「管清工業」が「一般社団法人Carrying Water Project」と協力し世界の水環境を支援するための新会社「CWP GLOBAL」を設立・出資

tips

2022年9月1日、管清工業株式会社は、一般社団法人Carrying Water Projectと協力し、新会社・CWP GLOBAL株式会社を設立し、個人出資者とともに出資を実行したことを発表しました。

管清工業は、上下水道施設の維持管理業・コンサルタントに関する事業や、上水・下水の給排水設備、空調設備の設計、施工に関する事業などを展開しています。

Carrying Water Project(CWP)は、「水を通じて人を、町をつなげ、元気に、幸せにしていきたい。」という思いを掲げ、水を切り口としたアプローチで地域活性化や、水に関するさまざまな世界の問題の解決に取り組んでいます。

管清工業はCWPとの連携により、現地の若者との共生を通じた「国づくり・人づくり・水づくり」プロジェクトを立ち上げました。

CWP GLOBALは、このプロジェクトの一環として設立された企業です。最初の活動国として、厳しい水環境に置かれている東ティモール民主共和国の支援に着手しています。

現地の水環境の工場、人材育成、雇用創出などを目指して活動していきます。

具体的には、上下水道の整備や水のリサイクルシステムの構築、バイオトイレ設置などによる水汚染の低減、上下水道の運用・管理・料金徴収メカニズムなどの開発とサポートによる雇用創出・人材育成、専門技術と教育の支援、コミュニティの提供などを行います。

世界では、安全な飲み水を確保できていない人口は20億人以上、下水設備を利用できない人は40億人を超えています。

水は生きていくために必要なものであり、さらに病気を未然に防ぐには清潔な水の確保も欠かせません。

しかし近年は世界的な気候変動により大雨や干ばつが増加しており、人類が使用できる水資源の量に大きな影響が出ています。

SDGs(持続可能な開発目標)においても、目標6「安全な水とトイレをみんなに」が掲げられており、政府機関だけでなく、企業による取り組みに期待がかかっています。

東ティモール民主共和国は、東南アジアに位置する国家です。長く続いた独立のための戦いとその後の混乱がありましたが、現在は復興が進み、電気などのインフラも整ってきています。

一方で、水とトイレの問題はいまだ解決されておらず、アジアでもっとも清潔で安全な水源の確保に苦しむ国となっています。

首都ディリの水道システムは、水道施設の能力不足が原因で維持管理に問題を抱えています。インフラの経年劣化、配水管への違法接続などによる漏水によって、多くの地域で1日に数時間しか給水されない状態にあります。さらにはまったく水が来ない無給水エリアも存在しています。

貧困層が多く住む山岳地帯はアクセスが困難であるためインフラの整備が進まず、地すべりや洪水などもあるためインフラの維持が困難となっています。

Carrying Water Projectでは、すでに6基のGFS(重力式給水システム)の設置を完了しています。今回のCWP GLOBALの設立により、インフラの設置だけでなく、運用・管理などについても支援を行い、自律的な水環境の整備に向けた活動を展開していくようです。

SDGsの推進やESG投資といった投資トレンドの変化もあり、社会課題を解決するビジネスにも資金が集まるようになってきました。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ Carrying Water Project CWP CWP GLOBAL 一般社団法人 新会社 東ティモール民主共和国 水不足 水循環 水環境 管清工業 設立
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

超小型人工衛星向け水推進機を開発する「Pale Blue」が3億円の研究開発支援Go-Tech事業に採択
2022年7月5日、株式会社Pale Blueは、中小企業庁の令和4年度「成長型中小企業等研究開発支援事業(Go-Tech事業)」(最大補助額:3億円)に補助事業として採択されたことを発表しました。 …
高齢者施設向けVR旅行体験提供の「デジタルステッキ」が障害者支援事業の「千楽chi-raku」と業務提携
2021年8月20日、一般社団法人デジタルステッキは、特定非営利活動法人千楽chi-rakuと業務提携契約を締結したことを発表しました。 デジタルステッキは、高齢者施設を中心にVR旅行体験を提供してい…
自動動画編集AIを開発する「レイワセダ」が法人化
2022年6月13日、レイワセダ株式会社は、2022年6月10日に法人化したことを発表しました。 レイワセダは、2019年に立ち上げたグループ「レイワセダ」が前身で、動画編集を自動化するソフトウェアを…
オンラインマーケットプレイスプラットフォーム展開の「Mirakl」が「Japan Cloud」と提携し日本法人を設立
2022年5月25日、Mirakl(本社:フランス)は、ジャパン・クラウド・コンピューティング株式会社と戦略的提携を結んだことを発表しました。 これにより、新たな合併会社、Mirakl株式会社を設立し…
「エバーブルーテクノロジーズ」が小型ヨット「Hansa」を自動化した帆船型ドローン「AST-231」をリリース
2022年6月21日、エバーブルーテクノロジーズ株式会社は、一般社団法人ハンザ・セイリング・ジャパンと業務提携し、「AST-231」を開発、市場導入することを発表しました。 エバーブルーテクノロジーズ…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ