医療機器特化型アクセラレータープログラム「MedTech Angels 2021」募集開始 9/30締切

subsidy

2021年9月3日、プレモパートナー株式会社は、「MedTech Angles 2021」の開催を発表しました。

「MedTech Angles 2021」は、国内初の医療機器(MedTech)特化型のアクセラレータープログラムです。

成功例の少ない医療機器領域での事業化を実現するため、医療機器開発に特化した知見を提供することを目的としています。

開発に必要となる、薬事、マーケティング、保険償還、資金調達、ピッチなど、幅広いノウハウを提供します。

約3カ月間の講義とメンタリングを行い、事業化までを支援します。

・応募期間:2021年9月30日23:59まで
・応募資格:医療テクノロジーの事業化に高い関心を示し、原則起業済のチーム、メンタリングに参加できるチーム(学生・社会人、国籍は不問)
・募集領域:デジタルヘルス・医療機器・人工知能

要素技術の進化や、大学初ベンチャーの増加、高齢化による医療分野のニーズの増加などにより、ヘルスケアや医療系ベンチャーが注目を集めています。

医療機器産業は日本の成長産業のひとつとして注目されています。市場規模は約2,4兆円と世界市場の約1割を占めていますが、国産医療機器の貿易収支は約5,800億円の赤字となっており、国際競争力の強化が課題となっています。

世界市場の約4割を占めるアメリカの医療機器企業数はベンチャー企業など従業員数9人以下の企業が過半数を占めていることや、特許保有件数も従業員数50名未満の企業がシェアの1/4を超えていることが特徴的です。

日本では、従業員数100名以上の企業が医療機器関連の特許の9割超を保有し、ベンチャー企業の存在感が薄いことがわかります。

そのため日本の医療機器産業の底上げを図るためには、ベンチャー企業を増やすことや、大企業のアセットをベンチャー企業に提供するような取り組みが必要であると考えられます。

アクセラレータープログラムなどでは、他企業との協業もメリットです。自社にはないリソースを活用できるため、ビジネスを大きく成長させることもできるでしょう。「冊子版創業手帳」では、協業できる会社を見つけるための一歩として、人脈を作るためのノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ MedTech MedTech Angles 2021 アクセラレーション・プログラム アクセラレーター プレモパートナー プログラム 医療 医療機器 株式会社
詳細はこちら

国内初の医療機器特化型アクセラレータープログラム「MedTech Angels 2021」募集開始!

この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

風力発電機メンテナンス・ロボット開発の「LEBO ROBOTICS」が資金調達
2020年4月24日、LEBO ROBOTICS株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 風力発電機メンテナンス・ロボットを開発や、点検サービス・補修材料などの販売を行っています。 今回の資…
微小重力環境を再現する装置など提供の「スペース・バイオ・ラボラトリーズ」が1億円調達
2020年6月24日、株式会社スペース・バイオ・ラボラトリーズは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 地上で模擬的に微小重力環境を再現する重力制御装置「Gravite(グラビテ)」や…
スマート・フットウェア「ORPHE」開発の「no new folk studio」が資金調達
2020年1月8日、株式会社no new folk studioは、資金調達を実施したことを発表しました。 スマート・フットウェア「ORPHEシリーズ」を開発しています。 現在、アシックスと共に、走行…
生理用品ブランド「Nagi」展開の「BLAST」が資金調達
2020年6月5日、株式会社BLSATは、資金調達を実施したことを発表しました。 生理期間中に1枚でも使用できる吸水ショーツ「Nagi」を展開しています。 洗うことでくり返し使用することができます。形…
遠隔心臓リハビリテーション・システム開発の「リモハブ」が8,000万円調達
2020年4月1日、株式会社リモハブは、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 2020年1月20日には、総額2億7,000万円の資金調達を実施を発表しています。 遠隔心臓リハビリ…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ