注目のスタートアップ

B2C事業者のDXを支援する「UPBOND」が資金調達

company

2021年10月26日、株式会社UPBONDは、資金調達を実施したことを発表しました

ノーコードのCRMツール「UPBOND Communication」、CIAMツール「UPBOND Identity」・「UPBOND Connect」、コンサルティングサービスの提供により、B2C事業者のDXを支援しています。

今回の資金は、OMOソリューションの展開の促進や、「UPBOND」シリーズの価値強化・認知拡大、機能拡充、経営体制の強化、国内外事業パートナーとの連携による営業体制の強化などに充当されます。

モノ消費からコト消費へと価値観が移り変わった時代では、モノを売る業界は苦境に立たされています。

また、すでに多くの消費者はモノを手に入れてしまっている状態であるため、商品・サービスの価値による差別化が難しくなったことから、B2Cビジネスでは戦略の転換が迫られています。

現在の考えで主流なのは、顧客エンゲージメントを主軸とした顧客戦略の構築です。

顧客エンゲージメント(カスタマーエンゲージメント)とは、顧客と企業の関係・親密さの度合いを意味します。

顧客エンゲージメントを向上させることにより、まずは購買率の向上が見込めます。企業に好感を抱いているため、口コミ・紹介といったマーケティング面での副次的な効果も期待できるでしょう。

顧客エンゲージメントを創出・向上させるためには、顧客ごとに最適な体験を提供することが重要となります。

最適な顧客体験の提供のためには顧客それぞれの行動情報を分析する必要があるため、顧客を高度に管理することができるCRM(顧客関係管理)ツールを活用することとなります。

また、ECだけでなくリアルの店舗を持つビジネスでは、オンラインよりもデータを取得することが難しかったのですが、IoTを活用することにより詳細なデータを取得できるようになっています。

これらのツール・テクノロジーを上手く活用し、新時代の戦略を打ち出していくことが重要です。

デジタル時代において企業を成長させるためには、最新のツールを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ B2C CIAM CRM DX OMO UPBOND UPBOND Communication UPBOND Connect UPBOND Identity コンサルティング 支援 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

素材業界向け研究開発データ管理プラットフォーム開発の「ランデフト」が7,000万円調達
2021年10月20日、株式会社ランデフトは、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 材料科学分野の研究開発データ管理プラットフォームを開発しています。 材料科学分野の研究開発で…
問い合わせ管理クラウド「Re:lation」提供の「インゲージ」が5.8億円調達
2022年3月31日、株式会社インゲージは、総額5億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 インゲージは、問い合わせ管理クラウド「Re:lation(リレーション)」、社内外のメールを…
創薬ベンチャーの「ジェイファーマ」が5億円調達
2021年1月7日、ジェイファーマ株式会社は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 細胞膜表面のSLCトランスポーターを創薬標的とした創薬ベンチャーです。 トランスポーターとは、細胞の生…
分散型台帳ソフトウェア開発の「Scalar」が資金調達
2020年2月14日、株式会社Scalarは、資金調達を実施したことを発表しました。 分散型台帳ソフトウェア「Scalar DLT」を開発しています。 分散データベース・ソフトウェア「Scalar D…
災害対策DXや長距離無人航空機「テラ・ドルフィン」の開発に取り組む「テラ・ラボ」が資金調達
2022年3月8日、株式会社テラ・ラボは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社ACSLと、DRONE FUND株式会社です。 長距離無人航空機「テラ・ドルフィン」の開発や、広域災…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ