注目のスタートアップ

作業自動化トータルソリューションパッケージ「OKIKAE」など展開の「ASTINA」が3.7億円調達

company

2022年1月19日、株式会社ASTINAは、総額約3億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

作業自動化トータルソリューションパッケージ「OKIKAE」や、IoTデバイス開発・コンサルティングなどを展開しています。

「OKIKAE」は、ヒアリングによって現場の課題を明確にした上で、既存の人材・設備を活用しつつ作業の自動化を実現する装置開発・設置・運用・保守を一貫して行うパッケージサービスです。

今回の資金は、「OKIKAE」の開発・営業力の強化、新製品としてローンチを予定している「AI外観検査ソフトウェア」・「産業向けIoTプロダクト」の開発、採用強化に充当されます。

日本国内では高齢化の進展による労働力人口の減少や技術者の定年退職などにより、製造/作業現場において深刻な人手不足が進行しています。

この人手不足の課題を解決するため、多くの企業・現場ではロボットの導入による作業の省力化・自動化や、デジタル化による業務効率化が推進されています。

今後は資金力のある大企業だけでなく、中小企業や農家においても需要が増加すると考えられており、小規模な現場に特化したサービスも提供されはじめています。

また、中小企業などでは自社の課題が明確ではないことや、ITスキルがなくなにをどのように導入すれば課題の解決につながるのか把握できていないケースも多く存在します。

そのため省力化・自動化の資するプロダクトをただ提供するのではなく、課題の洗い出しから、導入・運用までをトータルサポートすることが求められています。

デジタル時代において企業を成長させるためには、最新のツールの導入や活用が重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ASTINA DX IoT OKIKAE コンサルティング ソリューション パッケージ 株式会社 自動化 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

新興国向けの小口融資事業など展開の「五常・アンド・カンパニー」が70.7億円調達
2020年12月17日、五常・アンド・カンパニー株式会社は、総額70億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 2020年10月末時点でインド・カンボジア・スリランカ・ミャンマーに置くグ…
YouTube分析ツール「TUBERS」など提供の「クリエイターニンジャ」が資金調達
2021年12月16日、クリエイターニンジャ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 YouTube分析ツール「TUBERS」や、YouTubeマーケティングプラットフォーム、YouTube…
ARクラウドプラットフォーム「Pretia」が正式ローンチ
プレティア・テクノロジーズ株式会社は、2022年4月26日にARクラウドプラットフォーム「Pretia」を正式ローンチしたことを発表しました。 「Pretia」は、AR開発をより簡単にするクラウドサー…
資金調達支援の「SoLabo」が通信コスト削減サービス提供の「フェイスフル」と連携
2021年6月17日、株式会社SoLaboは、株式会社フェイスフルと連携し、コロナ禍でニーズの高まる中小企業・個人事業主の固定費削減の取り組みを強化することを発表しました。 株式会社SoLaboは、完…
核融合の商用化に必要な主要コンポーネントの研究開発を行う「京都フュージョニアリング」が13.3億円調達
2022年2月2日、京都フュージョニアリング株式会社は、総額13億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、国内大手金融機関との間において総額7億円の無担保融資契約の締結も進めてい…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ