注目のスタートアップ

木質バイオマス発電所を開発・運営する「フォレストエナジー」が14億円調達

company

2022年5月17日、フォレストエナジー株式会社は、総額14億円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、引受先の1社である東京センチュリー株式会社とは資本業務提携契約を締結しています。

フォレストエナジーは、バイオマス資源を燃料とする木質バイオマス発電所を開発・運営しています。

これまでに、秋田県秋田市、和歌山県新宮市、宮崎県児湯郡川南町の3カ所で木質バイオマス発電事業を実現しています。

また、分散型電源として木質バイオマス発電を構築する場合、燃料となる木質バイオマスを地産地消型とすることが重要です。

現在フォレストエナジーは、地産地消型の木質バイオマス発電を秋田県と宮崎県で設立した実績をもとに、中山間地域における熱電併給型(CHP)の発電所の普及に取り組んでいます。

2021年に和歌山県新宮市で1,760kWのCHPプラントを稼働させており、2022年7月には島根県津和野町で480kWのCHPプラントが稼働する予定です。

今回の資金は、さらに多くの地域に地産地消型のCHPを導入するための取り組み、副産物であるバイオ炭(木炭)を農地等に施用する炭素貯留技術の開発の加速などに充当します。

バイオマスとは、再生可能な生物由来の有機性資源のことで、木材のバイオマスを木質バイオマスと呼びます。

木質バイオマスは、製材端材や建築廃材などの廃棄物などから生産される木質チップ(木材チップ)や、伐採や造材の際に発生する枝・葉など様々な種類があります。

国産木材を活用した木質バイオマス発電と熱利用は、エネルギー自給率の向上、災害時のリスク低減、森林整備・林業活性化による地域への波及効果など様々なメリットをもたらします。

一方で、木質バイオマス発電は、太陽光や風力よりもコストの高い発電方法であるため、再生可能エネルギーとしては競争力の低い発電方法です。

しかし、電力だけでなく熱も利用可能な熱電併給(CHP)であれば、小中規模でも経済性を高められる可能性があります。

具体的には、木質バイオマス発電所が出す熱を隣接するきのこ生産施設に供給するといった取り組みが行われています。

また、外国から安い木材が輸入されるようになり、国産の木材が使われることが少なくなり、森林保全のために間伐し、未利用となっている間伐材があるため、この間伐材を活用するといったことも行われています。

研究開発には豊富な資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受ける方法など、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CHP エネルギー バイオマス フォレストエナジー 再生可能エネルギー 分散型電源 木質バイオマス発電 発電 発電所
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「ライトアップ」が「ENECHANGE」と連携 補助金・助成金自動診断システム「Jシステム」のOEM提供を開始
2021年8月16日、株式会社ライトアップは、ENECHANGE株式会社と業務提携契約を締結したことを発表しました。 ライトアップは、助成金自動診断ツール「Jシステム」や、補助金・助成金活用支援「Jコ…
電力卸売スタートアップ「エナジーグリッド」が18億円調達
2022年3月7日、エナジーグリッド株式会社は、総額約18億円の資金調達を実施したことを発表しました。 旧一般電力電気事業者や商社から、電力をまとまったボリュームで調達し、新電力会社に小分けにして販売…
ヘリカル型核融合炉の開発を目指す「Helical Fusion」が資金調達
2022年5月25日、株式会社Helical Fusionは、資金調達を実施したことを発表しました。 直近では、2022年5月10日に6,500万円の資金調達の実施を発表しています。 Helical …
電気運搬船開発の「パワーエックス」が国内最大手の造船メーカー「今治造船」と資本業務提携
2021年12月3日、株式会社パワーエックスは、今治造船株式会社と資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 パワーエックスは、沖合にある洋上風力発電所でつくられた電力を船で陸に運ぶため、電気運搬…
垂直軸型マグナス式風力発電機を開発する「チャレナジー」がLPG専業会社「アストモスエネルギー」と資本業務提携
2022年5月10日、株式会社チャレナジーは、アストモスエネルギー株式会社と資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 チャレナジーは、垂直軸型マグナス式風力発電機(マグナス風車)を開発しています…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ