「ビジネスコミュニティ型補助金」

subsidy

全国商工会連合会は、「ビジネスコミュニティ型補助金」の第3回募集を開始したことを発表しました。

今後複数年にわたり相次いで直面する制度変更(働き方改革、被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイスの導入等)や、近年直面している自然災害等に対して、セミナーや研修等の実施を通して販路開拓支援、事業承継支援、地域の防災や災害復旧活動等を展開している地域の若手経営者等、または女性経営者等のグループによる取り組みに補助金を交付します。

「対象者」
次の(1)及び(2)に掲げる要件をいずれも満たす日本国内に所在する法人の内部組織。
(1)次のすべての条件を満たす法人の内部組織
 ・地域の相当数の小規模事業者が構成員となっている、または議決権を有する法人であること
 ・事業申請時点において、小規模事業者の経営の改善発達に資する事業を行っている旨について、経済産業大臣又は都道府県知事から法に基づく認定を受けている法人であること
(2)小規模事業者5者以上が参画している次の条件をいずれも満たす定款上に定めた内部組織
 ・40歳代以下の地域の若手経営者等、または女性経営者等で構成されている
 ・創業・企業経営の円滑化、事業承継の推進、女性の活躍等の共生社会の実現に関する取組等を行っている

「対象事業」
・小規模事業者が5者以上で構成するグループが行う、地域の持続的発展等を図るための事業継続・販路開拓・業務効率化(生産性向上)、減災・防災対策への取り組みを見据えた調査研究、セミナー・研修事業、被災地支援(他テーマ採択時の付帯)

「補助金」
・上限50万円(2以上の補助対象者が共同で実施する場合は100万円)

「受付期間」
・2022年1月24日(月)~2022年3月11日(金)17時まで

近年、ビジネスの世界は大きな変化に見舞われています。

気候変動などによる自然災害の多発、SDGs達成に向けた取り組みの推進、紛争の増加による国際情勢の変化など世界的なものもあれば、働き方改革、被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイスの導入など制度変更に伴うビジネス環境の変化もあります。

このような環境の変化は今後も大きくなっていくと予測されているため、柔軟な経営が行える企業への変革が必要であるとの見方が強くなっています。

「ビジネスコミュニティ型補助金」は、商工会青年部や商工会女性部を対象とした補助金事業です。

若手や女性グループの取り組みに補助金を交付し、地域経済の持続的な発展を支援することを目的としています。

第1回、第2回の採択者・採択事業を見てみると、多種多様な取り組みが採択されていることがわかります。

自分たちの商工会青年部や商工会女性部でやろうとしている取り組みでも申請できる可能性が高いため、まずは採択者一覧を確認してみることをおすすめします。

累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、融資申請をスムーズに行うためのノウハウや注意点を解説しています。また、創業手帳自身が補助金申請を行った経験をもとに専門家と作成した「補助金ガイド」も無料で送付しています。補助金・助成金申請の流れや注意点を把握することができるため、申請を考えている方はぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ インボイス ビジネスコミュニティ型補助金 働き方改革 内部組織 補助金 賃上げ
詳細はこちら

ビジネスコミュニティ型補助金

補助金ガイド
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

融資・補助金申請支援SaaS提供の「Scheeme」が1億円調達
2021年10月11日、Scheeme株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 融資や補助金の申請に必要な計画書類・申請書類をかんたんに作成できるSaaS「Scheeme」を提供…
2022年10月以降の「雇用調整助成金等」「休業支援金等」の特例措置と「産業雇用安定助成金」の拡充について
2022年8月31日、厚生労働省は「令和4年10月以降の雇用調整助成金の特例措置等」「産業雇用安定助成金の拡充」について発表しました。 新型コロナウイルス感染症に係る雇用調整助成金・緊急雇用安定助成金…
「ビジマッチ」がワーケーション・メディア「TELETRA」をリリース
2020年12月10日、株式会社ビジマッチは、「TELETRA」をリリースしたことを発表しました。 「TELETRA(テレトラ)」は、仕事をしながら旅をする人をサポートするワーケーション・メディアです…
バイオベンチャー向けシェアラボ「Beyond BioLAB TOKYO」 研究助成制度第2期の公募が開始
2021年11月8日、Beyond Next Ventures株式会社は、運営する「Beyond BioLAB TOKYO」における研究助成制度第2期の公募を開始したことを発表しました。 「Beyon…
【参加費無料】まだ間に合う!中小企業が知っておきたい 今年使える補助金制度オンラインセミナーを開催
国や地方自治体では、様々な補助金・助成金を企業や個人事業主に支給することにより、経済的な活動の支援を行っています。 新型コロナウイルス感染症においての経済的ダメージを回復させるための施策として補助金・…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ