【東京都】「デジタル技術を活用した先進的サービス創出支援事業」助成金

subsidy

公益財団法人東京都中小企業振興公社は「デジタル技術を活用した先進的サービス創出支援事業」について発表しました。

デジタル技術を活用した先進的サービスの事業化に取り組む中小企業者等で東京都・公社・各種ビジネスプランコンテストにおいて承認・認定・評価・表彰・支援を受けたビジネスモデルの事業化を支援します。

支援内容

「先進的サービスの事業化に必要な経費の一部を助成」
助成限度額:2,000万円  助成率:2/3  助成事業期間:1年4ヶ月

「事業コーディネータが事業計画の策定・実行などをサポート」
支援期間:1年4ヶ月(必要に応じて専門家派遣あり)

評価対象事業

「受賞」
・世界発信コンペティション(東京都ベンチャー技術大賞)
・東京デザインコンペティション事業
・東京発「クールジャパン」の推進(コンテンツ)
・オンラインコンテンツビジネスアワード

「承認・認定・評価」
・経営革新計画
・東京都トライアル発注認定制度
・事業可能性評価事業
・ものづくりイノベーション企業創出道場(事業化チャレンジ道場)
・知財戦略導入支援事業(ニッチトップ育成支援事業)
・「東京手仕事」プロジェクト(商品開発プロジェクトは除く)

「販路開拓支援」
・中小企業ニューマーケット開拓支援事業
・海外販路ナビゲータによるハンズオン支援
・海外企業連携ナビゲータによるハンズオン支援
・成長産業分野の海外展示会出展支援事業

「助成事業」
・新製品·新技術開発助成事業
・TOKYO 戦略的イノベーション促進事業(次世代イノベーション創出プロジェクト)
・製品改良·規格等適合化支援事業(規格適合·認証取得のみを除く)
・安全·安心な東京の実現に向けた製品開発支援事業(先進的防災技術実用化支援事業)(改良·実用化フェーズ)
・女性活躍のためのフェムテック開発支援·普及促進事業
・TOKYO 地域資源等を活用したイノベーション創出事業(TOKYO地域資源等活用推進事業)
・高齢者向け新ビジネス創出支援事業
・「新しい日常」対応型サービス創出支援事業
・外国特許出願費用助成事業、外国実用新案出願費用助成事業
・明日にチャレンジ中小企業基盤強化事業

申請受付期間

2024年5月27日(月)~2024年6月21日(金)


AI・IoT・ロボットなどの先端技術が急速に発展しています。

産業界ではこれら先進技術を活用したサービス・プロダクトを手がける企業が増え、競合他社に対して優位性を確立しています。

また、先端技術は新たな市場を創出し、従来存在しなかったビジネスモデルを可能にします。この新たな市場は社会課題の解決にも資するイノベーションをもたらす可能性があり、多種多様なビジネスの創出が求められています。

さらに持続可能な発展を目指す上で、先進技術は重要な役割を果たします。環境に配慮した製品の開発や、リソースの効率的な利用、循環型経済の推進など、持続可能性を高めるための多くのイノベーションが技術の進歩によって可能になります。

「デジタル技術を活用した先進的サービス創出支援事業」は、こうした先進技術を用いたサービスの事業化に最大2,000万円の助成金を交付する支援事業です。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「補助金ガイド」では、専門家に監修してもらいながら、創業手帳が実際に補助金申請を行った経験をもとに補助金・助成金のノウハウを解説しています。

また、日々更新される補助金・助成金の情報を、個人に最適化してメールでお知らせする「補助金AI」も運営しています。こちらもご活用ください。

ほかにも、資金調達のノウハウを集めた「資金調達手帳」も無料でお送りしています。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ サービス デジタル技術 ビジネスプランコンテスト ビジネスモデル 中小企業 事業化 公益財団法人 創出 助成金 支援 支援事業 東京都 東京都中小企業振興公社 活用 表彰 評価 認定
詳細はこちら

デジタル技術を活用した先進的サービス創出支援事業

補助金ガイド
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

静岡のIT企業「サンロフト」と「PGT SOLUTIONS」が資本業務提携
2023年7月27日、PGTホールディングス株式会社は、2023年6月30日に、子会社であるPGT SOLUTIONS株式会社が、株式会社サンロフトと資本業務提携を締結したことを発表しました。 サンロ…
空いた時間に働きたい人と人手が欲しい店舗・企業をつなぐワーク・シェアリング・サービス提供の「タイミー」が13.4億円調達
2020年9月14日、株式会社タイミーは、総額13億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 空いた時間に働きたい人と、すぐに人手が欲しい店舗・企業をつなぐワーク・シェアリング・アプリ「…
「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」15次締切の補助金交付候補者を採択
2023年9月29日、中小企業庁は、「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」(15次締切)の補助金交付候補者を採択したことを発表しました。 2023年4月19日(水)から2023年7月28日…
防災・減災のための情報活用プラットフォーム「PREIN」を運用する「INSPIRATION PLUS」が5,000万円調達
2024年2月29日、株式会社INSPIRATION PLUSは、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 INSPIRATION PLUSは、産学官民一体で構築する災害対策高度化を…
法人設立手続きがまとめてできる「福岡市開業ワンストップセンター」がオープン
福岡市は、「福岡市開業ワンストップセンター」を国と共同で2019年8月27日にオープンしたことを発表しました。 「福岡市開業ワンストップセンター」は、福岡市が運営する創業相談所「スタートアップカフェ」…

大久保の視点

5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】