注目のスタートアップ

定額制の多拠点居住プラットフォーム「ADDress」を運営する「アドレス」が資金調達

company

2022年12月6日、株式会社アドレスは、株式会社ボルテックスへの第三者割当増資と、株式会社静岡銀行からの新株予約権付融資により資金調達を実施したことを発表しました。

また、サービス産業生産性協議会が主催する「第4回日本サービス大賞」で優秀賞と審査員特別賞に選ばれたことも併せて発表しています。

アドレスは、定額制の多拠点居住プラットフォーム「ADDress(アドレス)」を運営しています。

「ADDress」は、全国の空き家を活用した住宅のサブスクリプションサービスです。

1軒をひとりで利用するのではなく、同時に複数の会員が居住し生活を行い、さらにリノベーションした空き家を活用することでコストを抑えています。

プライバシーを確保するため、8割の拠点には寝室となる個室が用意されており、リビングやキッチンなどをシェアハウスのように共有で利用します。

各拠点には家守と呼ばれる管理者がおり、家守をハブとした会員同士・地域住民とのコミュニティ・交流機会を提供しています。

今回の資金は、空き別荘など地方の遊休資産の物件開発の強化や、人材採用、システム開発に充当します。

住居は生活の中心となるものであり、立地・間取りなどによってライフスタイルが変化します。

しかし、住宅には購入か賃貸かという2択しかなく、どちらにしても一度住宅を手に入れる/契約するとそう頻繁に住居を変更することはできません。

また、賃貸物件は2年契約が多いため、もし住む場所を頻繁に変えたい場合であっても2年間は同じ場所に住むことになります。さらに賃貸契約は手続きに手間もコストもかかるため、自由に住居を選ぶというライフスタイルには課題があることがわかります。

しかしサブスクリプションサービスの流行により、住宅の領域でもサブスクリプションサービスが登場し、購入・賃貸だけでない選択肢を提案しています。

住宅のサブスクリプションサービスのいくつかは、全国にある拠点に月額定額制で住み放題となれるというモデルです。

もちろんこのモデルはコストがかかるため、利用料金が高くなってしまいます。そのため住宅サブスクではコストを抑えるため、住んでいない間は宿泊施設として貸し出す、宿泊施設と提携して住居として利用する、複数員でひとつの拠点を共有するなどさまざまな工夫を行っています。

「ADDress」では、空き家を活用し、ひとつの拠点に複数の会員が同時に生活をすることによってコストダウンを図っています。

またこのモデルはその拠点ごとに小さなコミュニティが流動的に生まれ、場所ではなく「人」を軸とした関係性が構築されることが特徴的です。

アドレスは空き家活用とコミュニティ構築のモデルにより、全国の活性化や関係人口創出に貢献していくことを目指しています。

生活には住居が必要ですが、起業にはオフィスが必要です。創業期はコストとフットワークの面からシェアオフィスやコワーキングスペースを利用する起業家が増えています。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、賃貸オフィスや、シェアオフィス、コワーキングスペースなどを比較し、創業期に最適なオフィス形態を明らかにしています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ADDress アドレス コミュニティ サブスクリプション サブスク住宅 プラットフォーム 不動産 住宅 住居 地方創生 多拠点 定額 株式会社 生活 空き家 資金調達 関係人口
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

リモートアクセスサービス「moconavi」提供の「レコモット」が資金調達
2022年7月15日、株式会社レコモットは、資金調達を実施したことを発表しました。 レコモットは、リモートアクセスサービス「moconavi(モコナビ)」を提供しています。 スマートフォン・タブレット…
モビリティ・データ・プラットフォーム「スマートドライブ」とIoTプラットフォーム「ソラコム」がプラットフォーム連携開始
2020年10月30日、株式会社ソラコムは、株式会社スマートドライブと、プラットフォーム間連携と協業ソリューションの開発を開始したことを発表しました。 ソラコムは、IoTを実現するために必要となるIo…
スマホ向けバッテリー・スタンド運営の「INFORICH」が10億円調達
2020年3月16日、株式会社INFORICHは、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 スマホ充電器のシェアリング・サービス「ChargeSPOT」を運営しています。 駅などに設置され…
「ZENKIGEN」がマネージャーとメンバーの関係性を定量化する1on1改善サポートAI「revii」をリリース
2021年11月17日、株式会社ZENKIGENは、「revii(リービー)」の提供を開始することを発表しました。 「revii」は、動画解析AIにより、マネージャーとメンバーの関係性を定量化し1on…
保育園向け離乳食・幼児食食材キット「baby’s fun!」を提供する「sketchbook」が資金調達
2022年5月9日、株式会社sketchbookは、資金調達を実施したことを発表しました。 sketchbookは、保育園向け給食支援サービス「baby's fun!(ベビーズファン)」を提供していま…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ