注目のスタートアップ

会いに行けるVTuberアイドルグループ「ラブボックス」など2.5次元IPをプロデュース・マネジメントする「Blackbox」が8,000万円調達

company

2024年6月26日、株式会社Blackboxは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Blackboxは、2.5次元IPのプロデュース・マネジメントを展開しています。

2024年6月現在、会いに行けるVTuberアイドルグループ「ラブボックス」を運営しており、5名のタレントをプロデュースしています。

今回の資金調達により、運営体制の構築、ライブ開催、楽曲制作などを進めます。


2.5次元とは、アニメや漫画などの2次元コンテンツと、実在の俳優やアイドルなどの3次元コンテンツの中間的な領域、あるいは双方の性質を持った領域を指します。

たとえば、アニメや漫画を原作に忠実に再現したミュージカルは2.5次元ミュージカルと呼ばれ、それに出演する俳優は2.5次元俳優と呼ばれています。

2.5次元アイドルは、こういったコンセプトにもとづいて活動するアイドルです。

その形態は多様で、顔出しを極力控え、イラストでブランディングを行い、現地ライブのみで顔出しするものや、ある程度の台本や設定を持ち、実在の演者が半ばフィクションとしてアイドル活動を行うものなどがあります。

2.5次元アイドルは、2次元アイドルとは異なり身体性を伴うことから、より熱狂的なファンが生まれやすいという特徴があり、今後のさらなる成長が期待されています。

また、サブカルチャーの領域ではVTuberの成長も目を見張るものがあります。

VTuberはイラストや3DCGのアバターを活用してライブ配信や動画投稿などの活動を行うクリエイターのことです。VTuberをタレントとしてプロデュースする企業も多数誕生し、日本では上場している企業が2社あります。

また、VTuber業界ではファンビジネスとしてVR技術などを活用したライブエンターテインメントなども実施しており、アイドル的な活動を行っているタレントも多く存在しています。

Blackboxは、こうした2.5次元×VTuberの領域で新たな体験を届けることを目指しています。

事業の拡大には資金調達が重要です。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受ける方法など、創業期の資金調達のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 2.5次元 Blackbox IP VTuber アイドル エンターテインメント グループ コンテンツ タレント プロデュース マネジメント ライブエンターテインメント ライブ配信 ラブボックス 動画 株式会社 資金調達 配信 配信者
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

2025年に超小型モビリティの量産販売を目指す「KGモーターズ」が3.8億円調達
KGモーターズ株式会社は、総額3億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 KGモーターズは、エネルギー効率が良く、維持コストが低い超小型モビリティ(ミニマムモビリティ)の量産販売を目指…
家計簿アプリとプリペイドカードがセットになった支出管理サービス「B/43」提供の「スマートバンク」が20億円調達
2022年7月13日、株式会社スマートバンクは、総額20億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマートバンクは、家計簿アプリとプリペイドカードがセットになった支出管理サービス「B/43(ビーヨ…
電気運搬船を開発する「パワーエックス」が41.5億円調達
2022年5月23日、株式会社パワーエックスは、総額41億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 電気運搬船「Power Ark」の開発や、大型蓄電池の製造・販売を展開しています。 「…
レシピ動画「クラシル」が「イオンリテール」と連携しネットスーパー機能を追加
2020年12月3日、dely株式会社は、イオンリテール株式会社と連携し、2020年12月3日(木)から「クラシル」内でネット・スーパーのサービスを開始することを発表しました。 「クラシル」は、国内最…
東南アジア圏で医療DXサービスを展開する「メドリング」が「MRT」と資本業務提携 グループ会社に
メドリング株式会社は、MRT株式会社と資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 この提携により、MRTはメドリングの株式のうち約21%を取得し、メドリングはMRTの持分法適用会社となります。 メ…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】