修行のようなものでした。

企画者・プロデューサーという立ち位置

大久保:若新さんは大学でもお仕事をされていますが、研究者とお呼びしたほうがいいのでしょうか。

若新:僕自身は、自分のことを学者だとは思っていないんですよね。博士号も持っていないし、大学の先生として専任とか常勤で働いているわけでもない。学者と堂々と言えるかというかは際どいですね。研究者の端くれくらいです。

それよりも、僕は自分のことを「企画する人」「プロデューサー」と位置付けています。やりたいことを考えて予算を組んでチームを作って。そういうことをする人です。

大久保:確かにNEET株式会社などは、プロデューサーとして手掛けられたものですよね。

若新:抽象的なことを説明することが好きで、得意なんです。世界観をまとめることや、どこに面白さを見出して世間に問うのか・何をポイントとして物事を動かすかなどを考えて設計するのも得意です。

どんなプロジェクトや仕事も、究極的には人間関係で上手くいくかどうかが決まると思っているので、そこを重視しています。

大久保:人間関係にご興味がおありなんですね。

若新:そうですね。僕個人としては、集団行動はもともと好きではありません。部活も途中で辞めたりしてきましたし。組織に適応するのは得意ではないのですが、自分にとって心地いい人間関係を作り直すことをずっとやってきたんです。最近になってそれがようやく上手くできるようになってきました。

大学での僕の立ち位置も珍しいかなと思っていて。ラボの運営をしているんですね。企業から研究資金や寄付金を集めて、他の先生のところの優秀な学生を雇ってお金を払って、仕事をしてもらっています。ラボのプロデューサーですよね。

だから僕は、プレイヤーもしますけど、本業はプロデュース業だと思っています。

「JK課」と「青春」のまちづくり

大久保:若新さんといえば、NEET株式会社ともう1つ、福井県鯖江市役所JK課ですよね。こちらはどういう狙いで取り組まれていたのでしょうか。

若新:地元の女子高生を市役所に集めてまちづくりをする。それがJK課です。

ただ、僕が一番やりたかったのは、学校の先生が推薦するような優等生ではなくて、どこの街にもいる多数派の女子高生を市役所に呼ぶことです。それこそ、校則も守っていないような。そういう女子高生って、街の多数派だと思うんですね。そういう意見を入れることで、より街が面白くなるんじゃないかと思ったんです。

もともとまちづくりって、正解がないものを実験することじゃないですか。その答えのなさを楽しむために、偶発性を取り入れるために、大人たちが扱いにくい女子高生をJK課に呼び込むことに注力していました。

大久保:JK課の活動は今も続けられているのでしょうか。

若新:今はもう引退しています。

でも鯖江市でJK課をやったことで実験的な企画を自治体と一緒に進めるノウハウができたので、最近でもいろいろな街で活動しています。

最近力を入れているのが、高校生が「青春」だとみなせる場所を作ることです。大人たちが正解を決められない点が、「青春」のいいところです。

実際に富山のある街で、予算1,000万円を高校生たちに渡して、彼らが「青春」だと思えるような企画を作って実行してもらう、ということを毎年やっています。

大久保:1,000万円というと高校生にとってはすごい金額ですね。

若新:でもその1,000万円は彼らがどう使ってもいいんですよ。失敗してもいい。とにかく彼らがそれを使ったことで、「青春だった」と思えれば成功。

大久保:高校生にとっては非常にいい経験になりますね。

若新:そうなんですよ。活動を通して「いい時間を過ごしたな」と思えれば成功。実際に、JK課を経験した多くの子たちも、地元に残ってくれています。

大久保:若新さんの言う「青春」とは何でしょう。

若新:不確かだけれど忘れられないもの、ですかね。

同じように、「遊び」も大事だと考えています。遊ぶことで、経験値が増えていく。それが人生を豊かにすると思うんですね。そういう不確かな経験こそが面白い。

確かに、僕も日本の教育を受けて育ってきたので、貯金もするし、肩書きも揃える。そのような「目に見えるもの」に価値を見出すこともあります。

しかしその一方で、そうした「目に見えるもの」だけで人生を評価されるのは苦しいじゃないですか。どれだけ稼いでも上には上がいますし。肩書きだってそうです。

それよりも、過去の思い出とか経験、そうしたプロセスこそが面白いんじゃないですか。そういう「遊び」の中で面白いことを見つけたいと僕も思っています。

大久保:プロセスこそが面白いということですね。

若新:そういう意味で、僕は地元も大事にしています。最近では、地元福井に数年かけて基盤を作ってきました。会社も作って、地元から役割も与えてもらって。地元でも活動しながら、より自分の人生を面白くしたいと思っています。

大久保:福井県のいいところを育てたい、ということでしょうか。

若新:というよりも、何もない、日本有数の田舎だからこそいいんだ、と思っているんです。安心できるし、いい意味で諦めがつく。そういう故郷を持ち続けておくことは、いろいろとチャレンジして面白い人生を歩むためにも、重要だと思うんです。帰る場所があることが。

苦手なことは人に任せて、リスペクトする

大久保:若新さんはさまざまな分野で実績を残されてきていますが、どのようなことを心がけてお仕事をされてきたのでしょうか。

若新向き・不向きはすごく考えてきました。自分にとって苦手なことは極力減らして、得意なことに集中することが、僕の仕事の仕方のベースとなっています。

得意なことは大変になっても自分でやればいいですが、苦手なことは他の得意な人に任せる。そうすると、そこにリスペクトが生まれるじゃないですか。僕のようなズボラで他人に気遣いできないような人は、そうやってリスペクトして周りの人に動いてもらうしかないんですよ。

大久保:それが若新さん流のマネジメントスタイルでもあるんですね。

若新:人にマネジメントを任せるのが下手な人が多いですよね。自分のコピーを作るとか、自分もできることを人に任せるとか。マネジメントはそういうことではないと思う。下手な組織の作り方ですね。もっと、みんなが得意なことに集中したほうがいい。

どんな場所でもそうですが、偉くなる人は欲張りな人だと考えています。もちろん、僕も含めてですね。欲を満たしていく過程で偉くなる。

一方で、他人の欲を満たしてあげることに価値を感じる人もいる。そういう人と持ちつ持たれつでいいチームを組めた人が、上手くいくと思うんです。僕は欲張りなので、そういう人と上手くやるためにも、人一倍リスペクトを持っていたい。他人に頼りながらね。そうして自分のことに集中してきた結果、今があるという感じですね。

人と人をつなぐのは、「文化」

大久保:若新さんはさまざまな「場所」作りをされてきたということですが、組織作りにおいて重要なことは何でしょうか。

若新仕組みを超える「文化」のようなものですね。バラバラな人間同士をつなぎあわせることができる「文化」です。

大企業からベンチャーまで、さまざまな組織作りをお手伝いしていますが、「文化」という切り口で支援しているプレイヤーは僕くらいではないでしょうか。だからこそ、「若新さんだからこそ組織作りをお願いしたい」とバイネームでお仕事をいただけることも多いです。

急がば回れで、「文化」を最初に粘り強く作っておけば、結果としてその後の事業成長スピードが速くなるんですね。

大久保:組織崩壊も起きないでしょうしね。

若新:そうなんです。そういうことを、急激に売り上げを伸ばしているベンチャー企業などで体験してきました。

「そういう文化だから」というと、人は納得しやすいんですよね。でも「文化」が固定されてもよくないので、絶えず「文化」を更新し続けられる組織作りも意識しています。

「文化」が先にあって、その後に仕組みを作るのがいいと思っています。仕組みが先ではありません。

後の上場企業創業者を見抜いたのは、感性

大久保:若新さんはLITALICOの共同創業者でもありますよね。

若新:大学の先輩だった佐藤崇弘くんと二人で創業しました。誰が大物になるかを見抜く目利き力には昔から自信があるのですが、「この人は大物になるな」と佐藤くんと出会ってすぐにわかっていました。

佐藤くんを一言で言うと、「地味な奇人」。大学でもあまり有名ではなかったのですが、ビジネスを作ることにかけては本質をついていた。彼は当時、友達も少なかったので、会社を始めるときに「一緒にやろうよ」と数少ない後輩のうちの1人である僕に声をかけてきた。僕も就職するつもりがなかったし、佐藤くんを信用していたので、「例え失敗に終わっても、いい経験にはなるだろう」と思って一緒に創業しました。彼は創業当時から「これは上場するビジネスになる」と言っていて、僕もそれを信じていました。周囲の人たちはそれを聞いて笑っていましたね。

大久保:創業当時はどんなことをされていたのでしょうか。

若新:佐藤くんの考えていることとか、やろうとしていることを言語化することをメインにやっていました。組織がすぐに大きくなっていったので、僕のそのような仕事が役に立つフェーズはすぐに終わってしまったのですが。僕はあくまで、0を0.1にすることをした程度ですね。最終的には上場し、株も持っていたので、佐藤くんを信じてついていったおかげで人生の早い段階で大きなボーナスをもらえることにもなりました。それは僕の目利き力・感性に対してのボーナスでもあったのかな、と思っています。

感性を磨くこと、プロセスそのものが人生

大久保:最近の若新さんはテレビのコメンテーターとしても活躍されていますね。

若新:コメンテーターとしては、物事を繊細に捉えて表現することを意識しています。みんなが白黒つけたいようなことについても、あえて繊細に捉えて描写していきたい。人間関係や、人間の思い通りのならなさなどについてもそうです。より繊細に捉えていきたいですね。それが僕の役割だと思っています。

大久保:若新さんは今までにいろいろなお仕事をされてきていますが、どのような基準でお仕事を選ばれてきたのでしょう。

若新基本的には直感、感性ですね。選んだほうが面白そうなものに、積極的に関わっていくのが僕のスタイルです。LITALICOも、「やろうよ」と言われて、「いいな」と直感的に思ったことがきっかけでした。

大久保:これからは、どのようなお仕事をされていくのでしょう。

若新:何かを成し遂げたいとか、どこかに辿り着きたいとかはないですね。ただ、常に感性を磨き続けてきたし、それはこれからも続けていきたいと思っています。

組織作りのお仕事もそうですし、プロデュースのお仕事も含めて、さまざまなことを経験して、感性を磨き続けてきたし、それをまだ続けたい。

大久保:感性を磨くことで、事業感が磨かれるというイメージですかね。

若新:いえ、感性が磨かれればビジネスパーソンとしてのレベルが上がる・人生がよくなる、というわけでもないと思っています。ただ、すべてのプロセスが深まる、というイメージですね。

結局最後はみんな死ぬわけじゃないですか。人生一回きりだし、死が待っているわけだから、それまでのプロセスをどう楽しむかでしかないのかな、って思っています。

大久保:そのプロセスの中で、起業というものをどう捉えますか。

若新起業とは、自分の人生をシナリオライティングできることだと思っています。

思い通りにならなくても、少なくとも、起業することで自分の人生のオーナーにはなれる。自分の人生の物語を、主体的に生きていけるようになるんですね。その中で、勝手に仲間や環境ができていくこともある。

僕が最初に会社を作ったのは20歳のときです。やることも決まっていなくて、ただ会社を登記して社長の名刺を作っただけ。みんなからは笑われていましたが、結局その後、「若新らしい人生になったね」と周りから言われるような人生を歩めてきました。「自分の人生の舵を握ろう」と思って会社を登記したときに、僕のストーリーが始まったんだと思います。

若新さんが、混沌の時代を楽しんで生き抜くための経営の考え方についてお伝えする番組、「若新雄純の『あたらしい経営?』」もぜひチェックしてみてください!

関連記事
Gigi 今井了介|「絶対売れない」と否定される曲・事業こそ爆発的ヒットを生む
企画書の書き方、教えます。作成時の注意ポイントやすぐに使えるテンプレート付き!
創業手帳別冊版「創業手帳 人気インタビュー」は、注目の若手起業家から著名実業家たちの「価値あるエピソード」が無料で読めます。リアルな成功体験談が今後のビジネスのヒントになるはず。ご活用ください。

(取材協力: 株式会社NEWYOUTH 代表取締役 若新 雄純)
(編集: 創業手帳編集部)

創業手帳
このカテゴリでみんなが読んでいる記事
この記事に関連するタグ
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら
創業時に役立つサービス特集
リアルタイムPVランキングトップ3
カテゴリーから記事を探す
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ