【東京都】令和6年度「中小企業デジタルツール導入促進支援事業」

subsidy

公益財団法人東京都中小企業振興公社は、令和6年度「中小企業デジタルツール導入促進支援事業」の公募について発表しました。

都内中⼩企業等に対し、デジタルツールの新たな導⼊に係る経費の⼀部を助成することにより、事業活動のデジタル化の促進を図り、継続的な成⻑・発展を⽀援することを⽬的としています。

概要

対象:都内中小企業者等(会社・個人事業主・中小企業団体)
支援内容:都内中小企業者等のデジタルツール導入に係る経費の一部を助成
助成限度額:最大100万円 (申請できる助成金の下限額5万円)
助成率:助成対象経費の2分の1以内(小規模企業者は3分の2以内)
助成対象期間:1年間
対象経費:新たに導入するデジタルツール購入にかかる経費(ツール本体)と、そのデジタルツール導入にかかる初期設定、カスタマイズ、運用・保守サポートに要する費用(関連経費)の一部

公募期間

2024年6月11日(火)~2024年7月5日(金)


近年、さまざまな企業・領域でデジタル化が進められています。

これまで企業におけるデジタルツールは、社内サーバーに導入するオンプレミス型が主流であり、汎用製品であってもカスタマイズすることが多かったため、初期導入費用やその後の保守・点検に多額のコストがかかるものでした。

しかし近年はSaaS(クラウドサービス)が普及し、初期費用の低さや保守・点検が不要となることにより、中小企業でもデジタルツールの導入が容易な環境となっています。

またこれらSaaSは中小企業向けに提供されているものも多くあるため、負担のかかっている業務、人手の足りない業務などにおいてデジタル化を進めることで、経営課題を解決することができます。

「中小企業デジタルツール導入促進支援事業」は、都内中小企業がデジタルツールを導入する取り組みを最大100万円支援する助成事業です。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「補助金ガイド」では、専門家に監修してもらいながら、創業手帳が実際に補助金申請を行った経験をもとに補助金・助成金のノウハウを解説しています。

また、日々更新される補助金・助成金の情報を、個人に最適化してメールでお知らせする「補助金AI」も運営しています。こちらもご活用ください。

ほかにも、資金調達のノウハウを集めた「資金調達手帳」も無料でお送りしています。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ DX デジタル デジタルトランスフォーメーション デジタル化 中小企業 中小企業デジタルツール導入促進支援事業 令和6年度 導入 東京都
詳細はこちら

中小企業デジタルツール導入促進支援事業

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

三菱UFJ技術育成財団「研究開発助成金」 第1回公募は5/20締切
三菱UFJ技術育成財団は「研究開発助成金」について発表しました。 技術指向型の中小企業の新技術、新製品等の研究開発に対する助成金です。 「対象者」 原則として設立後もしくは創業後または新規事業進出後5…
商業不動産のデジタル化を支援する「COUNTERWORKS」が資金調達
2023年11月21日、株式会社COUNTERWORKSは、資金調達を実施したことを発表しました。 イオンモール株式会社とイグニション・ポイント ベンチャーパートナーズ株式会社が共同運営するCVC「L…
【9/27(水) 、10/6・13(金)】北区にてコミュニティビジネス シンポジウム・セミナーをハイブリッド開催
東京都北区では「コミュニティビジネス シンポジウム・セミナー2023」をオンラインとリアルとのハイブリッド形式で開催します。 コミュニティビジネスとは、市民が主体となって地域が抱える課題を、ビジネスの…
【東京都】令和5年度「サイバーセキュリティ対策促進助成金」
公益財団法人東京都中小企業振興公社は、令和5年度「サイバーセキュリティ対策促進助成金」の募集内容を決定したことを発表しました。 令和5年度(2023年度)からの変更点 助成下限額を30万円から10万円…
【東京都】「観光資源の保全等のための支援事業」補助金
東京都は「観光資源の保全等のための支援事業」について発表しました。 観光関連事業者を対象に、東京の魅力発信に資する観光資源の維持・保全に係る取り組みや、民間資金を募るクラウドファンディングによる資金調…

大久保の視点

世界最大級のビジネスコンテスト・スタートアップワールドカップ東京大会優勝はDigital Entertainment Asset山田耕三さん
世界最大級のビジネスコンテスト「スタートアップワールドカップ」の東京予選である「TOKYO REGIONAL 2024」が、2024年7月19日(金)に開催…
(2024/7/19)
IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】