注目のスタートアップ

老舗料亭「仕出し割烹しげよし」運営の「寿美家和久」が資金調達

company

2022年6月20日、株式会社寿美家和久は、資金調達を実施したことを発表しました。

寿美家和久は、明治10年創業の料亭「仕出し割烹しげよし」の運営や、「仕出し割烹しげよし」フランチャイズ事業、料理宅配事業、和食料理の宅配事業を展開しています。

デリバリーサービスとしては、提携料亭400店舗のネットワークを活用し、顧客のニーズに合わせたデリバリーサービス「しげよし」「ストデリ」を展開しています。

AIによって需要予測し、全国各エリアの生産体制を確立し、食を届けています。

今回の資金は、「ストデリ」の成長、ポータルサイトのコンテンツの拡充、多様なチャネルでの販促の強化、エンターテイメント型デリバリーの開発、健康に特化した新ブランドの開発などに充当します。

日本においてフードデリバリーサービス(出前)や仕出しは、江戸時代初頭から営まれているサービスです。

スマートフォンの普及以前は、電話による注文や定期的に届ける定期契約が主流でしたが、スマートフォンが普及したことでアプリからの注文・決済も一般的になりました。

また、以前は店舗自体が配達することが一般的でしたが、ウーバーイーツによって配達を外部に任せるモデルが登場し、デリバリー事業にイノベーションがもたらされました。

そして、新型コロナウイルス感染症の流行により、フードデリバリーの需要が急激に高まり、多くの飲食店がフードデリバリー事業に参入しています。

また、ミールキットや宅食などの需要も高まり、健康を意識したものや、糖質を制限し肉体をつくることに特化したものなど、特化型のサービスも多数登場しています。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「飲食開業手帳」では、Webを活用した集客ノウハウについて詳しく解説しています。デリバリーやテイクアウトに取り組む飲食店の役に立つはずです。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI ストデリ デリバリー フード 仕出し割烹しげよし 出前 寿美家和久 料理 株式会社 食事 食品 飲食
飲食開業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

多拠点クラウド・オフィス「TeleworkSpace」開発の「テレワーク・テクノロジーズ」が資金調達
2020年6月5日、テレワーク・テクノロジーズ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 予約不要の3タップ10秒で利用できる多拠点ワークスペース・アプリ「TeleworkSpace(テレワー…
海事産業のDXを目指す「Marindows」が2億円調達
2021年12月8日、Marindows株式会社は、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 海上でも速い通信が行える次世代ブロードバンド通信の登場を見据え、海上統合デジタルプラットフォーム…
VtuberなどIP開発事業の「Unlimited」が8億円調達 「Brave group」に社名変更
2020年6月16日、株式会社Unlimitedは、約8億円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、株式会社Brave groupに社名変更を行い、CI(コーポレートロゴ、ミッション、ビジョン…
AIが整理してくれる情報共有ツール(社内Wiki)「Nerve」提供の「ビヘイビア」が3,500万円調達
2021年3月25日、株式会社ビヘイビアは、総額約3,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 整理不要の情報共有ツール「Nerve」を提供しています。 Wiki形式の情報共有ツールで、手軽…
下膳自動化ロボット開発の「スマイルロボティクス」が4,500万円調達
2020年1月30日、スマイルロボティクス株式会社は、総額4,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 食店向けにホールにおける片付けオペレーションを省力化する下膳自動化ロボットを開発してい…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ