新規事業創出と鉄道事業の進化を目指す共創プログラム「Tokyo Metro ACCELERATOR 2021」が開催

subsidy

2021年8月23日、eiicon companyは、東京地下鉄株式会社と、「Tokyo Metro ACCELERATOR 2021」を開催することを発表しました。

「Tokyo Metro ACCELERATOR 2021」は、新規事業創出と鉄道事業の進化を目指す共創プログラムです。

“東京の魅力・活力を引き出す新規事業創出”と“鉄道事業の進化”を軸に、6つのテーマを募集します。

・テーマ1 ポストコロナに向けて安心・安全な「お出かけ」の機会を創出
・テーマ2 デジタル技術を活用してリアル空間・体験の価値を高める新規ビジネスを開発
・テーマ3 廃棄物を利用する新規ビジネスでサステナブル社会の実現
・テーマ4 大都市型MaaS「my! 東京MaaS」をアップデート
・テーマ5 東京メトロの各事業(非鉄道事業)との共創
・テーマ6 駅・メンテナンス業務の生産性向上

エントリーの締切は、2021年9月20日23:59です。

eiicon companyは、日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA」を運営しています。

鉄道会社のような大企業は、変化の激しい時代において自前主義のままでいては取り残されてしまうという危機感を持っています。

そのため、東京メトロは2016年から、JR東日本は2017年からアクセラレータープログラムを開始しています。

ベンチャー企業にとって鉄道会社は潤沢なリソースを持っていますし、駅という場所は新たなサービスを展開することを考えると非常に魅力的な空間でもあります。

もし自社のアイデアを活用できそうだと感じたのならば、積極的にアクセラレータープログラムに応募し、鉄道会社との共創を目指してみるのもいいでしょう。

他社との協業により新たな活路が見えてくるケースも多くあります。「冊子版創業手帳」では、人脈を作るためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ eiicon company MaaS Tokyo Metro ACCELERATOR 2021 アクセラレーター・プログラム オープン・イノベーション プログラム 共創 新規事業 東京メトロ 東京地下鉄 株式会社 鉄道
詳細はこちら

【AUBA × 東京メトロ】新規事業創出と鉄道事業の進化を目指す共創プログラム『Tokyo Metro ACCELERATOR 2021』開催!

この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

レア・メタルを使用しない次世代電池用高性能触媒開発の「AZUL Energy」が6,000万円調達
2020年3月30日、AZUL Energy株式会社は、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代バッテリーとして期待される金属空気電池や、燃料電池に不可欠な高活性の非白金系酸…
「アイ・ラーニング」が「Skillsoft」と提携しサブスクリプション型eラーニング・システム「Percipio」を提供
2020年8月19日、株式会社アイ・ラーニングは、米Skillsoft社と業務提携し、eラーニング・システム「Percipio(パーシピオ)」の提供を開始することを発表しました。 Skillsoftは…
C向けセール・アンド・リースバック・サービス「CASHARi」開発の「ガレージバンク」4,500万円調達
2020年11月19日、ガレージバンク株式会社は、総額約4,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 C(個人)向けセール・アンド・リースバック・サービス「CASHARi(カシャリ)」を開発…
次世代型ブロックチェーン技術「Grid Ledger System(GLS)」を開発する「アーリーワークス」が1億円調達
2020年7月31日、株式会社アーリーワークスは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代型ブロックチェーン「Grid Ledger System(GLS)」を開発・展開しています…
SaaS型OKR(目標管理)サービス運営の「Resily」が5億円調達
2020年2月20日、Resily株式会社は、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 SaaS型OKRサービス「Resily(リシリー)」を開発・運営しています。 OKRとは、Objec…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ