注目のスタートアップ

小売業界DXの「フェズ」が11.5億円調達

company

2021年10月13日、株式会社フェズは、総額約11億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

逆算型OMOプラットフォーム「Urumo OMO」や、データ可視化による小売事業者の売上げアップ・業務効率化を実現する効率DX事業、小売事業者特化型プライバシー対策支援「Urumo PrivPro.」を展開しています。

「Urumo OMO」は、オンラインデータだけでなく、実店舗の購買データ・位置データ・店頭データといったオフラインのデータから逆算し、小売・メーカーの売上げアップを実現するサービスです。

また「Urumo OMO」における広告サービス「Urumo Ads」も提供しています。主要メディアやSNSなどに広告配信ができるサービスです。広告接触者が広告の効果でどれだけ実店舗での来店・購買につながったかなどの効果を検証することができます。

今回の資金は、事業拡大や事業展開の加速のための、組織体制・採用強化などに充当される予定です。

モノ消費からコト消費へと移った時代において、小売業界はモノを売るのが難しくなり苦境に立たされているといわれています。

データを確認してみると、2019年の小売業の全体の販売額は前年比0.1%で横ばいで、大きく成長したのは、大型家電量販店とドラッグストア。苦戦しているのが百貨店という状況でした。

コロナ以前の大型家電量販店とドラッグストアは訪日観光客の購買行動が好調の要因だと考えられています。

コロナ後の2020年においても大型家電量販店とドラッグストアは成長しており、大型家電量販店は巣ごもり需要によるもの、ドラッグストアは感染症予防などにおいて需要があったと考えられています。

2020年の百貨店はマイナス25.5%と非常に大変な状況に立たされています。

以前から売り上げ低迷が続いていた百貨店にとって、新型コロナウイルスは大きな痛手となりました。

そのため百貨店では、売上を回復させるために取り組みが急務となっており、主にDXの推進を急いでいます。

小売店でのDXは、顧客のニーズをつかんで的確にアプローチすること、SNSなどを活用したマーケティングを推進すること、OMO(オンラインとオフラインの融合)により新たな顧客体験を創造することなどがあります。

近年はD2Cブランドの成長が目覚ましいですが、D2Cは主にネット上でマーケティングを行うことが多く、オフラインでのマーケティングに課題があります。

実店舗の一角に期間限定の店舗をオープンさせるポップアップストアは、マーケティング効果が非常に高いことがわかっており、特にブランド自身の世界観を表現することにこだわるD2Cにとっては相性のいい施策です。

百貨店や駅ナカ・マエの商業施設は人の流れが多いため、こういったD2Cとのコラボレーションが増えています。

百貨店という空間をITを活用して効率的に運営・展開していくかが、今後の焦点となってきそうです。

販売はすべての企業にとって大きな課題です。特に創業期はどのような販売方法がいいのかわからないかもしれません。「冊子版創業手帳」では、ネット通販のはじめ方や、ネットを活用したマーケティングについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ DX OMO Urumo OMO フェス プラットフォーム 可視化 小売 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「いわかぜキャピタル」がキャンプ用品の企画・販売を展開する「WAQ」に出資
2022年6月30日、いわかぜキャピタル株式会社は、WAQ株式会社に投資を実行したことを発表しました。 WAQは、キャンプ用品の企画・販売を行っています。 2017年に創業した新しいアウトドアブランド…
次世代移動サービス支援ソリューション開発の「MaaS Tech Japan」が資金調達
2020年3月12日、株式会社MaaS Tech Japanは、資金調達を実施したことを発表しました。 MaaS(Mobility as a Service、次世代移動サービス)に関する対外的な情報発…
月極駐車場の集客・管理システム「Park Direct」が予約制駐車場サービス「タイムズのB」と連携
2020年12月24日、株式会社ニーリーは、タイムズ24株式会社と提携することを発表しました。 ニーリーは、月極駐車場の募集から契約業務、契約後の月額使用料の収納代行、顧客管理まですべてをオンラインで…
完全人工光オートメーション植物工場「AN」提供の「クレオテクノロジー」が資金調達
2021年11月8日、株式会社クレオテクノロジーは、資金調達を実施したことを発表しました。 高品質なレタスを栽培できる完全人工光・全自動栽培植物工場「AN」を提供しています。 従来の植物工場の1/3の…
「アールキューブ」による結婚式などを贈れるギフト・サービス「Anyのふたりへ贈る結婚式」が正式リリース
2020年7月16日、株式会社くふうカンパニーは、グループ会社の株式会社アールキューブが、「Anyのふたりへ贈る結婚式」を正式リリースしたことを発表しました。 「Anyのふたりへ贈る結婚式」は、家族、…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ