注目のスタートアップ

クラウド決算開示管理サービスなどを提供する「Uniforce」が5.3億円調達

company

2023年8月16日、Uniforce株式会社は、総額約5億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Uniforceは、「クラウド決算開示管理サービス」、IPO準備に特化したサービス「Uniforce IPO準備クラウド」、BPO代行業務、IPO支援業務、社外CFO業務、ブランディング事業、資料デザイン事業を展開しています。

「クラウド決算開示管理サービス」は、決算開示業務ガイドライン機能、リアルタイムレポート機能、タスク管理機能により、決算開示業務の効率化や、属人化解消、リスクマネジメントを実現するクラウドサービスです。

今回の資金は、「クラウド決算開示管理サービス」「IPO準備クラウド」の開発、採用・組織体制の強化、マーケティング強化、マーケティング組織の構築、営業組織の構築に充当する予定です。


上場企業には、経営成績や財務情報を公開する義務、つまり決算報告書の開示義務があります。

決算報告書は、税務署への報告と同時に、投資家に情報提供する役割を果たしています。そのため、決算報告書の作成と開示は、重要な業務の一環となっています。

開示業務はしばしば短いスケジュール内で行われますが、高い精度が求められるため、緻密なスケジュール管理が求められます。

さらに、毎年適用される新たな会計基準や法律に準拠した開示が求められるため、専門的な知識を持つ人材が必要です。このため、開示業務は個人のスキルに依存しやすく、属人化を引き起こし、人材不足の原因のひとつとなっています。

さらに近年は、ガバナンスとコンプライアンスの強化が重視されており、開示業務の重要性は一層高まっています。

また、IPOを目指すスタートアップにとっては、適切な開示体制を整えることが重要な準備の一つとなっています。

Uniforceは、上場企業の開示業務を効率化し、IPOを準備するスタートアップを支援するため、クラウドサービスやコンサルティングサービスを提供しています。

企業には決算報告書の開示義務だけでなくさまざまな義務があります。健全な経営のためには法律をよく理解しておくことが重要です。累計発行部数200万部を突破した「冊子版創業手帳」では、企業にまつわる法律やその注意点などを詳しく解説しています。

また、IPOに耐えうる組織を構築するには資金調達を行うことも必要です。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ IPO IPO準備クラウド IR Uniforce クラウド クラウド決算開示管理サービス コンサルティング ユニフォース 一元管理 効率化 株式会社 業務効率化 決算 決算開示 管理 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

企業の新規事業・研究開発に特化したテクノロジーリサーチ「Memory AI」を提供する「MEMORY LAB」が9,000万円調達
2024年1月24日、株式会社MEMORY LABは、総額約9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 MEMORY LABは、企業の新規事業・研究開発に特化したテクノロジーリサーチ「Me…
VTuber事業やメタバースマーケティング事業を展開する「Brave group」が3億円調達
2023年1月25日、株式会社Brave groupは、Animoca Brands株式会社から3億円の資金調達を実施し、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 Animoca Brands株…
インタラクティブ動画テクノロジー「Tig」を提供する「パロニム」が「博報堂プロダクツ」と資本業務提携
2022年9月29日、パロニム株式会社は、株式会社博報堂プロダクツと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 パロニムは、動画内に、商品の購入ページ・クーポン・ストーリー分岐などの情報・ボタン…
「エブリー」が小売業向けに統合ソリューションを提供する「retail HUB」をリリース
2023年9月1日、株式会社エブリーは、「retail HUB(リテールハブ)」をリリースしたことを発表しました。 「retail HUB」は、小売業向けに「ストアDX」「ネットスーパー」「小売アプリ…
店舗向け仕入れプラットフォーム「PORTUS」がリリース 運営元が3,000万円調達
2019年10月8日、park&port株式会社は、総額約3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、店舗向け仕入れプラットフォーム「PORTUS(ポルタス)」をリリースする…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】