注目のスタートアップ

システム伴走型顧客獲得プラットフォーム「mycsess」運営の「YZ」が1億円調達

company

2022年6月6日、株式会社YZは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

YZは、システム伴走型顧客獲得プラットフォーム「mycsess(ミクセス)」を運営しています。

従業員20名以下の小規模事業者を主な対象とする、システム伴走型の顧客獲得支援プラットフォームです。

営業活動をシステムで伴走し、行うべき行動をナビゲートすることで営業活動を効率的にします。

今回の資金は、「mycsess」のマーケティングと開発強化、採用強化に充当します。

また、自治体連携やパートナー連携を進め事業の成長を加速させていきます。

YZはほかに、中小企業向け営業代行「ハンズオンソーシング」、中小企業経営者のためのテクノロジー活用メディア「U-Technology」を運営しています。

従来型の営業は営業担当者の能力や体力が重要で、担当者それぞれが独自のノウハウを持って業務にあたっていました。

しかし独自のノウハウは属人的なものであるため、営業担当者が他人に教える能力を持っていなかったり、後進の育成のための勉強を行わなかった場合、ノウハウは受け継がれることがなく、そのまま失われてしまいます。

中小企業では営業に関する人材も限られているため、技術の継承を行いながら営業活動を行うというのも難しい場合があり、さらに組織力を強化することが困難となっています。

一方で新型コロナウイルス感染症の流行やAIの普及など、社会は大きな変化を迎えており、従来型の営業は限界を迎えています。

また、営業は企業の売上の規模を決定づける重要な業務です。企業が生き残っていくためには営業力を強化しなくてはなりません。

そこで近年は営業において効率化や成約率を向上させるためテクノロジーの導入が進んでいます。

中小企業もテクノロジーに投資していく必要があるのですが、実際のところ上手くデジタル化を推進できる中小企業は多くはありません。

内閣府が公表している「令和3年経済財政白書」によると、DX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組んでいる中小企業はたった9%しかいません。

「mycsess」は、デジタル化が進まない小規模企業において、小規模企業でも導入しやすいよう、3万円からの月額費用+5%の成果報酬という価格設定を実現しています。

営業は、企業の売上を向上させるために必要な業務です。しかし、リソースの足りない創業期は、満足できる営業を行えないかもしれません。「冊子版創業手帳」では、少しでも営業の成功率を上げるため、営業ツールの導入や、販路開拓の方法などのノウハウを提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ M&A mycsess SFA YZ システム ミクセス 中小企業 伴走 営業 支援 株式会社 獲得 資金調達 顧客
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

参照系AIを活用したソリューションを提供する「Adansons」が資金調達
2019年10月7日、株式会社Adansonsは、資金調達を実施したことを発表しました。 独自技術の前処理不要なAIである“参照系AI”を活用したソリューションを提供しています。 前処理が一切不要とな…
家族信託の財産管理サービス「スマート家族信託」提供の「トリニティ・テクノロジー」が資金調達
2022年6月29日、トリニティ・テクノロジー株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、SBIインベストメント株式会社、株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ、株式会社常陽キ…
女性向け動画メディア運営の「C CHANNEL」が資金調達
2019年9月24日、C CHANNEL株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 女性向け動画メディア「C CHANNEL(シーチャンネル)」や、ママ向け動画メディア「mama+(ママタス)…
組込みに特化したディープラーニング・フレームワーク「KIABER」など提供の「ディープインサイト」が資金調達
2020年7月29日、ディープインサイト株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 エッジ端末側AI処理技術を活用したソリューション事業を展開しています。 具体的には、 ・画像認識のエッジAI…
パブリック・クラウドのフルマネージド・サービス「cloud.config」提供の「FIXER」が12億円調達
2020年2月17日、株式会社FIXERは、総額12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 パブリック・クラウドのフルマネージド・サービス「cloud.config」を提供しています。 Micr…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ