注目のスタートアップ

ライブ動画ストリーミングプラットフォーム運営の「SHOWROOM」が資金調達 3社と資本業務提携

company

2022年6月22日、SHOWROOM株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

また、株式会社オリエントコーポレーション、株式会社QTnet、九州朝日放送株式会社と資本業務提携契約を締結したことも併せて発表しました。

SHOWROOMは、ライブ動画ストリーミングプラットフォーム「SHOWROOM」や、バーティカルシアターアプリ「smash.」を開発・運営しています。

「smash.」は、プロが制作する縦長・短尺の動画コンテンツを配信するアプリです。BTSやHey! Say! JUMPなどオリジナルコンテンツを独占配信しています。

オリエントコーポレーションとは、金融サービスと加盟店とのリレーションを活かし、「SHOWROOM」で配信するライバーや視聴者にさまざまなサービスの展開を検討します。また、ライブコマース分野において、オリエントコーポレーションから紹介された加盟店とデジタルな連携を目指します。

QTnetとは、QTnetが運営するeスポーツ総合施設「チャレンジャーズパーク」を活用したSHOWROOMのリアルイベントの連動や公式番組を展開します。また、九州エリアを中心としたライブコマースの展開や、ライバー育成・コミュニティ事業に取り組む予定です。

九州朝日放送とは、九州朝日放送のコンテンツ企画・制作力と「smash.」の連携を中心に、共同制作コンテンツの展開、九州朝日放送の番組との連動企画などを展開します。また、九州ならではのコンテンツや、地域に密着した特色あるライブコマースの展開、九州発の新たな才能の発掘などを行っていきます。

スマートフォンとYouTubeなどの動画プラットフォームの普及により、個人でもクオリティの高い動画を制作・投稿・配信できるようになりました。

動画コンテンツには、制作・編集された動画と、生放送であるライブ配信の2種類があります。

主にエンターテインメント系の動画をYouTuberにアップロードする人たちであるYouTuberが登場した当初は投稿動画が主流でしたが、視聴者とリアルタイムでコミュニケーションできたり動画編集の手間がないライブ配信のメリットの認知が進み、ライブ配信も大きなコンテンツ・文化へと成長しています。

ライブ配信においてはスマートフォンひとつで配信を開始できるようにした配信アプリがいくつも提供されています。「SHOWROOM」はそのうちのひとつであり、2013年11月と早期からサービスを開始しています。

当初はアイドルやタレントがライブ配信するというコンセプトでしたが、2014年9月から一般ユーザーにも配信を開放しています。

また、ライブ配信は企業においても活用されています。たとえばD2Cではユーザーからの質問に答えたりなど、コミュニケーションの場として利用され、ファン形成や顧客体験の向上などに役立っています。

ライブ配信を活用したビジネスでは、中国ではライブコマースという、ライブ配信上でインフルエンサーが商品を紹介しその場で購入できるという新たな市場が大きな勢いで拡大しています。

ライブコマース黎明期はメルカリや楽天などが参入しましたが、流行する兆しが見えず早期に撤退しています。一方で、BEAMSやユニクロなどはコロナ禍をきっかけにライブコマースを開始し成果をあげているようです。これらは、ライブコマースはオフラインでの接客・販促の代替といった側面があるようです。

動画は情報量が多いメディアとしてデジタルマーケティングにおいて注目されています。「冊子版創業手帳」では、創業期におけるSNSやインターネットを活用したマーケティング・ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ QTnet SHOWROOM Smash オリエントコーポレーション オリジナル コンテンツ ライブコマース ライブ動画 ライブ配信 九州朝日放送 動画 動画コンテンツ 映像 株式会社 資本業務提携 資金調達 配信
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

秘密計算エンジン「QuickMPC」提供の「Acompany」が2億円調達
2021年6月14日、株式会社Acompanyは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 独自開発の秘密計算エンジン「QuickMPC」の提供や、プライバシー保護・セキュリティに関するソリ…
乳幼児向けインクルーシブブランド「IKOU」開発の「Halu」が1億円調達
2022年2月24日、株式会社Haluは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 障害のある子もない子も対象とする、乳幼児向けインクルーシブブランド「IKOU(イコウ)」を開発しています。…
医療業界向けシステム・アプリ受託開発などの「ジーワン」がIT営業アウトソーシングの「BCC」と資本提携
2022年5月23日、ジーワン株式会社は、BCC株式会社からの出資を受け入れたことを発表しました。 ジーワンは、医療向けにHXデザイン(ヘルスケアエクスペリエンスデザイン)、システム・ウェブサイト開発…
総合ITベンダー「インテック」がドローン・ロボットソリューションを提供する「ブルーイノベーション」と業務・資本提携
2022年5月26日、株式会社インテックは、ブルーイノベーション株式会社と、業務・資本提携契約を締結したことを発表しました。 インテックは、TISインテックグループのシステムインテグレーターです。 ブ…
中国をメインとする貿易業の「INSIGHT WORKS」が国内中小企業向け中国ビジネス・モデルをスタート
2020年1月16日、INSIGHT WORKS株式会社は、国内中小企業向け中国ビジネス・モデルをスタートしたことを発表しました。 中国をメインとした貿易業を営み、OEM制作業、許認可代行業、コンサル…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ